« もうどうでもいいことはどうでもヨイとする | トップページ | 観光 »

2005/05/28

クラクラ

松本であがたさんとメリイさんがやる。
というのでお誘いしたところ、東京からYさんとNさんが遊びに来ることになった。
昼過ぎに松本駅前でふたりをピック、とりあえず昼ごはんをすませて穂高まで行くことになっている。
去年松本市内にオープンして割と評判の高いラーメン屋さんへ。
無化調を謳ったあっさりシンプルなラーメン。
soba003
穂高へ行くのは、碌山美術館にあるという碌山をテーマにしたCDを買うため。
ストラーダのメンバーなどが参加した、そこ以外では手に入らない。

その後、ぶらぶら道草しながら松本へ戻ってホテルにチェックイン。
ライヴ会場を確認しがてら、市街地を散策。
ライヴ会場は建物の二階にある小さな喫茶店。テーブルや椅子などは全部とっぱらわれて、床に座布団が敷かれている。入場はFC会員予約が早くに通っていたため、なんと一番。当然一番前で見ることにする。
しかし演奏者との距離が近い。静寂の中だと吐息さえ聞こえてしまいそうなほど。
050528a 050528b
あがたさんと、ドンキホーテの従者のライオンメリィさん。
ラフなかっこのあがたさんと、それとは対照的にフォーマルっぽいスタイルのメリィさん。
あがたさんは、ギター弾きつつピアノつま弾きながら、そしてメリィさんの演奏に誘われて、歌う。
メリィさんは鍵盤に指を踊らせながら、SE担当のマニピュレータ。

あがたさんの音楽は自分にとってセンチメンタルという一言に尽きる。
二十代始めの辛い頃と、それこそ危うい細い綱渡るような最近も、あがたさんのメロディに慰められる。あがたさんの歌を聴いて泣いてみれば救われる気になる。
聴き始めた頃はともかく、去年あたりからめそめそしたい気分の時に聴ければとりあえず気持ちは晴れる気がする。
でも実際の歌声を聴ける機会はそんなにあるわけではなく、今回もほぼ一年ぶりだろうか。前回は青山円形劇場の新譜発表ライヴだった。
今日の曲目はあがたさん曰く、静かめの歌が多いということだったが、ツボを押されまくってマイリました。
menu
かぼちゃはポティロン/空飛ぶ理科教室/雪ヶ谷日記/冬のサナトリウム/24時間の瞳/億光年の岩で転げてる/手品のワルツ/黄昏歌劇/リラのホテル/いとしの第六惑星/赤色エレジー/山羊のミルクは獣くさい~佐藤敬子先生はザンコクなひとですけど/百合コレクション/E渚のロキシー/大寒町

終わって、すこく救われた気持ちになって外に出たら、案外空気は冷たくってくしゃみが出た。
昼間、歩いていたときに目をつけといた居酒屋で三人で食事。
時間が短かったけれど、いろいろ数々楽しんで松本の夜は更けて。

« もうどうでもいいことはどうでもヨイとする | トップページ | 観光 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もうどうでもいいことはどうでもヨイとする | トップページ | 観光 »