« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005/05/31

五月も終わり

三日も職場を空けているのでなんだかあわただしい。
書類仕事を片づけながら、週末にあった事故などの処理、備品の納入、調整などなど。
人間関係むずかしく、今度はテニスコートの主任がなんだかスネてるよう。
「俺が俺が」という図々しい人に限ってつまんないことですぐ拗ねる。
人間、も少し謙虚になれば傷つくことも少なくなるんじゃなかろうか。
プール備品や陸上備品など、モノが壊れる現象はまた続いてる。
HABANERO060 HABANERO061
花つけたハバネロ。南米の草植物は機会あれば際限なく花咲き実つけると聞いたが、納得できるかも。

| コメント (0)

2005/05/30

歯医者

三回目。しかし朝から体調悪過ぎ、グロッキー。
昼過ぎまでかけて詰め物してもらい、昼食べてからまた遊びに行こうと思ったのだが、どうにもならず帰って夕方まで眠る。
soba006
昼の蕎麦シリーズは須坂市の某店。体調悪いときもなんとかOK、おろしそば。

夕方には復旧。のこのこ外食できるぐらいまで回復。結局また夜更かし。
われながら、案外のほほんとしてるもんだ。
okonomi001 monja001

| コメント (0)

2005/05/29

観光

松本市内のパン屋。塩尻市内のワイナリー。そして奈良井宿。
050529a 050529b
050529c 050529d
古い宿場町。なかなか風情がある。
木曽漆器の店や酒蔵など見て回る。湧き出ている水が冷たく、綺麗。
soba004 soba005
昼の蕎麦シリーズ。奈良井で「すんきそば」。すんきとは、木曽独特の漬け物で、木曽かぶ菜を発酵させたもの。それが入ったあたたかいつゆのかけそば。格別うまいというほどでも。

YさんNさんを塩尻駅まで送ったあと(塩尻駅到着5分後に新宿方面行き「あずさ」が駅に入車というタイミングで、二人をとっとと見送る格好になってしまった)、高速で約1時間30分、長野。
7:00には家に帰れたけれど、いろいろあって夜更かし。

| コメント (0)

2005/05/28

クラクラ

松本であがたさんとメリイさんがやる。
というのでお誘いしたところ、東京からYさんとNさんが遊びに来ることになった。
昼過ぎに松本駅前でふたりをピック、とりあえず昼ごはんをすませて穂高まで行くことになっている。
去年松本市内にオープンして割と評判の高いラーメン屋さんへ。
無化調を謳ったあっさりシンプルなラーメン。
soba003
穂高へ行くのは、碌山美術館にあるという碌山をテーマにしたCDを買うため。
ストラーダのメンバーなどが参加した、そこ以外では手に入らない。

その後、ぶらぶら道草しながら松本へ戻ってホテルにチェックイン。
ライヴ会場を確認しがてら、市街地を散策。
ライヴ会場は建物の二階にある小さな喫茶店。テーブルや椅子などは全部とっぱらわれて、床に座布団が敷かれている。入場はFC会員予約が早くに通っていたため、なんと一番。当然一番前で見ることにする。
しかし演奏者との距離が近い。静寂の中だと吐息さえ聞こえてしまいそうなほど。
050528a 050528b
あがたさんと、ドンキホーテの従者のライオンメリィさん。
ラフなかっこのあがたさんと、それとは対照的にフォーマルっぽいスタイルのメリィさん。
あがたさんは、ギター弾きつつピアノつま弾きながら、そしてメリィさんの演奏に誘われて、歌う。
メリィさんは鍵盤に指を踊らせながら、SE担当のマニピュレータ。

あがたさんの音楽は自分にとってセンチメンタルという一言に尽きる。
二十代始めの辛い頃と、それこそ危うい細い綱渡るような最近も、あがたさんのメロディに慰められる。あがたさんの歌を聴いて泣いてみれば救われる気になる。
聴き始めた頃はともかく、去年あたりからめそめそしたい気分の時に聴ければとりあえず気持ちは晴れる気がする。
でも実際の歌声を聴ける機会はそんなにあるわけではなく、今回もほぼ一年ぶりだろうか。前回は青山円形劇場の新譜発表ライヴだった。
今日の曲目はあがたさん曰く、静かめの歌が多いということだったが、ツボを押されまくってマイリました。
menu
かぼちゃはポティロン/空飛ぶ理科教室/雪ヶ谷日記/冬のサナトリウム/24時間の瞳/億光年の岩で転げてる/手品のワルツ/黄昏歌劇/リラのホテル/いとしの第六惑星/赤色エレジー/山羊のミルクは獣くさい~佐藤敬子先生はザンコクなひとですけど/百合コレクション/E渚のロキシー/大寒町

終わって、すこく救われた気持ちになって外に出たら、案外空気は冷たくってくしゃみが出た。
昼間、歩いていたときに目をつけといた居酒屋で三人で食事。
時間が短かったけれど、いろいろ数々楽しんで松本の夜は更けて。

| コメント (0)

2005/05/27

もうどうでもいいことはどうでもヨイとする

050527a 050527b
県の高校総体。だそうです。

HABANERO057 HABANERO058 HABANERO059
ハバネロのハバネラ(二拍子)。

| コメント (0)

2005/05/26

朝刊/日常にもどる

050526

pool005

| コメント (0)

2005/05/25

帰ってストレス解消するのだけが楽しみだ。

でもすぐツブレるから夜は短い。

朝、西和田テニスコートへ連絡に行って帰ってくると、プール棟入口前にどどーんと消防車が何台も停まっている。しかも工作車のようなものも。
教育委員会の人が事務所にいて、消防が昨日の現場にいるという。
行ってみたら物々しい格好の消防の人たちが何人もいて、うちの設備監視を委託しているSのMさんOさんが何やら事情聴取を受けている様子。
なんでこんな大げさな事態になっているのかと思っていたら、事務所にいた教育委員会の人が朝一で役所から消防に電話して、何を言ったか知らないが出動要請ということになったらしい。

…へえ、うちの施設で塩素ガスが出たんだって。
そのうちに保健所が来た。水道局が来た。何がなんだかわからないままに大騒ぎになった。

コトは昨日終わっている。
そのうちに事態が把握できてきた。
昨日、事故がわかった時点で所長に教育委員会や協会へは連絡をしてもらっていた。
当然その後の経過も電話連絡している。
が、いろいろ現場で対応しているうちに教育委員会宛にまともな文書でメールできたのは夕方になった。
あの人たちは昨日口先ではあれだけ大騒ぎしておきながら、自分らでは上の方に報告していなかった。
昨日は長野市内の施設でプロ野球があった。あの人たちはそのお祭り騒ぎでそれどころではない。
そんなわけであっちでは今朝の対応になった。
消防に誤解を招くバカな連絡をした。無線が傍受されたらしく新聞社が来た。TV局からも問い合わせが来た。警察からも電話が来た。
しかし教育委員会からはそのバカな電話をした係長しか来ていない。

教育委員会では役所の上の方から遅い連絡を怒られたらしい。知ったことか。
マスコミ対応についての話題の方向性を設備の欠陥や維持管理の方に向けようとしている。
まあそれも問題視されるべきことだが、自分らから目をそらさせようとしているとしか見えない。

こちらでは利用者や近隣に迷惑をかけたというような事実はない。
適切に対応したと思っている。

午前中は仰々しいお客さん応対に追われ、昼前に本庁へ所長と経過を説明に行った。
午後は教育委員会の公式発表用の経過資料など作らされた。
きちんと整理して渡したにもかかわらず、あとでFAXされたマスコミ用の資料は内容がまちがっている。
以前の職場でいっしょに仕事をしていた教育委員会の学校施設担当の人たちは、見るからにエリートコースだなあ、という感じだったが、体育施設担当の人たちのこのバカさかげん。
現場ではまともに収拾してるというのに、何を自分らの不手際アピールしてんだか。
知らせなくていいこと知らせることになる。というか、もうすでに知らせたわけで。

