« 平日の映画館 | トップページ | からだ節々イター »

2005/01/17

大雪の年

そういえばここで五輪があったときは降雪が少なすぎて開催を危ぶむ声すらあったのだけれど、直前になってまるで天然のスノーマシンが暴走したかのような大雪になった。
クラウドバスターは実用の段階。
あの頃のニフティにそんな戯れ言を書いた記憶がある。
その制作者を描写した作品を含むケイト・ブッシュのアルバムは先鋭だった。
(印象ではその前作の方がさらに先鋭だった。前衛でもあった)
あの作品から20年くらい経つが、最近は音楽を聴いていても豊穣や郷愁を感じることはあれど先鋭を感じることは皆無である。
これは最近の音楽に先鋭的要素がなくなったためか、それとも自分的にヤバくなったからなのだろうか。

« 平日の映画館 | トップページ | からだ節々イター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平日の映画館 | トップページ | からだ節々イター »