« 心肺蘇生法 | トップページ | ケルヒャー855HSL »

2005/03/03

未来少年コナン

いま、NHK教育で再放映中。
ハイハーバーの麦畑の中をラナちゃんをかかえてインダストリアの兵に追われるシーン、なぜか歯をむき出してウシシ(^^)表情のコナン。これって…。
あの頃がってニメがアニメであれた最上の時代だったのかもしれない。
自分としてノスタルジー感多分にあるのは確かだけど、あの頃の作品が一番。
もちろん、その後~現在までの技術には目を見張るものがあるけれど、なんだかアニメを平気でアニメと呼べた時代は終了しているような。

宮崎さんのエッセンスはすでにコナンで全部表現されている。
その後の作品は全部バリエーション。
そんなことはあえて自分が書かずとも世間ではよく言われてるだろうことだが。

「ハウル…」てすごくいい作品だと思う。
宮崎さんの作風を損なわずに最新の技術も使いながら、表現自体は今作品が最高の出来映えだろう。
けど、原型は20年前。
今、こうしてコナンのゴージャスなバリエーションを見続けていられることを素直に喜ぶべきなんだろう。
ジブリの作品には、少し前までは何か割り切れない気持ちがあって距離をおいていたけれど、これからは素直に単純に接していこう。
そんな感じだから最近のことはよくわからないが、宮崎さんは作品のどの程度まで口を出しているのか少し興味がある。
なにかムチャクチャな文章になった。

« 心肺蘇生法 | トップページ | ケルヒャー855HSL »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心肺蘇生法 | トップページ | ケルヒャー855HSL »