« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009/02/28

信州中野IC

近くにまたラーメン屋ができたというので出かけてみるが、なんと休業日。
ここまできたならその近くのあの店に行くしかない。
Sougen090228 Siam090228
白湯とアゴ出汁のラーメンと、調子にのって地鶏の卵かけごはんも頼んでしまう。
またまたビールがほしくなる(^^;。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2009/02/25

気になるちらし

Frayer090222

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/24

送別会

部局全体の、退職者を送る夕べ。
自分が若い頃に今の自分と同じくらいの年格好だった人たちが、続々辞めてく年回りになっている。
飲んで話しているうちに宴は進み、今回も割り箸を開かずに終わる。
で、例のごとくラーメン屋で酔っぱらおうとツマミにメンマを取って焼酎あおっていたら、あろうことか締めラーメンが食えない状態になる。
Menma090224
まあ、メンマの量も量だったけど。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/23

翌日

午前に帰って午後には仕事に出るつもりだったが、昨夜の余韻もあるので一日休むことにする。
宿はJR系のホテルだったが、ここも朝食サービス。
Breakfast090223
ふだんは摂らない朝食だけど、雰囲気が変わるとなんだか旨く感じるので、こんなホテルに泊まったときには思わずいただいてしまう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/22

アラカン

around還暦、そうですか。
あがた森魚ライヴの集大成的コンサートat九段会館。
この一年間のツアーで弾き語られた曲以外に、生では初めて聴くものも多い。
スクールデイ、デパートメントストア、そしてパールデコレーションの矢野顕子デュエット。
自分的にも、あがたに染まった時代がアタマを駆けめぐる。

唐突に分厚いオーケストレーション(オーケストラじゃないけど)とともにマドンナKのフレーズが歌い上げられる。
どきどきしている次の瞬間、赤い女の人がステージの袖に現れて、オリジナル「最后のダンスステップ」が再現される。
最後近くには当然、佐藤敬子先生。全部これに収束する。
ジパングボーイは先生のために。
Zipangboys090222
SET:
MEZCAL/淋しいエスキモウのように/僕は天使ぢゃないよ/手品のわるつ/ くるりくるりと/るるもっぺベイ・ブルース/二十四時間の瞳/空飛ぶ理科教室/リラのホテル/夢見るスクールディ~つめたく冷やして/サブマリン/ノオチラス艦長ネモ/パール・デコレーションの庭/デパートメントストア/1970ハネディアン/星のふる郷/月曜日のK~最后のダンスステップ/清怨夜曲/君はハートのクィーンだよ/赤色エレジー/骨/(En.)たそがれる海の城/佐藤敬子先生はザンコクな人ですけど/大道芸人/大寒町

| コメント (1) | トラックバック (0)

2009/02/21

善光寺へつけ麺を食いに

長野で濃厚魚粉つけ麺の先鞭をつけた店が、仲見世で出しているというので観光客に紛れて出かけてみる。
この日は、参道で外国人向けの善光寺案内ボランティア研修が行われており、そこかしこに外人さんを含めた人だまりができていた。
Sando090221
そこは、軽食も食べさせる旅館だった。
麺がちがうが、スープは印象にあるあの店まんま(ちっと具が少ない気が)。
Bushimori090221
器が上品。木製で軽いから飛び散らないように手で持って口に寄せて食べるのも苦にならない。
しかし軽食の店とあって、昼時なのに店頭でおやきやソフトクリーム、甘酒などの注文はあるが、中で腰を落ち着ける客はいない。店先では鬱陶しいほどに宣伝を打っているが、いつまで食えるか?って感じ。
麺が細いからスープがよく絡んで旨味が大量に口に残るから、寺前ながら思わず般若湯とか欲しくなる(やらなかったけど)。
Bushimori090221b

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/20

花束を用意する

Flower090220
いよいよ送別会シーズン。
今回は幹事の端くれとして末席を汚す身なのでバクレるわけにもいかず。
案外盛り上がらず、全体的に高齢化しているので酒も進まない。
Table090220
雨の中、主賓を送りなんとなく解散。
それにしても会場になったのは郵便関係のホテルだけれど、本日はどの宴会場も身内だけで埋まっていたようだ。
Resshi090220
酔っぱらうためにラーメン屋へ行くが、焼酎がないというので生ビールと冷酒で。
店内では"長野のカリスマ"だという店主がTVの取材を受けていた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/14

