« 連休 | トップページ | 「次は、少年よ、を歌います」 »

2005/09/24

見舞い

これについてはいろいろ経緯あって、自分的に覚え書きしとくのもメンドくさいし頭にくることも多かったから早く忘れようと思うので、OBとのやりとりは省略。。
陸上/野球のKさんの顔を見に、昼休みにIさんといっしょに市民病院へ。
土曜の病院は外来がないためか閑散としている。
病棟へ行ってみると、Kさんはすでに退院していた。
…という話になっていた。
見舞いの花があるので、そのあと、外で買い物ついで自宅に持ってくが留守。
出直そうと思って事務所に帰っていると、Iさんから電話、訊いた看護師さんのまちがいだったらしい。
同じ病棟のちがう階に病室があった。
Kさんは急速に老けたような弱気な表情で、しかし顔色は悪くなく自分で体も起こせたし案外経過はよいようだった。こういう人の常で(^^;、おなかの傷跡を見せられる。
切開はなく内視鏡術で切除したということなので、そんなにダメージはないようだ。
いろいろ話したいことも山々だったけれど、親戚の人がきたのですぐに帰ることにした。

これからどこへどう転がっていくのかわかんない。何かナゲヤリな気持ちにもなる。

« 連休 | トップページ | 「次は、少年よ、を歌います」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 連休 | トップページ | 「次は、少年よ、を歌います」 »