050525b
バカといえば、地元新聞社の夕刊にさっそくアタマの悪そうな記事が掲載された。
濃度(リットルあたりミリグラム)など意味もわからない人がどうして仰々しくこんな数値を使って一般の人に伝える文章を書くのだろう。
うちは今日も営業できなかったらしい。
実際に問い合わせもあったが、こんな誤った内容の記事はプールの利用者に不安と混乱を与えるだけだ。
ニュース!とかいって世間騒がせりゃそれでいいのか?
今まで地元新聞ということで割と信頼もして読んでいたけれど、あの女の子記者ふたりのこの成果を肌に感じることができたので、今後は信濃毎日新聞、あてにしません。
…まあ、明日には騒動も収まるだろうけどね。
050525a

さらにダメ押しな話。
夕方、少し残っていたら、プールの更衣室で盗難事件が二件。
ロッカーをピッキングされた。帰るとき、おまわりさんが事情聴取してた。
本当に何か人身御供でも要るか。おれが死ねばいいか。

ひとつ本日の教訓。
事務所のKさんは頼りにならないとはうすうす感じていたが、それどころか油断ならないことがわかった。
HABANERO056

| コメント (0)

2005/05/24

荒れる気はモノを壊す

何か浄めが必要な状態になってるかもしれない。

出勤したらまたイヤな話。プールの滅菌に使う次亜塩素酸ナトリウム注入設備のタンクとポンプの間の配管にあるバルブが破損してタンクの中の薬液が流失した。2000リットルだからけっこうな量。
休館日の昨日のことらしい。
それは結局ほとんどが排水溝を通じてプールの汚水槽に落ちてしまったから、中和剤で残塩落とせばそのまま下水送りで問題はないのだが、一部小さい方のプールにも流出してしまった。
それも一日休止して逆洗をくり返したのでたぶん明日は大丈夫だろう。
設備の方はメーカ呼んで部品交換して薬液は補充すればいいだけの話で、すぐに対処できた。
050524 050524b
とまあ、大事には至らないのだが、上の方の人たちは何もわかんないくせに大騒ぎ。
大騒ぎのくせに真剣には考えていないのがミエミエで、その上の人に話つないだら勝手に自分のやりたいことしてる(ここで必要な業務以外のこと)。
その上の人もその上の人で、ヒマなもんだからわけわかんないながら大騒ぎして現場乗り込んでくるし、教育委員会のエラい人たちも、今日はオリスタで巨人ロッテ戦があってそれどころじゃないはずなのに必要以上に深刻ぶった物言いしてくるし、そんなことは現場にまかせといてもらいたいもんだ。
…すいません信用なくて。
しかし、嘱託なんて責任なくていいよなあと思う。でも責任ないんなら黙っといてもらいたい。
ヒトってのは何か言いたいものなんだろうねえ。言ってなんぼの存在か。
…でもね…。

そのせわしい時間をぬって体育館や陸上の間を行ったり来たり。ときどき行ったきり。
事務所の、態度と声だけはでかい人たちの中で事務仕事してるより、体育館の人たちと埃まみれになって、遮蔽カーテンの修理などしてる方がよほど充実感がある。

しかし、ホントに毎日いろんなことがあるもんだ。次は何が壊れるか?
HABANERO054 HABANERO055
ハバネロはよく見ると新しい葉や蕾を見せている。

| コメント (0)

2005/05/23

歯医者

毎週定休の月曜は歯医者通いで終わってしまうのか…。
昨夜は休み前で気を抜いて飲みすぎたか…。起きて洗濯などしてから一度プールに行って目標管理シートをメールしてから歯医者へ。
今日はこないだ抜いた歯の周辺の固定のために縫った糸を抜いて、別な歯の治療。
虫歯がひどい歯からやってもらえるらしい(^^;。
今日の歯は右上奥から三番目、先週抜いた歯とはシンメトリック。
麻酔されて、がりがりぐりぐり削ってもらう。仮詰め物してもらう。これもちっとひどい状態だったらしい。
こないだ抜いた歯の場所はどうなるんですか?と目のキレイな看護師さんに訊いてみたら、傷が治ったら抜いた歯の両側の歯でブリッヂします、と。よくわかんないが、差し歯?入れ歯?
ついでに、ほかにも虫歯が?と訊いてみたら、先週調べたら何本も。と涼しい目で言われてしまった。とほほ。
来週の昼前に予約。
今日はそんなに治療のダメージがきびしくなかったので、ちと遠出して歯のこと忘れて遅い昼ゴハン。
ふだん昼は食べてません。
050523a 050523b
今夜は満月だったのかな?デジカメで遊んでみた。

| コメント (0)

2005/05/22

怒鳴る人

朝、所用で体育館へ行くと、中学生の卓球大会が行われるメインアリーナの外で青いジャージを着た数人の中学生が、でっぷりした人に叱責されている。
体育館のスタッフの話によると、あまりにも好き勝手やり過ぎてクラブの顧問をクビになった某中学の先生で、今日は大会の役員として来てるらしい。
何の話をしているのかまるでわからないのだが、次第に激高して感情論に発展してしまっている。
子どもたちもなんだか萎縮してしまっている感じで、ここでそんなに怒鳴んなくてもなあ、という顔で受付からみんなで眺めていたら、なんだか気まずくなったらしく、尻すぼみに話を終えてしまった。
たまに外などでもチーム集めてでっかい声で説教してるおやじがいるけど、人目は気にしてほしいなあと思う。
体育館では計画が静かに進行中。楽しみ楽しみ。

事務所では去年のPCデータをCDに焼きながら、目標管理シートなんてものを作る。
先週S補佐に全庁ネットから落として月曜までに出せと言われてた件。
土日になってからでいいか、と思っていたが、昨日の朝、いやな予感、メンテナンスかなんかで土日はネットが使えない、と。
ホワイトリングのTさんに頼み込んでファイルを家の方へメールしてもらった。
しかし、自分の第一評価者がSさんかあ、とほほだ。

さて「雪の女王」だ。NHKのアニメ。出﨑さんの久方ぶりのシリーズ。
しかも杉野さんとコンビ。あ、いかん「白鯨」DVD買っといて途中で見るの挫折してる…。
しかしほんとに地上波での何のテラいもない名作童話。
第一回目の今日はまだ導入部てなことで、ていねいな作りは感じたがまだそれほど特有の印象はなかった。
意外に出演者の声の芝居がしぶい。
出﨑さんの作品はキャストや音楽に通常とはちがった起用があったことでも印象的だったのだ。
さて25年前に出﨑作品に魅了された今ではたぶん多くはお父さんお母さんだろうが、これをどうとらえたのか?
オレは案外肩すかしかな。
でも毎週の楽しみとしようと思う。日曜の楽しみが一つ増えてうれしい。
もうひとつのお楽しみのせいで今日は30分遅刻した。まあ埋め合わせたけどね。
arena005 dedcan HABANERO053

| コメント (0)

2005/05/21

パンフレット

施設全体のものだけど、在庫が切れそうだから増刷を頼まれたのだが、原版がどこにあるのかわからない。
せっかくだからダサダサの現行のは廃版にしてリニューアルすることにした。
ほかの五輪施設のはA4サイズ観音折りのりっぱなものだけど、どうせ一年限りだし今のと同じA4を三つ折りにしたサイズでいこうと思う。
ほんとは写真もやりたいところだが、一応本職を立てて所長に撮ってもらってレイアウトに徹することにした。
こういうのをコミュニケーションというらしい。まあぼちぼちやるさ。

今日も出勤、周辺施設をいろいろうろうろ。
何をするということもないのだが、時間は過ぎていく。
野球場でKさんたちとSさんの悪口もとい噂話など。みんな相当カリカリきている。
本人にまとめる気がなければ、もはや関係は壊れるだけだ。
体育館のボイラー点検は予想以上に手間取り、陸上競技場まで手が回らず後日。
という電話をSさんにしたら、この人、前回ぶつかって全ては解消したものと思っているらしく、やけに愛想がいい。オレが謝ったと勘違いしたのかも。
まあほっとけほっとけ、って感じだけど、少なくとも人当たりが丸いのは悪いことではない。
補佐は帰り際に「腹が減ってしょうがないからラーメンでも食ってく」なんてこと言ってたが、それってその病気ではヤバいことなのでは?昼もちゃんと食べてるのに。
嫌ってばかりでなく、労ってあげないといけないのではないか。
こちらは普通の日は普通に昼抜きなので、また飲んで寝るか。
agata001
地元情報誌の記事。かつてFCの会報の県別会員分布図で無色をのぞけば最も色が薄かった県だけど、地元の客はどのくらい入るのだろうか?
前に長野市の店に原マスミさんが来たときは、東京からのお客さんの方が多かった気が。

| コメント (0)

2005/05/20

なんか振り回されているか?

050520
テニスコートのじいちゃん対応は少し投げておくことにした。
言いたいことだけ言ってる態度は陸上のSさんなどと変わりはない。
エバらないだけいいけど。

事務所はなんだかんだ言ってPC受付が板についてきた感じ。
昨日は一日休んだのだが、何か自分に対する当たりが優しいような気がする。
何かあったはずもないだろうが。爆発のAさんは不在。
管理職は相変わらず暢気なもの。

事務所の人たちからは相次いでハバネロ報告。
Nさんはピザにトッピング。
KさんとMさんはあんなに注意したにもかかわらず、刻んだ手で顔さわっちゃったんだそう…。イタそ。
Mさんのお嬢さんはカライもんOKらしく、生野菜サラダに使ったそうだ。
そうきたか。生がうまいもんな。
でも、こうして集中して報告がくるとブキミだ。
誰もこんなブログなんざ読んじゃいないだろうし。
(うちにも一個あるんだが、どうしよう?と思っている)

きのうの山崎まさよしライヴ、タンバリンと書いたが、妹の話だと民俗楽器らしいので、もしかしてボウランの類か。太い音だとは思っていた。
がサイズはタンバリンなんだけど。
それを水平に持って叩いていると、かぶさるように同じリズムが打ち込みでループされてそのままパーカッションになるというスタイルが何曲かあった。
ギターの仕込音も何か所かあったようだ。
こんなひとりツアー以外にバンドスタイルでもライヴ、やっているようだ。
それもおもしろそうだし、今年公開の映画の劇伴もやっているそうで、メロディメーカと言われる彼のソレも聴いてみたい気がする。
でもまあ、いつかあの子といっしょにライヴ見られればいいな。

| コメント (0)

2005/05/19

山崎まさよし

050519
東京にいる妹がFCに入っていて、東京のはチケットが取りにくいから長野公演を見るというので、いっしょに行く約束をしていた。妹のはFC経由で、自分のはイープラスで予約してくれていたのだが、仕事が休めなくなって、FC経由のいい席で妹の代わりに見ることになった。イープラスのはキャンセルなので一人で行く。
会場は三月にも行った長野県民文化会館の大ホール。
ワンナイトスタンドという一人弾き語りのツアーで、客層は若い女子が大半。
もらった席付近はFC優先のオッカケさん専用席のよう。

山崎まさよし、しっかり聴いたことはない。
歌もギターもうまいらしい、ということは知っていた。
演奏はほとんどがギター一本で、たまにアップテンポの曲などはタンバリン主導で打ち込みのリズムを後ろで流したり、ハモニカを鳴らしてみたり。
ピアノ弾き語りも二曲。
ライティングを効果的に使ったステージで、達者な演奏ぶり相俟って大いに客席沸かせていた。正直、自分は一見さん的客であったがとても楽しめた。楽しかった。
けっこうギター小僧な感じで、歌もメロディラインが明確な綺麗な曲が多い。
終盤、たぶんライヴではおなじみのヒットチューン連発では一見さんはニコニコしてるしかなかったけれど、とてもツボを押さえたうまい構成だった。
聴いたことのある曲は二、三曲に過ぎないと思うが、その中の一曲「パンを焼く」(だっけ?)の中のアドリブで「信州そば」「野沢菜」なんて叫んでたけれど、そうそう、全国ツアーってご当地ネタ入れるよなあ、と思い出す。
最近、こういう大規模なライヴ、コンサートって見てなかったので忘れてた。
そういえばピンクレディーも「教育県」なんて言い方でネタしてたな。

アンコールでスタンドバイミーなんか歌って、その中にワンフレーズだけポリス入れたりして、おおっと思ったが、よくやるのかしらね、こういうこと。
それ以外に洋楽ネタ入ってる曲もあったな。

ヨケイなことだけど、客席からのチャチャ入れが多くて気になった。常連さん?

知らない、とか言いつつこの人ってオーガスタの人だから、そっち方面は自分的になじみあるミュージシャンが多いので、今後案外かんたんにリンクされちゃったりするのかも。
CM多いとか言ってたし、ロマンシングサガの主題歌やったとかいうし。なんか近い近い。
あと、アレだ、食品ネタな歌が多そうだ、この人。
アルバム聴こうかなとも思った。
妹に、パンフとTシャツを買った。


soba002
実は煩雑な一日だった。
昼は久々の蕎麦シリーズだが、同行者が体調くずしてたいへん。
お蕎麦は極端な田舎風の堅い食感。好みは別れるかもだけれど、自分的には全面OK。
蕎麦湯も濃いめで味わい深し。余裕があれば堪能できる。また行こう。

コンサート後も、いろいろ。ほとんど夜中な時間に遅い夕食を吉牛で。
その後は当然眠るために…。

| コメント (0)

2005/05/18

ふわふわ過ごす

昨日は一昨日の分まで飲んでしまった。差入れもいただいたし。

本日は両巨頭そろい踏みにつき、朝からくるくる周辺施設飛び回る(管理事務所に落ち着かない)。

西和田テニスコートの土日祝日予約問題などを少し考えようと、ほぼ半日うちの施設のテニスコート担当のOさんといっしょに過ごす。
少し離れた別のテニスコートへも視察など。
現場の人たちともいろいろ話して、ようやくひとつの方針らしきものが見える。
明日は休むつもりなので、ぎりぎり土日前日になるが明後日動こうと思う。
NishiwadwTennis
西和田テニスコートの亀裂。利用者が怪我すればたいへん。

夕方は体育館の事務所で、首謀者Tさんと先導者Iさん囲んで夏はじめのレクレーションの予定など相談。
職場全体ではなく、セレクトメンバーで。やっぱり自分以外の人も、いっしょにやりづらいと思う相手は同じなのだね。


今日は誕生日であった。
少し前に誕生日を迎えているHさんと合同誕生パーティというわけで、就業時間終わったら、管理職以外の人たちはまだみんな残っていたけれど、そそくさと飲みに出る。
二軒で26時まで。
birthday042

| コメント (2)

2005/05/17

DEAD CAN DANCE

冬頃に4ADのサイトでデッドカンダンスがアメリカでツアーをするという記事を読んで数か月、デッドカンダンス自身のサイトに行ってみたら、すでにヨーロッパからツアーは始まっているらしい。
しかもライヴCDやらTシャツなどツアーグッズもいろいろ売ってるらしい。
どころかツアー自体がとても大々的なんだが、これはいったい?
あいにく日本は予定に入ってないようだ。いつの間にか海外盤で新しいトリビュートも出ていたので注文しといたら届いていた。

痛むぞ、と釘を刺されていたので昨夜はアルコール控えて(缶ビール二本)いたら、案の定眠れなかった。痛みは鎮痛剤も飲まずにすむ程度のものだった。
眠い目をこすりながら出勤すると、本日も管理職のみなさんはお休みらしく。

でも雑用は山積みで、こちらの公園とは少し離れたテニスコートでは土日祝の客対応について相談され、弓道場では遠的の電動シャッター不具合でいろいろ相談される。
この二か所は業務を外部団体に委託していて担当してくれてるのはほとんどがお年寄りなので言われるとおりにしてやらないといけない。しかしヨケイなこと主張してくれないだけ対応は楽だ。

こないだ羽アリが出現した公園内のテニスコートでは、駆除業者が床に穴開けて薬注するとか言ってドリル回したら電気の床下配管破ってコンセント回路をショート、大会だってのに停電騒ぎ。
まったくいろいろあるもんだ。

朝方は寒かったが日中はぐんぐん気温が上がり、西日が当たればプールは暑いくらい。
適度に施設内駆けずり回ってなんとなくダルいが、今日は人当たりのことがなかったのでここちよい疲れか。夕方になってS補佐の声を聞いたことが本日唯一の汚点だ。

HABANERO051 HABANERO052

| コメント (0)

2005/05/16

歯を抜く

もう三十年行っていない歯医者。
実はほぼ十年前から虫歯の存在には気づいていた。穴が空いてる…。
にしても格別痛むわけではないし、ほっといた。
時折うずくようになったりもしたけれど、歯みがき念入りにする程度。
三、四年前か?その歯の裏側が欠けた。見ると残っている部分も黒ずんでいる感じ。
それでもほっといた。去年、疼痛がキビシイ夜があり、明けてみたら頬が腫れていた。
この時は痛みは二三日つづいた。
やはり歯みがきと薬店で買える程度の消毒薬でしのいだ。
そのうち、ちょっと口臭がする日がある、と言われて口臭対策グッズ手を変え品を買え投入した。口臭はオッケイということになった。
でも先日、友人のつきそいで歯医者に行ったとき、何か背中を押されたようだ。

椅子に座って、看護師さんに「痛むのはどちらですか?」と訊かれ「ここ、こっちです」と思わず頬に手を当てると「左ですね」。子どもかオレは。
初日なのでとりあえず検査か?と思っていたらレントゲンを撮って、もう神経死んじゃってて、歯は軟化してるのでバラバラになっちゃってる三本の根を抜きます、と。
抜く!?今日、今?
何言われたんかわかんないまま、麻酔を注射されて処置に進んだのである。
歯を抜くということはやはり力業なのだと思い知った十数分。
途中、麻酔は二回追加。
血まみれの歯根が三つコロンと転がってた。
はあ…。

思えば、死ぬ直前の父は歯槽膿漏にやられて歯がボロボロだった。
自分は歯茎はしっかりしていたらしい(ほかに何本か初期の虫歯が見つかった)。
父が死んだのが47歳、祖父が死んだのが57歳。若い頃の自分は漠然と37か、と思っていた。癌を切ったのが36歳で、も一度切ったのがまさに37の歳。
その年をなんとか乗りきって大台も越えた。
しばらく歯医者通いがつづくのか…。
hakudo001 hakudo002 hakudo003
帰りに寄り道。こんなところが近くにあった。

| コメント (0)

2005/05/15

雷電激震

ギター、モンスターに突き刺してかきむしる。
どうしたってそれは笑うだろう。すげえ必殺技。
ギミック変えれば、ふつうに良質のエンタテイメントたりえるのだが、もしかして、コレはあえてしているのか?と思う。人目惹きますわな。
好き勝手してるんだったらいいんだけれど、でもイマイチ「好きでやってる」余裕が感じられないので、これは苦肉の策なのかな。おもちゃ対策か。
画作りはも少し工夫が要るな。あれでは昔の実写とアニメの合成程度の画だ。
あれならCG使わずに着ぐるみの方がましだ。ディスクアニマルもなくてよい。
あ、これもおもちゃ対策か。

だらだら過ごす休日。一度職場に何か異常が見られないか電話入れる。なし。
スーパーミルクチャンなんてのを脱力しながら見たり。

昨日買ってヘッドフォンで聴いてるCDプレーヤ。ソフトバレエとメトロファルスとナインインチネイルズばかりガンガン響いている。響いていても穏やかなのはメトロファルスだなあ。

| コメント (0)

2005/05/14

荒らされる日々。荒れる日々。

結局補佐は一日お休み。

プール棟の西側窓ガラスが投石で割られている。ほかに昨日ガラスブロックをやられたトイレのサイン灯も。
実は昨日体育館で盗難騒ぎがあったとき、犯人グループらしい高校生たちが体育館の入り口付近にいたのを事務室の中から体育館のスタッフといっしょに見ている。
視線が合ったので向こうも見られたのを知っているはず。
それだけでなく、その前に不審に思ったIさんは注意に行っている。完璧に無視されたそうだが。
もしかしてやつらの仕業か?
と思ったけど、そんなら体育館狙うだろうなあ。昨日のトイレのこともあるし。
予約システムにこの間つないだ古いノートは、やはりブラウザがソフトに対応していないらしく、きちくと表示がされない。しかし最新のはさすがに重いだろうから、最低動作保証のを入れようと思ったが、いまさらそんなもんどこで手にはいるのか?ということでSのMさんに、どっかにない?と訊いておいたら、それが入ったプロバイダの配布CDを持ってきてくれた。
インストール直後、さっそくつないでみるがシステム管理者権限の画面から入ろうとしたらしく、ブラクラ状態になった。
URLを少しいじったら(といってもアドレスは同じだった)直ったが、ショートカットがおかしくなっていたのか?
ちゃんと表示されるようになった。

あとの一日は、積算、連絡、入金などなど。
テニスコートでは高校生の大会でたいへんな人。で、ほかにもたいへんなことが、と連絡が。
去年も連休中に羽アリが出て大騒ぎしたのだが、今年も今日のこの暖かさで活動を始めたらしい。
テニスの事務所は柱や腰板などがところどころスカスカになっている。
駆除の事業者も入っているのだが、これが5か年計画という雄大なものらしく、今年は確か3年目?
ants001
陸上競技場でスタータ用スピーカのアンテナが折れたというので見に行く。
事務所の中には問題のSさんがいて、事態の説明をしながらいきなり昨日のAさん状態になって、アンテナさておき激高してしまう。
なんか、オレ態度に出ちゃうようなんだな。
三日連続だとこれはさすがにヤバイ、みんな示し合わせてんじゃないのか?という思いもよぎったが、こちらも激高しつつもとりあえず丸く収めてみる。
何が気にくわないか?と言われても確かなんかあったはずだが、どうでもいいことだから忘れてしまって、でもコイツキライ!という思いだけがいつまでも残っているのだね。
昨日もそういうこと言われて、はて、何かあったはずだがと思いながら思い出せなかったが、そうだAさんの場合は日誌改ざん事件だ
Sさんの場合はなんだっけ?このときは、最近のほかの陸上スタッフの中での困り者という意識しかなかったが、なんかあったはず。まあどうでもいいや。
しかし、以降は少し人当たりに注意しないといかんな。
前の職場にいた頃は、そういうのもうまくやれたんだが、適当な距離感というか。
なんか直情的に動きすぎる感じで、我ながら少し危機感が。

家にいた頃、ひどく疲れたときや落ち込んだとき、でかい音で音楽を聴くと気がまぎれた。実際のスピーカだといいのだが(スピーカ能力以上のアンプ使ってたのでしばしばスピーカ切らした)、まあヘッドフォンもときどき使ってた。
この部屋にくるときに買ったボーズのCDラジオはいい音が出るという話だったが、ヘッドフォン出力ができない。PS2も同様。
おかげで大音響はクルマ以外では御法度。クルマではそんなことしないし。
実際に部屋で少し大きめの音出してたら、近所のみなさんにご迷惑だったらしく、三回くらい注意された。
今日は久々に音響にまみれたいと思ったので、量販店で適当なCD再生機買ってヘッドフォン使うことにした。以前から考えてたことだけど、やっと背中押された。
うるさい音聴きながら寝ることにする。
HABANERO050 HABANERO049 
ハバネロはたくさん色づいたので、みなさんに少しずつ持ってってもらったのだが、体育館のIさんがパスタを作ってきてくれた。
体調のこともあってふだん昼は食わないのだが、今日はいただいた。ウマ。カラ。

| コメント (0)

