« 日ごとにうつろになる | トップページ | 紅葉 »

2005/10/29

そう、どうにでもなる

のだろう。
なんだか自意識過剰と厭世観の中で揺れている自分に自己嫌悪。
自分がいなくても回るでしょう、世間は。

だからもう常に自分を失っていたい気持ちになるのだろう。

でも、今はひとと話していると安心できるんだな(その時だけ)。
今以前の職場ではほとんどゆったり話している環境になかった。
今の状態、今までよりは安らげるとは思っているけれど、自分的に慣れないことになっちゃっててストレス感じてるのかなあ。
音楽聴きながらへろへろしていられるのが一番イイ時間なんだろうな。

夜、遠方より友来たり。
久しぶりに長野駅前に出てみたら、けっこう様相かわってて吃驚。
三ヶ月前まではちがう店があった場所で、威勢のいい兄ちゃんが注文聞いてくれる新しい店で焼酎談議しつつ暮れる夜。
自分は焼酎もよくわかんないしー(ふだんは速攻爆酔のアルコール50%以上ウオトカ)。
うまいおでんとかつまみながら、こういうことが自分の幸せなんだと実感するよい時間。

でもメチルアルコールやって逝っちゃう人の気持ちも少しわかる (ほんとか(^^;)。

« 日ごとにうつろになる | トップページ | 紅葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そう、どうにでもなる:

« 日ごとにうつろになる | トップページ | 紅葉 »