« 小学生 | トップページ | 殺傷事件 »

2007/05/31

バンドネオンの豹

あがたさんをリアルタイムで知ったのはこのアルバムだ。
ワールドミュージックの席巻時代で、世間ではなにやら似非タンゴがもてはやされていた?(いまだ当時のアレがタンゴとは実感できないリズム音痴ではある)
それから、過去作を遡って、耽溺の時期を過ごす。
これを知らなければソレにもコレにも出会えなかっただろう。
あの人この人とも知り合うことはなかったのだろうなと思う。
スタンダードを奏でながら、ニューウェイヴでもあったな。
今のあがたさんは自然体過ぎて、当時の自分が感じていたエキセントリックな表現者とは遠い気がするのだけれど、今の歌にひたりながら、あの頃の雰囲気もいま一度!という欲求もある。
後追いながら感じ得た、それ以前のバンド時代の、そしてそれよりも以前の泣き節時代の感じも、今後また新しい感覚で受け止めることができればよいのだけれど。
Jaguar070531_3


« 小学生 | トップページ | 殺傷事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バンドネオンの豹:

« 小学生 | トップページ | 殺傷事件 »