2005/05/13

納得

いくわけもないので、一応所長には言うだけ言っとこうと思っていたのだが(補佐は休み)、朝イチで体育館トラブル発生。サブの照明が点かない。
行って復旧しているうちに機会を逸する。
西和田テニスコートへの連絡車中に同乗して話そうと思っていたのが、その隙をついて出かけてしまった。
しかたがないので帰ってからかいつまんで話す。
が、自分の言い分くらいしかわかってもらえなかったようで、その後の行動から推すにかんじんの陸上競技場の事情は勘違いしたらしい。
増員すればいいってもんじゃないんだけれど…。
きょうは自分のPCは自席に置きながら基本的にはやっぱり外の時間が多かった。
去年できたばかりのオストメイト対応の公衆トイレが荒らされていたり、体育館付近は高校生で大混雑、置いといた荷物から財布が抜かれる事件ありの、軽トラのタイヤが緩んでて外れそうになってたの(これは大ボラらしいが)、陸上の天井が落ちそうだの、考えてみれば各種イベント色とりどりといった感じ。
自席に帰ったら帰ったで、予約システムについてユーザからの質問事項に大わらわ、事務所は基本的にそういうことについてはNさん以外はよくわかっていないのだ、自分も含めて。
なのにNさんに売り上げチェックなんかやらせてしまうから滞る滞る。
自分のPCからもシステムに入れるようにしたので、せいぜい勉強しとこう。
あしたはそのNさんが休み。
補佐が午前休みだというから、その時間は自席にいるとして午後はまた体育館でも行くか。

夕方になって、指定管理者制度説明会参加事業者からの質問がどかんときているので、HPで回答したいからどうにかしてくれ、きょう中にナントカという連絡。

事務所の例の中学のセンパイが帰り際に人のこと呼びつけて、「わたしの何が気にいらないの?」的詰問。
きのうのオレと管理職とのヤリトリ見てて自分もナニカ言ってやれ、と思ったらしい。
「ナニもカも気にいらねんだよう」ってわかんねんだろうな、バカ女。おまえ、見た目そのままヤンキーババア?
…言いませんけどね、こういう鈍感な人には社交辞令すら交わせない。
てか、やっぱり社会不適応なのかも。適当にあしらう。ウザイウザイ。
もう誰とも話したくない。しばらく黙っていることにする。もう放っといてくれ。誰とも話しません。
やっぱり不適応だなあ。
なんかメンドくさいし疲れることばかり。
人間関係。見回せば妬み嫉みばかりだなあ。
arena004 pool004
たった三日で音をあげる。あんなスカスカした環境で。
おれにはマコトにゃなれません。

| コメント (0)

2005/05/12

怒られた。

前の所長がやめて事務所がバカ補佐の天下になってからほぼ一か月、ほとんど事務所の机に座らずに奥や余所(プール以外)の施設に入りびたっていた。
ことが気にくわなかったらしい。
所長と補佐に奥に呼びつけられて窘められた。
コミュニケーションがよくないと。係長なら事務所をまとめろと。
だってぼくコミュニケーションブレイクダウンなんです。
係長ってどういう意味なんです?
…だって居づらいからしょうがねえんだよなあ、あそこ。うるせえし。

で補佐にはヨケイなことでも罵倒される。
曰く、そんないい給料もらっていながら云々。まずしいなあ。アンタそんなこと考えてたんだ?
オレが何やってるかも知らないくせに。
すいませんね、あんたの1.5倍弱(くらいか)の給料もらってて。
だってオレあんたの何十倍もの仕事してるつもりだし。
ってかオマエ、独りよがりなムダしてるって気づけよ(まあ、おだてるバカがいるからだけど)。
やだね、役所OBが管理職で居座る職場って。
指定管理者導入されるって正解ですね。
役所の定年退職組がエラそうな顔して居座る選択肢が少なくなるって正しいと思うよ絶対。
オレはそんな道は歩みたくはないし、そこまで生きるかもわかりません。

四月はコワレぎみだったから外からは多少ヘンに見えるところはあったのだろう。
自戒すべき部分もあると思う。あるはずだ。あるんだろうね。
何か本庁でのウケもよくないとか言ってたな。
でもオレほとんどああいう人たちとは接点ないんですけど。
印象だけでモノ言ってもらっても。すいません印象悪くて。
あ、そうだ、こないだの研修のときにバカなアンケート書いちゃったからなあ、アレか?
しまった、そういうときにはバカ正直言ってはいけなかったんだ。
以前にもそんなんでバカ見たことはあったんだよなあ、そういえば。
懲りないよな。
前の所長とは気が合ったんだけどな。
職員全体の中でも、今の管理職以外では若干一名のぞいてウケは悪くないって自負はあるし。あ、二名か。二名にはキラワれてるかもしんない。こっちもキライだから。

前の所長と補佐はハッキリ言って合わなかったからなあ。
三月までの景気悪い顔がウソみたいだもんね。今の。
第一、遅刻してないし(前年度は毎日してた。毎日)。

でオレもキライだけど向こうもキラってるし。堪りかねたと。
所長焚きつけてキレてみたと。そう解釈しておこう。
こっちも少し蔑ろにしすぎたかもしんない。改めるつもりはないけどね。
基本的に無礼な人とはつきあいたくないし、あんまりガマンもしたくない。
今の所長サンにもがっくしだ。
もっとちゃんと見られる人だと思っていたのだが、やっぱり雲の上しか見ないらしい。

だから外堀埋めようっと。
午後はほとんど体育館へ出ていた。
夕方はおっさんたち帰ったあと、事務所の人たちにサービスしといた。これは少し卑怯かもしれないが、彼女たちには基本的に自分的に悪気ないから。

でも、本気になってあんなんに反応しちゃうのもバカなんかもなあ。
だまってムシしときゃいいのかなあ。
まあいいや。結局小心者なんだろうなあ。でもいいやそれで。

HABANERO048
ちっちゃいハバネロが輝いているよう。
かわいいよね。

| コメント (0)

2005/05/11

日常にもどる

ようやく。
さすがに世間も動き出しているのでやることが多い。
朝から工事屋さんのいろいろ対応。支払事務。積算。
施設予約システムの施設内配線工事も朝から。
メインであるプールと体育館の間は電話の経路があったのでVDSLでつなぐ。
体育館の端末は一台。
プールの方は事務室にHUBを置いて8ポート全部埋めてやった(ケーブルだけ)。
器だけは整えた。あとはどうにでもしてくれ。って感じ。
プールも今回のことで用意された端末は一台なのだが、ワープロと表計算の打ち出し用に使ってる古いノートがあるので、そいつもつないでやることにする。
しかしOSもブラウザも二世代古いのでシステムのメーカは動作保証しない、とか逃げを言ってる。
とりあえず近くの家電量販店へ行ってLANカードを調達。
ドライバを入れてアドレスを設定しておけば、少なくとも立ち上げ直後はまともに動くはず。
ケーブルは補佐の机の下にも出しておいたから、おじさんもやろうと思えば愛用の個人用ノートにつながる。
本来ならば、陸上競技場、野球場、テニスコートも含めて完全なのだが、テニスコートは距離があり過ぎて光ケーブルが必要になり、そうすると費用がかかり過ぎて、すぐやれ今やれ、というわけにはいかないし、陸上、球場はシステム予約上の制限があるため、いま工事をすることのメリットがあまりない、ということで保留になってる。テニスコートはそのうち役所の方でなんとか捻出するんだろうけど。
プールにしても環境は整えても、端末についてはたぶん一台稼働できていれば問題ないと思うのだが(だいたい操作できる人間がそんなにいない。人員は去年より増えてるけど)、それよりもまだサーバ側に問題があるようで、今のところそっち方面の苦情が多いようだ。というより予約のフローについての疑問か。
ならば、これはシステム自体の問題より、ユーザにシステムのシステムを(笑)周知しないといかん問題ではないかなあ。
たぶん、そうなのだ。
利用者にわからせてない。
ということが、最大の問題だと思う。

