« 三時のお茶 | トップページ | ゆうがたフレンド »

2006/11/03

佐藤敬子先生は

ザンコクな人ですけど
あがたさんの新しいファンクラブがスタートしたようだ。
休止中だった今までのには、15、6年在籍したのかなあ、社会人の場合、会費が年10000円だった。総じれば会報も不定期だったし、でもたまにゴージャスなプレゼントも届いた。
最近のあがたさんのアルバムで一番リピートが多いのは、佐藤敬子先生のやつ。
一聴して意味不明な歌詞だけど、何を言ってるかはわかる。
それにシンパシーは感じないし、まあどうでもいい内容なのだが、この曲、聴いていると妙にハートの琴線かき乱すのである。
ライヴでもうるうるくるのは、この曲とこれに続く「けものクサイ」。
こもっている気持ちに感動するのだろうか。
また生での敬子先生、聴けるときが待ち遠しい。
Keikosensei061103

« 三時のお茶 | トップページ | ゆうがたフレンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤敬子先生は:

« 三時のお茶 | トップページ | ゆうがたフレンド »