« 終末 | トップページ | このまま »

2008/05/25

スーパーエッセイ

の時分から椎名誠はけっこう読んでいて、SFやら映画やらブンガクに向かったあともしばらくついて行ってたのだけれど、少し前から行方を見失い、「本の雑誌」もここ数年読んでいなかった。
で久方ぶりに見かけた食い物系の出版物。
Sina080525
「食えば食える図鑑」はなつかしの「食えばわかる図鑑」ぽいタイトルに惹かれて。
「麺の甲子園」、いきなり「麺食いがしがし団」など結成しての行動となるが、今となっては後追いの「麺通団」に食われちまってて、なんとなくパクリぽい。
もともとシーナさんたちの方が先だったはずだが、元ネタ知っていながらそういう印象だったりする。
ちなみに、この麺の甲子園には長野県は出場できてないらしい…。

新刊情報もままならなかったりするが、しかし改めて思うが、情報は、早いと思われるネットに頼るより、十年前頼ってた活字の方がよほど貴重。当然早いはずのネットは取捨選択が自由なのでうっかり捨てちまう情報が多い。
というか、やはりポジティブに情報収集に行かないと見過ごしてしまうのだな。
その点、関心あってもなくても読めば自動的にわかってしまう情報源ってやっぱよいかも。
ライヒの関東でのコンサートがソールドアウトって、すごく残念。

« 終末 | トップページ | このまま »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スーパーエッセイ:

« 終末 | トップページ | このまま »