まあ、ちゃんとするまで時間がかかるのは仕方ないな。
自分の席(奥の)の下にもケーブルは出しといたから、あしたつないでみよう(貸与品の全庁接続PCはF製のものだがあまりにもポンコツなので仕事には自分のS製のモバイルを使っている。しょせんモバイルだからCPUは遅いんだけど。画面小さ過ぎでもう目が痛い痛い)。

HABANERO047
ひさしぶりだからハバネロ。いつか鉢を替えてやらんといかんなあ。

| コメント (0)

2005/05/10

骨音

おれたちはみんななるようになって、こうしてなんとか生きている。

池袋WGPⅢ/石田衣良
今回の移動で読んだ。でも買ったのはずいぶん前だ。
最初の池袋ウエストゲートパークの文庫を読んで感心したときには既にTVドラマシリーズは終わってしまっていた(そう!そういえばこの番組のロケでスタッフの東池袋大勝軒での食事のことでけっこうトラブルがあったと別方面で聞いた。まあ池袋ならソコ行っとけてな気持ちもわかるけど。それもまったく別方面から聞こえてきた話。苦情だけど)。

その番組名ぐらいは「大人計画」の俳優がシナリオを書いてるってことでリアルタイムで知っていたのだが、その時点でソレとコレは当然結びつかない。
しばらくしてそのドラマの続編がスペシャルとして制作されると聞いたので、それはちゃんと見ようとした。でも見られなかった。頭が拒否してしまった。イマドキのTVドラマにはついていけない、と思ったらしい。たぶん酔っぱらってたんだと思う。
その時のドラマは「骨音」にはいってる作品をベースに作られていたらしい。
今度機会があればちゃんと見とこうと思う。

小説の方は一人称の、多少自分語りが過ぎる語り口だが、これもまあ描写というやつだろう。

この連作集のラストエピソードを読んで、主人公の心情と自分を重ねてしまった。重なってしまった。

| コメント (0)

2005/05/09

オフノートライヴ 吉祥寺徘徊の日々を徘徊する。

本当のところ、何にもない完全な二日間に耐えられなかった。

ほぼ開場時刻に着く。
客もそのときには数組でしかなかったが開演する頃には場内をいっぱいにしていた。
まず「家路」「同士は斃れる」「シーベックシーモア」「今こそ別れ」といった曲をどっかインプロめいたインストで。
それから、それぞれのシンガーが数曲ずつ歌い継ぐ。
人生への愛おしさが溢れている声と音。豊かな時間を過ごす。

高田渡さんの作品については、パッケージされたものは最近のオフノートの二枚ぐらいしか持ってないし、あとはリスペクトするミュージシャンのライヴでカヴァーを聴いたくらいだが、ライヴハウスなどで客としてきていた高田さんは何度も見かけた。
それがいつどこでのことだったのかは今ではもう曖昧だけど、ただ一回確実に憶えているのが、きょうと同じこの場所で、きょうもピアノを弾いて歌っていた渡辺勝さんの「とどかずの町で」関連のイヴェントだった。あがた森魚さんもゲストだった。

長いライヴだったが、持って行ったMDウォークマンのモードがうっかり「LP4」になっていたので全部録音できていた。
mandala002 mandala001

終わってホテル近くのラーメン屋で晩ごはん。

| コメント (0)

2005/05/08

臨時出勤

きょうも休みなのだが、プールの競技計測システムのヴァージョンアップ確認検収ということで午前中かり出される(なんか、ずーーーっと休んで遊んでばっかいるようだが、そのとおり)。

県や市の水泳連盟のえらい人たち、システムのメーカの人たちが集まって、実際に学生に競技デモしてもらって確実に動作するかどうかのテストであるが、こちとら基本的にちんぷんかんぷんだし、一応の施設管理者としての参加?オブザーバ?みたいなもんか。
ときどき自分の仕事片づけたり、さぼりながら参加。
基本的に筋肉で思考しているような人たちだから(メーカの人のぞく)ちょっとついてけない。
シッタカなおもしろい会話してたなあ。なんかやばい話も。聞かなかったことにしたけど。
pool001 pool002 pool003

しかし響鬼(これはしっかり見てから出勤した)。
やっぱり太鼓は認めてもいいけど、トランペットはなあ…、ギターもなあ…。
せめて雅楽?邦楽の路線で行けなかったものか、鬼なんだしさあ、そのへんのセンスがよくわかんない。
ここの名物プロデューサってたぶんジャズとかロックに思い入れない人なんだろうなあ。マイルスデイヴィスとかジミヘンでもやってくれりゃそれなりに笑えるだろうけど。
今のままだと、そのうちライダーチップスでもやるんかよ。って感じ。
次の音撃戦士は何担当か?…鍵盤?ぷ。

おたく話題ついで。
午後は時間があったので、家に帰って郵便物取ってきたあと「Re:キューティハニー」のDVD見る。アマゾンのギフトが期限せまっていたので使ってみた。
なかなかスタイリッシュなアニメで痛快痛快。永井豪の絵ってキレイにクリーンナップすればすごくイイんだけど、今までのロボットアニメ系はちょっとなあ、という感じだった(ゲッターふくむ)。
コレも巻が進めばアレだ、という話も聞いているけど、一巻はOK。

| コメント (0)

2005/05/07

きょうも施設は大にぎわい(プール以外)

何か、きのう一日丸ごと喪失した感じ。
体調すぐれず午後から出勤。遊び疲れか。まあでも代休あるし。
出ると間もなく以前同じ職場だったOさんから電話。
年末から結核で入院していたOさんだ。もう退院しているという。
で午後に顔を出したいと。雑用片づけながら待つ。
ほとんど一週間留守にしていたのだが、やはり世間も連休、たいした量が溜まっているわけでもない。
Oさんは元気そうな顔である。最近会ったのは11月だったから、ほとんどその直後に入院している。三か月。結核という病気にしては短かったらしい。
それでも最初に血痰が出たときには気が気ではなかっただろう。何しろ血の塊を吐いたのだ。
ほかに症状としては咳と微熱ぐらいだから、しばらく個室に隔離されて薬を飲んで過ごす毎日だったと。やがて大部屋に移され、ほかの患者さんたちとの病気談義が日課の一部になって三か月が経ち、漸く退院となった。治療といっても薬とたまの検査、診察くらいだからほんとに退屈だったらしい。
結局、療養休暇は四か月、来週から職場復帰。
快気祝いの用意の相談、こないだの胃カメラの話や自分の方の入院の話なども。
しかしこの歳になるとやはりこんなことが話題のひとつに加わってしまうのだ。
以前の部署だった、今は彼の職場の話やらこちらの周辺の話など、いろいろ久々に話ができた。
夕方、髪を切りに行く。
やってもらってる最中にも体調悪くなって弱った。まったく景気のよくないこと。
toshoike001 toshoike002 toshoike003
徒渉池はプール棟と体育館の間にある、うちの目玉施設。ちゃんと濾過器で水処理して循環させている。夏になれば大にぎわい。

HABANERO045 HABANERO046
ハバネロ。一気に色づいた。

DSC02829
葉っぱ。これで酒飲んでます。ヘルシーといってよいのか、よいはずはないな。

sukeya
本日の第一食はコレ。新宿にも支店を出した助屋のカップラ。ヘルシーといって…よいはずはないな。

| コメント (0)

