2017/09/18

きょうもあまりしゃつきりしてない頭だったがちゃんと選択した。
Kokukai170918_4
葱が瑞々しくも刺々しい(^^;。
開店直後、自分以外の二組は生ビールを注文したおじいちゃんを囲んでいる。
敬老の日か。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/17

むかしは辛いものには積極的だった。
とんがらしを炙ってそのままかじったり、まあその後ハバネロ日記につなかっていくわけだが、そのころから外食では辛いものは避けるようになった。
首から上の発汗その他に耐えられなくなってきたもんで。
そこに一種のカタルシスってか気持ちよさも伴うってのは知ってるんだけど。
本日ちょっとヤラレちゃった気味の頭で入店、壁貼りメニュウを見てそのまま注文しちゃった。
地雷か?ちょっと思った。
Syouryuu170917
大当たり、盛大に踏んだ感じだった。
大盛りモヤシとか載ってればもっとバランスよかったのに。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/16

Yamaokaya170916

暇つぶしに押し入れの中を浚っていたら、たまのラストライヴを見つけた。
このとき、最後の最後に見に行ったんだよなあ。
この日のメニュウは初期から終わり頃まで満遍なく演ってたのかな。

後期になるとパッケージで聴ける音が割とディストーションぽくなっていて、N氏などはそれに批判的になっていた部分もあったけれど、自分的にはバンドたるもの為すがまま、みたいにごく自然に受け入れていた。その頃こちとらインダストリアルなんか平行して聴いてたからなあ。
(N氏とは当時のPC通信仲間。今のSNSよりもっと別の距離感がよかった、気がする。)

ライヴの流れから聴いていると、確かにちょっとムリ感はあるのかも知れない。
ムリ感といえば、G氏の楽曲に自分的には全部ムリをしている感を感じていたのは、距離感を縮められなかったからなのか。
石川知久どちらとも取れるような世界観の歌詞なのに、妙に売れ線ポップのセンスを振りまいてた、ように感じた。
…ちなみに、知久、これは辞書登録したことば。

飛び入りしたホフの彼主導でアレが演奏される。
ピアノの前に座ったいいコンコロモチの彼の雰囲気から半ば予想できたけれど、実際その場に出っ合わした自分は零れ出た音に驚愕する。
ホフの彼ではなく作曲者自身であればこのライヴは伝説となっただろうし、そのあとの流れもちがったものになっていたかも知れない。
がふつうに考えれば、それはもう絶対にあり得ない話。

…インダストリアルといえば、同じような時期(ではないかもしんない)にクリムゾンのTHRAKはシーンに向けたクリムゾンならではの回答である!みたいな文章を読んだ(気がする)。
そのときは「いやふつうにメタルだろこれ」みたいな感慨だったのだが、最近のツアーボックスで聴いたそいつはまさにインダストリアルだった。
音自体はそんな変わらないのだ、自分の気持ちが変わった。のだろう。
ヘヴィなギターとベースに替えて、ごりごりの工業サンプリング音を当てたらもの凄くかっこいいんじゃなかろうか。
…で多分、後年こういうのは邪道だと断ずる。でも一度聴いてみたい。

閑話休題。
たまのビデオが終わり、まだ眠れそうもなかったので別のでもと思ったが見つからなかったので、初演キレイにしてみた。
どっちも今のTV規格より横が短いサイズだった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/15

懲りもせずまた朝から大騒ぎ。
情報の共有というよりも、思想?の共有を目論んでると感じる。
全体主義への扇動っていうか。
自分的には、これ甘いのかもしんないけれどたかが実験だっていう認識なんだ。
「脅威」だ、っていうことを煽ってるよね絶対。

気忙しかった週の末日。本日もなんやかんやで気忙しい。
で、松代の"割烹"、二回目。ストレス解消の意味もある。

本日も営業する気があるんだかないんだかのマイペースな仕事っぷり。
この客の入らなさ加減は、夜が頼みなのか、それとももはや趣味の域にいるのか。
チャーシューめんにしてみた。
Murata170915
漬け物の小皿が、これで呑める的な感じ。ただ量がある。
総じて塩分高め。

夜、ひさしぶりに「瓶の中の球体」を流しながら盛大にヨッパらう。
まあオレごときが憂うことでもない。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/13

帰途、FMで流れる荒木一郎の特集。

いとしのマックス、イッセイのカバーで愛聴したなとか思いながらの番組終盤、ミッドナイトブルースが流れる。
Joe2170913
ミッドナイトブルース。
ジョー2の主題歌だった歌だ。
こども番組てかTVまんがの主題歌にはあり得ない音。
アーバンでシニカルで、たぶん荒木一郎本人のレパートリーからしてもちょっとちがう方向かなと思うような。
…ジョー2。
シーズン後半のこのオープニングフィルムは「あしたのジョー」すべてを表現している。
コレ大好き。すばらし過ぎ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/12

午後は区の仕事の打ち合わせで職場放棄。
きょうのはちょっとお金がかかりそうな事業のこと。工事屋さんと区の長老何人かを交えて現場確認。
あまりありがたくないだろう仕事だけれど、知り合いのS工業という会社に頼んだのだ。
Genbu170912
山へ上る前に腹ごしらえ。
もう一年以上ぶりか、平日限定の「とんこつ」なんてのがあったのでそれにしてみた。
濃厚だった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/11

Lonesomestrings170911
ロンサムストリングス健在、というのはうれしいことで。
よくわかんないんだけれど、これは映画(TV)音楽のカヴァーってことなんだろうか。
桜井さんがやった映画の記念譜みたいな意味もあるか。
ペダルスティールやギターの音色、ほんとに愛おしい。
ほんとによかったー。

| コメント (0) | トラックバック (0)

«