« ぶしもり | トップページ | キノコ »

2008/12/19

景気悪化のご時世に

つまんない話、重なる。
自意識過剰の病気できょうから一か月の自宅療養になる職員が出た。
ぜったいに過酷とはいえない職場条件だと思う。今朝、話したときのいかにも「それ見たことか」な目つきが気になる。まさにこいつは病気だろう、な視線。
個人的な事情は知らないが、職場のせいだと言うならば、困った「かまって君」だ。
こいつはそれが顕現する前からのトラブルメイカーだった。
しかし休職含めて療養休暇が六件目である。不健康な職場。人事にも問題ないか。
も一つ。
作業の重複。
ばかばかしい三度手間。最初からきちんと計画すれば一度ですんだはず。
これは自分は基本ノータッチのことだったが、はじめから積極的に関わっておけば、と後悔。
無計画、思いつき行動の、今年からの上司に振り回された。
今年はまだあと一週間あるんだけれど、乗り越えられるのか。
あと一度、イベントの予定がある。

Sanma081206
伊勢講にサンマを焼いた図

« ぶしもり | トップページ | キノコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 景気悪化のご時世に:

« ぶしもり | トップページ | キノコ »