2005/05/06

家に帰ったら大量のスパムの中にオフノートからのメールが

5/9、10って確かウチは休みだ。
行こうかな、と思った。
以下転載


不世出のフォーク歌手、高田渡さん逝く。

2005年4月16日未明、日本フォークのオリジネイター、高田渡さんが逝去されました。
享年56.ツアー先の北海道・釧路で倒れ入院、10日間余りの治療もむなしく、還らぬ
人となりました。
いま、渡さんが標した足跡に想いを馳せるとき、その歩みがそのまま、この国のフォー
ク史になっていることにあらためて驚かされます。本来、アメリカの下層大衆の音楽
だったフォークソングをこの国に見合う大衆音楽に仕立て直した第一人者はやはり高
田渡です。渡さんはけして肩を怒らせることなく、実に飄々と前人未踏の荊道を後進
のために切り拓いてくれたのです。このことはいくら感謝しても感謝しきれません。
渡さん、どうもありがとう。
渡さんの早すぎる死を思うとき、やはり大きな哀しみがこみあげてきます。しかし、
感傷にばかり浸っていたのでは、故人は草葉の陰からきっと大声でわたしたちを叱咤
することでしょう。たったいま、わたしたちがやらなければいけないのは個別の死の
哀しみを乗り越えて、渡さんが生命の限りを尽くして切り拓いてくれたこの道を歩き
続けるしかないのだと。そう思い定めたいとおもいます。渡さん、隊伍をととのえて、
あなたの来た道をわたしたちは征きます。どうか見ていてください。
袖擦り合うも多生の縁。わたしたちは渡さんと98年にシングルcd『よろん小唄』、オ
ムニバスアルバム『貘-山之口貘をうたう』で協同作業の機会をもつことができまし
た。わたしにとって渡さんのうたにたいする態度を間近で学ぶ絶好の機会でもありま
した。好きな作家や写真家のこと、若くして逝った父君のこと、何よりもうたのこと。
昼間から吉祥寺の呑みやでウーロンハイを片手に語らった日々のことは生涯忘れるこ
とはないでしょう。
渡さんとわたしたちのうたにまつわるさまざまな試行はさらにつづくはずでした。そ
れが不徳のいたすところで、ついに実現しなかったこと、申し訳ない気持ちでいっぱ
いです。生前、渡さんと話し合い決めた企画を、わたしたちに託された仕事としてか
ならず成し遂げますことをここにお約束します。

わたしたちは渡さん存命中に企画した五月の定期ライブを渡さんに捧げることにしま
した。最初は予定していたプログラムを変更せずにそのまま行うつもりでした。淡々
とやることが故人の遺志に適っていると思ったからです。けれども、あとからあとか
ら渡さんとの思い出が溢れ、歌声が蘇ってきました。故人の意に添わないかもしれま
せんが、「シーベックシーモア」「家路」「今こそ別れ」等、渡さんが愛した楽曲、
そして「酒が飲みたい夜は」「いつか」他、渡さんのオリジナルもいくつか演奏する
ことにいたしました。生前の渡さんのいき方を思うとき、この判断が正しいのかどう
か甚だ心許ありません。ただわたしたちは、わたしたちの渡さんへの思いの丈をその
まま音にあらわせたらと思っています。有縁の方も無縁の方もご参集いただければ幸
甚です。当夜を不世出の歌手、高田渡がのこした軌跡を再確認する場にするとともに、
さらにそれを未来に繋げていく。そんな過去と未来が出遇う一夜にしていければと考
えるものです。皆様の深いご理解を賜れれば幸いです。皆様のご来場を心よりお待ち
申し上げております。何卒宜しくお願い申し上げます。

2005年4月23日 オフノート神谷一義


以下、五月度オフノート・定期ライブの詳細です。

urban song collection 2005
omnibus live ウタウタ、ウ volume 3
不世出のフォーク歌手、高田渡に捧げる

5月9日 mon 東京 マンダラ2   
 
吉祥寺徘徊の日々を徘徊する。

出演:
中川五郎 うたとギター 

いとうたかお うたとギター

渡辺 勝 うたとピアノ 
下村よう子 うたと風琴など from 薄花葉っぱ

with
関島岳郎 チューバとリコーダー、トランペットなど  
中尾勘二 ドラムとサックス、クラリネットなど  
船戸博史 コントラバス  
向島ゆり子 ヴァイオリンとアコーディオン

ゲスト:
三枝彩子 オルティンドー(モンゴル民謡)
横田和子 馬頭琴 

吉祥寺 マンダラ2  Tel: 0422-42-1579 
JR中央線/井の頭線 吉祥寺下車 南口 徒歩2分
武蔵野市 吉祥寺 南町 2-8-6
開場18:30 / 開演19:30
前売2500円 / 当日3000円 ( drink charge 別)


5月10日 tue 名古屋 得三

また、君と旅する。

■出演:
いとうたかお うたとギター

渡辺 勝 うたとピアノ 
下村よう子 うたと風琴など

with
関島岳郎 チューバとリコーダー、トランペットなど  
中尾勘二 ドラムとサックス、クラリネットなど  
船戸博史 コントラバス  

ゲスト:
三枝彩子 オルティンドー(モンゴル民謡)
横田和子 馬頭琴 

得三  Tel: 052-733-3709 
名古屋市 千種区 今池 1-6-8 ブルースタービル2F
開場18:00 / 開演19:00
前売2500円 / 当日3000円 ( drink charge 別)


5月11日 wed 京都 磔磔 

たそがれの記憶をたどる。

出演:
オクノ修 うたとギター

いとうたかお うたとギター

渡辺 勝 うたとピアノ 
下村よう子 うたと風琴など

with
関島岳郎 チューバとリコーダー、トランペットなど  
中尾勘二 ドラムとサックス、クラリネットなど  
船戸博史 コントラバス  

ゲスト:
三枝彩子 オルティンドー(モンゴル民謡)
横田和子 馬頭琴

磔磔 Tel: 075-351-1321
京都市 下京区 富小路 仏光寺下がる
開場18:00 / 開演19:00
前売2500円 / 当日3000円 ( drink charge 別)


当日の出演者について高田渡さんにからめてすこし。
中川五郎、いとうたかお、渡辺勝は70年代初頭から渡さんと吉祥寺を徘徊した朋友で
す。当日は渡さんの歌をほんのすこし。
関島岳郎、中尾勘二はシングル『よろん小唄』、船戸博史はオムニバスアルバム『貘ー
詩人、山之口貘をうたう』からのお付き合い。その後、何度かライブのサポートもし
ています。ちょうど同じ頃、渡さんと同道して立ち寄った下北沢の喫茶店で演奏帰り
の向島ゆり子に偶然会ったとき、初対面にもかかわらず、「家路」をリクエスト。うっ
とりと聴き惚れていました。「家路」「シーベックシーモア」「今こそ別れ」渡さん
お気に入りの楽曲をインストで数曲。
オルティンドーというモンゴル民謡をうたう三枝彩子も渡さんに歌を聴いて褒めても
らったそうです。当日はその時にうたった「生活の柄」を驚異の歌声で聴かせてもら
おうと思っています。
昨年cdをリリースしたばかりの薄花葉っぱのボーカル、下村よう子。彼女は直接、渡
さんと交流はなかったかもしれません。けれども渡さんの遺志を継ぐ歌い手の一人と
して「大きな古時計」を心を込めて精一杯うたいます。
オクノ修の本業は珈琲店の店主です。オクノ修がマスターを努める六曜社地下店は京
都の老舗珈琲店で、営業してから50年以上も続いています。60年代後半、京都に住ん
でいた渡さんは毎日のように六曜社に通ってきたとのこと。ときには中川五郎、早川
義夫らを伴ってやって来て十代のオクノ修をときめかせたそうです。渡さんは東京に
移り住んでからも、京都に来るとかならず六曜社に立ち寄りました。当日は、渡さん
を師と仰ぐオクノ修ならではのオマージュに耳を傾けてください。
この三つのライブを高田渡さんに捧げます。

| コメント (0)

2005/05/05

こどもの日

久々に新宿。
駅前のデパートでタイムスリップ昭和展なんてのがやってるのでのぞいてみる。
メインは大阪万博やらグリコのおまけなど、1960~1970年代の回顧展のよう。
給食コーナーなんかあったので、ひるどきということもあり立ち寄ってみた。
showa001 showa002 showa003
ソフト麺+カレーソース、ハムカツ、瓶牛乳。鯨竜田揚げもあり。
カレーはソフト麺にからめる。ほかにミートソースもあり。

新宿に出たのは、こまっちゃクレズマがピットインの昼の部でやるから。
このバンド、長野でほとんど毎年見ている。
去年は小諸のワイナリーで。
そのほか同じく小諸のチャペルや酒蔵、松本の河原、ライヴハウスでも松本、長野で。
イヴェントの中、というヘンなシチュエーションが多いけれど、それが似合うお祭りバンド。
都内で見るのはこのピットインが今回二回目でほかは郊外のビニールハウス?
きょうは前日夜に大阪でやって帰ってきての昼公演ってことで、疲れが残っていたらしく、多少コワレた演奏も見せてくれたけど、さすがに芸達者ぞろいで(きょうも二列目というかぶりつきに近い場所で、こちらも遊び疲れのバカ頭だった)堪能しました。
意外にテナーサックスの人がたくましい演奏でかっこよく、それを見やるアコーディオンの人のまなざしも印象的だった。
クラのバンマスで語られがちなバンドだけれど(キヨシローのツアーにも参加してるし。キヨシローとは昔からの仲間か。そういやドラムの人もRCの人だな)今やテナーサックスののこの人が主力なのでは?と思った。
もちろん、かこむヴァイオリンやテューバなどのメンバーもすばらしい。
初めて聴く曲も多く、次のアルバムにも期待してしまう。
ライヴハウスでの演奏もいいけれど、また近くでお祭りバンドぶりも見たい。
いや、でもちゃんとした会場でのちゃんとした演奏もじっくり聴いてみたい。
pitinn

| コメント (0)

2005/05/04

マハラ・ライ・バンダ

タラフ+ファンチォカ!
という煽りはスゴイ。
というかヤリ過ぎと思いながらも実はプランクトンに騙されて最近のヘヴィローテーション。
きょう六本木ヒルズなどというロケーションでライヴがあるので、少し前からその準備というか心構えのつもりもあって聴いていたのだがスゴクはまるはまる。
六本木はむかしの大型レコード店があった頃に何度か来たことがあったが、こうなっちゃってからは初めて。
いろいろうろうろするがよくわかんない。たぶん慣れれば馴染めると思うが、初心者にはよくわかんない空間であった。しかしここは結局観光地なんだなと思う。
6hills001 6hills002 6hills003
行列ができてた小籠包の店になんとなく並んでみた。
小籠包を食べるコツは美味しんぼによれば、すばやく噛んで小穴空けてスープをチューチューするということだが、そんなことはかなり昔に失念、うっかりかみしめてしまったら熱いスープが口中に溢れてついこぼしてしまった。衣服の上でなくてよかった。
しかしうまかったのであった。
syou syou002
マハラ・ライ・バンダはルーマニアのブラスセクションをベースに、亡きタラフの糸弾きヴァイオリンじいさんの甥っ子さんたちを加えたメンバーで、やはりタラフやファンチォカを売り出したプロデューサチームがクラムドからリリースしている。
ほんとにタラフ+ファンチォカといった編成で、まさにマーケット狙いという路線は見え見えなのだが、本物がやればこれはすごい。
CDではわかんなかったのだが、ベリーダンスのおねえさんたちがすごく貢献している。
ファンチォカやコチャニなどのライヴでもベリーダンスは登場してはいたが、悪く言えばあちらはバンドの添え物といった感じだったのに対し、こちらは明らかにバンドの一部として機能している。ダンサーが歌ったり演奏者にからむ寸劇のようなものが演じられる場面がある。
オールスタンディングの会場で、でも最前列で見ることができたので、ダンスのおねえさんが近づいてきた際に、手パッチンなどしてしまった。
すごくキレイでどきどきしてしまった。
mahara001 mahara002 mahara003

| コメント (0)

2005/05/03

猿を見に

monky000
渋温泉へ。
毛づくろいは、シラミなどをとってるわけではないらしい。愛情表現?
monky001 monky002 monky003
初夏のようなうららかな日和で温泉につかってる猿も少ない。
monky004 monky005 monky006
昼の蕎麦シリーズ。
このへんの行列店へ。蕎麦自体はなかなか。つゆは甘め。
メニューにはデザートもあったりして、プリンの周りには蕎麦ソフトクリーム。よくある蕎麦ソフトとはちがい、蕎麦風味がしっかりしてあまり甘くない。
monky007 monky008 monky009
遅い時間になったけれど近くまで来たので飯山の菜の花公園へ。
もう出店やイヴェントも終わっているが、夜菜の花見物?案外の人出。観光バスも続々と集まってる。
na001 na002 na003

na004 na005 na006

| コメント (0)

2005/05/02

CONSTANTINE

昨夜のPCのネットワーク不通のため(そいつを解消しようとしてたので)ひどく寝不足。
どうも環境が変わると素直には繋がらない性格のようだ。

ちょいと昼少し前から地元観光など(^^;。
松代といえば、エヴァでいう第三東京市でしたっけ?第二次大戦当時、大本営予定地にもなった割と著名な土地柄か。
竣工なった海津城跡周辺など歩く。
このへんは前の職場の時に施設の改修などで頻繁に訪れた場所である。
もはや観光気分などは…。
matsushiro001

遅い昼は蕎麦シリーズ。
千曲と長野のさかいの国道沿いの店で。
おしぼり蕎麦。
辛い大根おろしと味噌を和えて蕎麦をすする。カラ。
でもうまい。こういう食べ方ってよそでもあるのかな。
matsushiro002

てなことで夕方に駅前の劇場でソレを。
気になっていた映画だけれど、当日ネムネムだったんで少ししたらオチてしまう。
で、覚醒してみたらほとんどスジが読めない!
雰囲気はわかるのだが、観る前、当初の無責任な印象では、エクソシスト+エンゼルハートかな?と思っていたのだが、これはコミック原作なだけに、ハードアメコミヒーローもの?てか、どっかデビルマン!?と思ってしまった。ガブリエルの翼とか。
血塗れなシーンもないではなかったが、そこはそれ、しょせんコミックなのであった。
しかし、粗筋だけ追った構成のシナリオだけに(よくわかんないんだけど)、シリーズ紹介編といった印象は否めず、これはシリーズ続行による今後の展開こそが本領の見えるところではないかと思う。
個人的には、こういう設定で、コミック的な部分はもう少し抑えたホラー寄りになれば好みであったかと思うが、それはワガママでしかない。
映画館近くの店でイッパイやって帰る。
matsushiro003
ワタリガニとクリームチーズのロール寿司

| コメント (0)

2005/05/01

施設案内予約システム

きょうは出勤。
例のシステムが運用開始される日。
本庁からS課長補佐とYさん、それからシステム開発会社の人がふたり、朝から張りついてくれている。
どうせ本格的なネットワーク構築は後日になるだろうから、とりあえず一台だけ動けばいいやと思っていたのだが、せっかく端末が二台あるのだからすぐ動かせ、さあ動かせというので急遽HUB置いて仮設のLANを組む。
そんなに心配するほど稼働していたかどうかは知らないし知りたくもない。
…っていうか知ってんだけど。空いてたって。
うちの所長補佐はいざとなると知らんぷりキメこむし、所長はわかりもしないくせにヨケイなとこでヨケイなこと言うし、頼りにならん人たちだ。
もともと畑がちがうし、退職して現職をナメてるふしもあるし。

それにしてもきょうは陸上、体育館、野球場と大会がいろいろで混み合っていたようだ。
PARK001

ハバネロは色づいたものを収穫、数あるだけみなさんにもらってもらった。
で、留守中の水やり、お願いします。と。

| コメント (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »