« 怪人あらわる | トップページ | 満を持して? »

2005/10/08

彩の国

wmf051008a
ワールド・ミュージック・フェス~ジプシーの季節(とき) time of gypsies~
という催しがきょうから二日間、さいたま芸術劇場で。
映画や音楽にペインティングなどのイベントがたくさん詰め込まれるらしく、二日みっちり過ごせればすごく濃密な時間を楽しめそうだが、そういうわけにもいかず一日目のメインイベントである「ファンファーレ・チォカリーアvs渋さ知らズ」だけ見にいく。

渋さ知らズ、CDは一枚家にあった気がするがライヴはたぶんはじめて。
はじまったとたん、頭の中に何か熱いものをぶちまかれてあふれ出た気分になる。
ジャパニーズ・ファンク?とにかく気持ちのよい疾走感がめぐる。
ファンファーレ…は、これもまた豊かなハーモニーのブラスがぶりぶり駆けまくる。
正直、ステージとは関係なく日常のいやな記憶が頭の中をよぎる瞬間もあったのだが、自分の体の思考部分以外はそんなことは受けつけず、素直に音を受け入れていたようだ。
アンコールは、両バンド合わせての文字どおりお祭り騒ぎで幕を閉じた。
総勢50人くらいはいたんだろうか、和洋ブラスにベリィダンスと舞踏が絡まり合って壮観だった。
wmf051008b wmf051008c wmf051008d
で、終演後はお決まりのロビーコンサート。
生音は、いい。

« 怪人あらわる | トップページ | 満を持して? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彩の国:

» Fanfare Ciocarlia (ファンファーレ・チォカリーア) 〜検索〜 [【ponty's music lounge】]
今、バルカンブラスが熱い!10月の来日公演に向けて今から聴き込んでおくべき音をそろえてみました! [続きを読む]

受信: 2005/10/16 04:39

« 怪人あらわる | トップページ | 満を持して? »