« ハバネロ | トップページ | パン »

2005/01/23

仮面ライダー

きょうで今のシリーズが終了。
見続けてみれば、はあ?という印象でした。
最後にすべての関係コワすというのがトレンドなのですかね。
主人公はさみしい。

クウガ以降、ストーリーの展開はそれなりにおもしろかったんだけれど、どれもこれも設定というか世界観にリアリティがなかった感じで。
始めから秘密組織の改造人間てな方がよっぽどらしくなかったですか?

カードとかケータイとか、ギミックうざ過ぎ。
設定がそんなだから、その後の描写がゴージャスになってもいまいちウソくさくて。
それから、敵側とライダーのデザイナーはちがうらしいけど、どう見ても怪人のデザインの方が秀逸。
なんでー?こどもにはそっちがウケんのか?

クウガの時は地元ロケだったし、DVDもディレクターズカットのやつを買ったのだった。

で次回のライダーはシリーズの中でも意表らしいけれどクウガのときのプロデューサが担当という。
平成ライダーがことごとく劇場にかけられたのに、クウガのみ当初から劇場化試みて実現しなかった、そのウラみ晴らせるか?(W)
ウルトラマン劇場版で先こされた感ある設定だけれど、まあまだ新鮮な話だろう。
デザインは言わせてもらうと「ダサ」以外に言いようがないけれど。

« ハバネロ | トップページ | パン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハバネロ | トップページ | パン »