« からだ節々イター | トップページ | 会計検査院実地検査 »

2005/01/18

来月のライヴのためにホテルを予約した。

生の音楽を聴くのが唯一の道楽になっている。
先月はオケものを一本、バンドを二本見た。
どれもこれも内容はすばらしかったのだけれど、近くにいた客のせいで何パーセントかの歓びは失われた。
オケもので会った困った客。
斜め後ろでやたら鼻をすする。でかい音で。
静かな音楽だと、ときに咳が気になる場合がある。
しかし鼻とは。予想もしていなかった。
こんな場合注意していいのか。となりのひとは気になんないのか。連れのひと!
というか自分で気づけよ。自覚してないのか?
バンドで出くわした困った客。
となりのヨッパライ。
このバンドの音楽は確かに酔って聴きたい。わかる。
しかしジンかなんかの小瓶持ち込んで(ふつうこういう店は持込禁止)、呷りながらベロベロになって踊り狂うのはいかがなものか。
汗とアルコールの混じった悪臭ふりまきつつ。
本人さすがに終わる頃にはグロッキーになってたようだが。
確実に周囲2mくらいは迷惑してた。
やめさせればよかったのか?しかしそれはこの場ではいかがなものか?
酔いながら聴きたい音楽だけど、コイツ見てたら自粛する気になった。
音楽自体は最近のこのバンドではベストパフォーマンスだったのに。
来月の予定は二本。

« からだ節々イター | トップページ | 会計検査院実地検査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« からだ節々イター | トップページ | 会計検査院実地検査 »