« 猿を見に | トップページ | こどもの日 »

2005/05/04

マハラ・ライ・バンダ

タラフ+ファンチォカ!
という煽りはスゴイ。
というかヤリ過ぎと思いながらも実はプランクトンに騙されて最近のヘヴィローテーション。
きょう六本木ヒルズなどというロケーションでライヴがあるので、少し前からその準備というか心構えのつもりもあって聴いていたのだがスゴクはまるはまる。
六本木はむかしの大型レコード店があった頃に何度か来たことがあったが、こうなっちゃってからは初めて。
いろいろうろうろするがよくわかんない。たぶん慣れれば馴染めると思うが、初心者にはよくわかんない空間であった。しかしここは結局観光地なんだなと思う。
6hills001 6hills002 6hills003
行列ができてた小籠包の店になんとなく並んでみた。
小籠包を食べるコツは美味しんぼによれば、すばやく噛んで小穴空けてスープをチューチューするということだが、そんなことはかなり昔に失念、うっかりかみしめてしまったら熱いスープが口中に溢れてついこぼしてしまった。衣服の上でなくてよかった。
しかしうまかったのであった。
syou syou002
マハラ・ライ・バンダはルーマニアのブラスセクションをベースに、亡きタラフの糸弾きヴァイオリンじいさんの甥っ子さんたちを加えたメンバーで、やはりタラフやファンチォカを売り出したプロデューサチームがクラムドからリリースしている。
ほんとにタラフ+ファンチォカといった編成で、まさにマーケット狙いという路線は見え見えなのだが、本物がやればこれはすごい。
CDではわかんなかったのだが、ベリーダンスのおねえさんたちがすごく貢献している。
ファンチォカやコチャニなどのライヴでもベリーダンスは登場してはいたが、悪く言えばあちらはバンドの添え物といった感じだったのに対し、こちらは明らかにバンドの一部として機能している。ダンサーが歌ったり演奏者にからむ寸劇のようなものが演じられる場面がある。
オールスタンディングの会場で、でも最前列で見ることができたので、ダンスのおねえさんが近づいてきた際に、手パッチンなどしてしまった。
すごくキレイでどきどきしてしまった。
mahara001 mahara002 mahara003

« 猿を見に | トップページ | こどもの日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猿を見に | トップページ | こどもの日 »