« | トップページ | ひと締め »

2007/07/19

セミクラシック

新しめの古典音楽というか20世紀以降のクラシック?
割とイージーリスニングっぽいクラシックという認識だった、昔むかしの音楽鑑賞の時間。
20世紀に入ってからの純音楽作品といえば現代音楽という言い方もあるが。
そんなケテルビーやバルトークなどの作品も取り上げたタラフドゥハイドゥークスの新作は、そういう選曲のためかなんとなくお勉強くさい。
9月に来日予定。やっぱりライヴがよい。
Inner070719
けっこうツィンバロンの存在感が大きい。

« | トップページ | ひと締め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セミクラシック:

« | トップページ | ひと締め »