« 最近の往き帰りの音 | トップページ | 蕎麦 »

2006/10/06

ラーメン

ファンタジスタ(へんなの)。
地元誌とコンビニの企画で、来月のラーメンイベントと連動してデパートの特設会場にて県内外のラーメン店が合作メニュウを出す企画が先月から三か月間行われている。
まごまごして行かないまま、一回目の京都特集は一昨日で終わってしまい、今日から九州特集の第二弾がはじまった。
当初はけっこうな行列があったようだが最近は全然平気だという話で、でも今日からメニュウが替わったからどうかな?と思いつつ夕方にぶらぶら足を運んでみたら、あいにくの雨のせいもあるか、すぐに席に着く。
実は九州といえばトンコツ、のラーメンは実は苦手なのだが、行ってしまった勢いで注文したのは新潟のお店と、市内でたぶん最も成功している系列店の人のコラボ(笑)。
「桜島紅炎」というネーミングの、鶏ダシ塩スープの一品。
しかしながら、ルックスからしてこれはもう「九州」ではない?
Sakurajima061006_1
赤い香味油(パプリカらしい)が浮いたスープの上には白いストレートな麺と温泉卵、それを彩るのはリーフサラダのような葉っぱと細かく刻まれたベーコン(チャーシュウも)。
そしてその麺の歯応えはラーメンというより、むしろパスタ?
九州ラーメン食いにきて、思いがけずイタリアンな気持ちになってしまった。
そういえば都内などでは洋食指向なメニュウを出す店もいくつかあったかな。
これはこれでたいへんおいしくて満足だったけれど、この企画では毎月後半に出てくる「なつかしの中華コラボ」という昔ながらの…風なものに惹かれている。

« 最近の往き帰りの音 | トップページ | 蕎麦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン:

« 最近の往き帰りの音 | トップページ | 蕎麦 »