« ぼんくら/宮部みゆき | トップページ | 中軽井沢散策 »

2005/03/20

冬の軽井沢

夏には電車で行ってきたが、冬ならそんなに混むまいと思ってクルマで。
途中、道の駅でおひるごはんは、そばすいとん。sobasuiton

そば粉のもっちりしたすいとんが6、7個もはいっている。すいとんは漢字をあてると「水団」らしい。


今回も何が目的ということもなかったが、エリアにはいって塩沢湖近くのおもちゃ博物館+絵本美術館を見る。
toyしかし絵本の美術館みたいな施設はこういう高原の観光地にはやたら多い気がする。
絵本美術館の図書室にアラン・リー挿画のトールキン「ホビットの冒険」輸入本を見つけた。
たぶん「指輪物語」愛蔵版と同じシリーズのものと思われるが、こちらは邦訳版が出版されていないのだ。暖房が動いていない寒い中で挿絵のみをぼーーっとながめる。
軽井沢入りしてからくしゃみ連発鼻炎状態。今年は片鱗しか感じていなかった花粉症の本格的発症か。
夕方、駅前のホテルにチェックインしてからショッピングプラザで少し買い物。
のあと、夕食のつもりで駅前に出てしまったが、ちょっと適当な店が見つからない。
長野市内にもあるスペイン料理の店があったのでそこにする。
頼んだものは、ベーコンとホウレンソウのサラダ、チェリソ、スペイン風オムレツとシーフードのパエリアなのだが、最初の飲み物が出てきてから、一向に料理の出てくる気配がない。
パエリアは30分以上もかかる場合もあるとメニューにも出ているから、一般に出てくるのが遅いのか?
と待つのだが、しかしどう考えても後客の注文もどんどん出てくる。
一度、注文してない生ハムがきたけど頼んでないから食うわけにもいかない。
今思えばよく待ったもんだが、小一時間も待って、一時間経っても出てこなかったら帰ろう、と話していたらようやく気配を感じたらしく、謝罪にくる。だけど、そんなに混んでない店なのに。
そしてようやく出てきたホウレンソウサラダは生のホウレンソウと炒めたベーコンを和えたもの、続いてのチョリソは茹でたソーセージだし、どう考えても一時間かかる代物ではない。
唯一手のかかっていそうなものはジャガイモがごろごろはいっているオムレツだけど、それにしても。
小一時間かけて嘗めていたビールのジョッキは新しいものに替えてくれた。
しかし、こういう店で二人ではいって単品をいくつか頼むとすごいボリュームになってしまう。
大皿のパエリアを平らげたら腹いっぱいになってしまった。
そのあと、待たせすぎの詫びということで、ラフランスのシャーベットがきた。
結局三時間近くその店にいることになったのだが、人間腹がふくれると落ち着くもんであった。
ちなみに、料理自体はすごくうまかった。

« ぼんくら/宮部みゆき | トップページ | 中軽井沢散策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぼんくら/宮部みゆき | トップページ | 中軽井沢散策 »