S.V.D

チョコレート、今でも普通に売ってるのが一年前くらいから冷凍庫入りっぱなしだったりするから、一粒1,500円のゴディバなんか入手しても、いつ食べるのか。
めずらしいからすぐに食べるか。って、そんな心配しないでよいか。
そういえばいつぞやの広島限定ペロティもひとつまだ冷凍庫にあるな。
Senbei090214
最近はこういうのとか、あ、肉屋の店先で見かけたけれどコロッケなんてのもある。
チョコより早く消費はできそうだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/13

二十世紀関連

ウチにもう一枚、地球防衛隊のがあったはず。
20th_century090213
関係ないが、浦沢さんの某TVアニメ化作品ではデイヴィッド・シルヴィアンが主題歌を歌っていたのだよなあ。
既成曲使用ではなくて、この音楽のために歌わせていた。
しかもシリーズ後半の主題歌はフジコ・ヘミングだった。
さらに関係ないが、二十世紀少年読本のサントラ、再発待ち望む。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/12

NOODLE STAR HG

上越の行列店に行ったら、開店前だというのにほんとにとんでもない行列。
あきらめて近くの別の店に。
ここも今売ってる地方誌の特集では、その行列店に続き二番手で紹介されている。
新潟ラー博の県内外若手対決企画でグランプリになったというメニュー。
Ggh090211
黄金色のスープにひたった素ラーメンぽいのと具だくさんの油麺ぽいのがセパレートで出てきた。
食べ方が示されていて、最初にあっさりスープにひたった麺を食べたあと、そのスープにイタリアンぽいテイストの油麺を投入。
こってりした感じの塩ラーメンに変化。
こちらの麺はやや太め、具はベーコン、白髪葱と"HG"=はまぐり。
なかなかおもしろかったが、スープ麺の方を発展させるとすごいいい感じの塩ラーメンになりそう。

食べて外に出たらけっこうな待ち客が。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2009/02/11

なんだか気持ち悪いほど暖かい夜だが、ふらふらと鰤を食いに。
Buri090211
刺身、カマ焼き、ブリ大根と鰤づくし。
肴が肴なので久しぶりに日本酒もやってしまう。
もちろんビールも焼酎もやってしまう。寒ブリ堪能の夜。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/10

蕎麦屋

もう一店、蕎麦屋のラーメン。
合鴨や海老を使ったゴージャスなものもあるけれど、とりあえず基本で。
煮干しのまろやかなスープ、薬味のネギの効き方が蕎麦屋っぽい(なんだそれは)。
ここは蕎麦つゆも煮干し味があるそうで、それも興味深い。
Nagomi090209
最近、長野市のはハヤリ追究路線が露骨というか、おんなじ傾向のばかりが多い気がする(結局系列店舗だからか)が、松本はバリエーションが広い感じ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/09

鯵醤油

クルマで松本に来たのだから、ということで、郊外のラーメン屋。
開店以来、もうずーっと気になっていた店、昼時に団体さんを差し置いて席に案内される。
基本メニューのこれはオプションなしだけど、なかなか満足度が高い。
Chomolungma090208

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/08

かっこいい指揮者

Royyalchember090208b Matsumoto090208
松本に来たので聴きに行った。
プログラムは、ウェーバー/オベロン序曲、ショパン/ピアノコンチェルト1番、ブラームス/シンフォニー4番。
颯爽と、流麗な後ろ姿。
二番目のプログラムでアタマがリラックスしすぎてちょっと意識が遠のく(^^;。
休憩のあと、本日の白眉、ブラームス。
そしてアンコールはハンガリー舞曲。
第一ヴァイオリンの位置がいいかも(失礼)。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/07

あしたの予定

Royyalchember090208

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/05

花音

Canon090205
こいつは年末に入手して愛聴しているもの。
自分があがたさんのライヴに行くようになった頃、バックバンドにここの鈴木惣一朗さんと昨日のバンドの桜井芳樹さんがいた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/04

咲いた

弦が響く音楽。
やはりリアルがよいのだろうけれど。もう二年ほど聴いてないか。
Blossom090204

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/03

文字だけの

孤独グルメ
どうやら、文庫版あとがきの方向での作品らしい。
いちいち納得できる。てか、もう少しボリュームがありゃいいのに。
Nobushi090203_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »