« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007/04/30

人形美術館

Museum070430a Museum070430b
3月にオープンしてからきのうで1万人を超えたとは、行った後に読んだ地元紙で知る。
それで館長さんがいらしていたのか。
ギャラリーで、制作の動機とかキャラクターの由来など説明されていた。
展示は「三国志」メインだけれど、一部「死者の書」のものもある。
入場者は割と年配の女性が多く、熱心に見入っていた。
Guanyu070430
関羽さん

帰路は北上、ガイドブックを見ると必ず上位に名前が挙がる駒ヶ根の店で一時間ほど並び、ソースカツ丼。
Meijitei070430 Katsu_don070430
ごはん少なめで頼み、食べ始めてみるとカツとのバランスがちょっと微妙かな、とも思ったが食べ終えてみれば自分的にはかなりヘヴィだった(^^;。
観光客気分満喫。
Donman070430
おみやげ

| コメント (1) | トラックバック (0)

2007/04/29

南信ちょこっと旅

ご近所さんと乗り合いで飯田方面へ。前回のツアーは日帰りで昼宴会だったが、今回のは一泊なので夜宴会。
塩尻から高速に乗るというので、一度は行ってみたかった念願の店で昼食。
休店中だった頃、通りかかって場所は覚えておいた。
Ryouga070429
まだ食べ終わる前、あとから入ってきて座敷席で食べていたおばちゃん二人組が替え玉をコール、その時はなにげに聞き流したが実際に運ばれるのを見て改めてびっくり。

元善光寺。
Motozen070429a
善光寺という名の寺は日本全国にグループを組むほどあるけれど、長野の善光寺と直結なのがこちら。
Motozen070429b Motozen070429c
規模的には町なかのふつうのお寺という感じ。

Uma
夜宴会。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/28

ポルナレフ

Amazonに頼んどいたCDだが、かなり待たされて届いたのが商品ちがい(しかも別ミュージシャン)、あげく、それは取り扱いできない旨の報せがきたので、返品してタワレコで注文し直したらすぐにきた。
Polnareff070428
新作だと思っていたこれは、そうではなくて時系列に並べられた5枚組のアンソロジーだった(輸入盤にしてもいやに高いなとは思っていた。予定Amazon価格で四千円台、実際には六千円台)。
ここではレーベル枠もなくなった。
1975年前後の作品は以前に何種も出ているベストには決して収録されなかったのだ。
そして、初期のものなどはビニール盤でしか聴かれなかったものも何曲か入っている(たぶん本国でも同じ事情)。
さらに、どんな事情か知らないのだが1999年に発売されてすぐに回収廃棄されてしまったというシングルも。
また、年頭に手に入れた新曲も。
今、ヨーロッパで行われているツアーでのバックバンドはヘヴィメタルだという情報も聞こえてきている。
伝説化して久しいポルナレフの生々しい存在感が見えはじめた。
Launch070428
近所のパン屋は小さい店内がいつも混んでいて、タイミングを見計らわないと何も買えないことがある。
玄米パンのサンドイッチを買ってみた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/27

歓送迎会

課の。時期的には遅めだけれど、四月は頭からイヴェント続きだったから。
50人も集まるととても全員とは話せない。

なんとかやり過ごして、やっぱりラーメン。
10人ほどで宴会場の近場だった鶏スープの店。
気になっていた三月限定のメニューがまだ継続していた。
ほかのみんなは醤油や塩だったけれど、Tくんと自分はコレにした。
自分のは麺少なめ。
G_style070427
なんかコレ系、ハマってしまったようだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/26

あかんべえ

ゲド後の昼休みの読書。
宮部みゆきの時代小説。
題材からすれば、解説どおりりっぱなホラーになってしかるべきだが。
死霊が出てきても怖くない、人情小説なあたり、いいよなあ。
宮部さんの作品は現代から少し離れたあたりが、なんの疑問も感じないでいい感じなんかも。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/25

水面上昇1mm(推定)

ウチとも連携する市内最大の浄水場。
今度稼働する配水ポンプの試運転。
その作業の手伝いにかりだされる。
そのポンプ設備は5年ほど前に完成してはいたのだけれど、配水ルートが未完のために今まで運転はできなかった。
本日、浄水を送水するが、それをいきなり配水は出来ないから、河川へ放流する。
で、国からの指導が入り、放流付近の水面変化に対する安全確認をしなさい、と。
Saigawa070425 Saigawa070425b
Oさんと自分に割り当てられたのはその監視。
昼前はスケジュール遅れ気味ながら、うーん、なんだかねえ、てな感じにゆるゆる終了。
順調かと思いきや、その後はやんごとなき事情により中断中止(もう書けない)。
Saigawa070425c
河原の石の並びが美しい。見ていてあきない。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/24

タイヤ新調

Tire070424
してみた。
車検後、すごく調子がよいので、連休にトバすのがちょっと楽しみ。それまでに慣らしとこう。
連休にトバせる機会があるのか?ってのはあるけど。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/23

ゲート修繕

ようやく、取水口が修繕できる状況になる。
とはいえ、県が故障の原因を特定して国と協議、その後の工事許可なわけだからいつになるかわからない。
こちらとしても自分の都合で動くわけにはいかないから、朝から夜まで現場立会といった感じ。
とりあえずダム水位を下げて水没している放流口ゲートの状態を確認する。
県の人は写メなども駆使して現場の状況をやり取りしている。
Genba070423
待って待って、夕方になってやっと許可が出る。
修繕と試運転だけだと実質1時間くらい。現場から戻ったら暗くなっていた。
Beforeafter070423
破損して交換した部分。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/22

ダイアローグ

ダイアローグライターってのが、むかしの映画のクレジットにしばしばある。
ようするにセリフのコーディネータなんだけど、別に一般の作品ならばどうでもいいけど、気に入ってるドラマなり映画で頓珍漢な表現されると興ざめ。
演劇で、ことばは重要な要素。ヘンならヘンでいいんだけれど、マヌケとか、ちゃんとした文脈にそってないことばはマイナス要因でしかないです。
ダイアローグ、もう少し重要に扱ったらどうですか?
と思う作品多し。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/21

太陽の皇子

まだ長野にもインディーズや外盤販売で信頼できる店があったころ、故北村昌士さん主宰のバンドの12インチを買った。
これは「太陽の王子ホルスの大冒険」主題曲のカヴァー。
なぜこのバンドがこの曲?と思いつつ、ノイズバンドが奏でるアニメソング堪能。
まだそういうことが一般的でない(アニメタル以前)ころ。
きょうは、自分的東映まんがまつり、開いた。長猫、すばらしすぎ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/20

徒労感

きのうは久々真夜中まで残業。
ここと連携する浄水場の、新しい送水ポンプ試運転に伴う洗管作業(の手伝い)。
これが稼働しないとうちのバックアップ体制が整わない。
しかし、やってるうちにどっちが主だか従だか、やって効果あるのかどうでもいいのかわかんなくなる。
だいたいが午後の実施間際になって予定を聞かされてのなしくずし的な残業。
去年からこんなんばっかで、何の手応えもなく疲れるばかり。
こういう感じがGWまで続くのだな。もうどうでもいいやあ。て感じだ。
Egg070420jpg

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/19

焼肉

「プルコギ」サントラ。
マミメリが音楽で参加している。
うち一曲で歌っているのはヨタロウさん!
Fire
いつかの。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/18

備えあれば憂いなし

とはいうものの。
Dam070418_1
ダムの取水口上流から。
制御の利かない取水堰のゲートが落ちてしまって取水が遮断されてしまった場合、ダムの放流口がある部分に置いた水中ポンプで強制的に取水堰へ水を汲み上げる。
右側のホースが突き出た底に円筒型のポンプが10台沈んでいる。
この樹脂製のホースはどこにも在庫がなくて、きのう広島のメーカから届いたそうな。
ほかの浄水場からのバックアップ機能が整う今週末までの緊急体制。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/17

菜の花の

Na070418
いい時期なのに…。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/16

OBの会

昨夜は無事に過ごせたものの、きょうはそのことの対応で朝からドタバタ。
しかしなにぶん故障している設備は県のものなので、基本的にはこちらから動きようがなく、なんとかしてもらえるのを待つ状況。
そして万が一対応の準備。
そんなわけで夕方から予定していた飲み会だが、遅刻。
串揚げの店。
Tadaima070416
先週のとはちがいリラックスしすぎて大騒ぎ。
二次会の後は念願の(^^;ラーメン屋さんにようやくたどり着き、炙りチャーシューでイッパイ。
Tyasyu070416
シメのラーメンがシアワセ。
Django060416

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/15

桜はピークだったもよう長野市

Sakura070415
夕方、ちょっとヤな電話。
うちの取水施設の上流にある県所轄のダムの放流口のゲートがイカレているらしい。
いつ壊れても不思議はないから、そうなると取水不可の可能性があるので、いつでも出られるような体勢でいてくれ、と。
飲めないって?
まあ、そうなれば出てったところでどうにかなるもんでもないし、たぶんそれはないだろうと思うが、一応そういう姿勢で、ということだから酔い潰れるのはやめることにする。
今夜、眠れるだろうか(^^;。
Bread070415
きれい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/14

やぶにらみの暴君

「王と鳥」DVD。
O_sama070414
正直、「カリ城」知る前に見なくてよかったと思う。
影響どころか明らかにわかってマネしてる部分も窺える。
もっとも「カリ城」は制作会社が海外に進出するためのスタッフ養成習作であったという側面もあるらしいから、それらの描写は意識的に取り入れていたのかもしれない。
それとは別に、こんなおもしろすぎる世界観や美術設定を持ちつつも、最後まで閉塞感を拭わない物語に対してのフラストレーションから、同じものを使って一本スジを通したエンターテイメントを作ってみたかったのかもしれないとも思う。
アニドウの何かのムックで見たなみきたかしの近影は、ここに出てくる目の不自由な辻音楽士だったのか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/13

翌日、夜の部

夕方から、鮪の頭が出る店で職場の歓送迎会。なんとなく進行役になってしまう(店決めたのもオレだし)。
話題がない場での飲みはペースが速い。がんがん進んで口が滑らかになると大盛況になった。
この人たちがこんなに和やかになるのを見たのは、初めて見る気がする。
けっこうな量の食事が出たはずだが、あとでラーメン行こうと思っていたので適当につまんであとはひたすら呑む。
で、ラーメンはというと、同行が多くなってしまったのでいつものお店には入られず、その近くのお店。
みんなにはふつうのを勧めて(うまいのでほんとにお薦めだから)、自分は小耳にはさんで気になっていたアレにする。とはいえ「並」の方。うわっホントにナマキャベツの千切り!
Namijiro070413
転出する、味噌ラーメン好きで大盛り好きの一番若いTくんには「ナマ」を勧めたら食べてくれた。
こっちはさらに山が高い。

| コメント (1) | トラックバック (0)

2007/04/12

係会

というのを隔月ですることになっている。
本年度第一回目、開催。
うちらのような職場は年度またいでも業務内容が変わることはないから、よほどのことでもない限り職場の雰囲気も変わらない。
しかも今年はメンバーも最低限の変更だったので、あいかわらず「どよ~ん」感が漂っている。
基本的に個人でする仕事ではないので、かなりヤバイ気はするが、民間委託も視野に入っているし、閉塞感は致し方ないところ。
強力なキャラクターがいればちがう感じになるんだろうが、うちの職場には脇役タイプばかりだからなあ(^^;。
少し風向きも変わる予感があるけれど。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/09

「人柄が信頼できる」

これは選択肢として用意された回答なんだろうけどね。
世の中に、会ったこともない人の人柄を信頼できる人って存在しうるのか?

↓、ラーメンルポしてるよ(笑)。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/08

行っときたい店

まだきょうあたりも汗だくにはなるまいと思い、またラーメン食べに出かける。
まあ、しばらく前の宿酔い閉じ籠もりの週末よりはよいだろうと。(宿酔いだけど(^^;)
しかし、TV局近くの行っときたいと思っていたお店は日曜定休。
代替で、善光寺前に三店舗目を出した店の県庁前店(ややこしい)にする。
せまい店、老夫婦、家族連れなどがぞくぞく入ってくる。常連らしき客も多いようだ。
うしろの方で「がちん」とジョッキのうらやましい音が聞こえる(^^;。
「昼はライスがサービス」いえ、け、けっこうです(^^;。

本店しか行ったことはなく、しかもかなりのご無沙汰なので、味の記憶はほとんど薄れてる。
その本店は確か説教くさかった印象が。
運ばれてきて、やはりいつか聞いた調味料の使い方のアドバイス。
Katsuotenten070408
鰹がきいたやさしいスープ。シンプルな構成、あまり凝った感じはないが基本で勝負している感じ。
太めのもちもちした麺をすすり、ナルトやチャーシューをかじっていると、多めのねぎが徐々に主張しはじめる。
スープでねぎをほぐして、お薦めの七味も使わず食べ進んでしまう。
するするとお腹におさまり、いつの間にかスープも全部なくなった。
ねぎが苦手な人にはツライかもしれないが、そういう人の気持ちがわからない自分としては、ねぎが主張しつつもやはり主役はスープであり、麺であったと思う。
Negi070408jpg_2
割と価格が高め、しかも夜は昼間の5%増しになるのであるが、夜が高いのではなく昼間の方が消費税サービス、ということなのであった。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/07

ぶっかけそば

クルマの中が暑くなる季節になってきた。そろそろラーメンはキツイかと思いつつ。
東池袋大勝軒オマージュシリーズ。
Bukkake070407
雑誌の記事から「おしぼり」風のつけ麺かと思っていたら、ここに大根おろし+たれ(+鰹粉)をかける。
考えてみればふつうの冷やし中華のスタイルではないか。
期間限定だそうだけど、夏はこんな冷やしはいいかも(レギュラー希望です)。
これは店内のメニューにないので、きょろきょろしていたら「経営者募集。暖簾分けします」旨の貼り紙が。
うーむ…。
「ぶっかけ」注文すると、これ用のたれ小分けがいただける。
「たまごかけごはんやチャーハン、なんにでもお使いください」ということで、醤油好きな自分にはかなりウレシイ。
Tare070407

メインメニューの中華そば。
Shohryu

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/05

070405

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/04

横倍角

新しく赴任する職員向けにマニュアルを印刷する。
070404
ワープロソフトで作られているのだが、むかしはフォントサイズが不自由だったので、半角、倍角なんてので体裁を整えようとしているから、今見るとなんだかヘンだ。
自分は顔がでかいので髪がのびて耳が隠れるようになると、横倍角呼ばわりされることがある。
きょうはまた寒い一日。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/01

烟る街

黄砂?
東池袋大勝軒インスパイアメニューが県内何店舗かで限定販売。
ちょっとヴィジュアルに惹かれた市内の店に行く。
Hanataba070401
なんとなく昨年ラーメンファンタジスタに出ていたビジエを思わせる色取り。
けれど、こっちのはしっかりと魚節系スープ。
麺はこの店ウリの黒小麦ではない。
トッピングがとてもキレイ。頭だけちょっと取って黄身の顔を見せてる味玉も斬新。
…あとで反芻して、なぜか同時にコンビニ系高級カップラの味も思い出す(^^;。
帰ってちょっと検索してみたら、京都のお店などでも似たようなルックスの限定品を出しているようだ。
いかん、ラオタだ(^^;。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »