« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009/03/28

イベント終了

結局、25日から28日までかかって終わった。
25日、工事に伴う浄水処理停止が8時間ほどあり、原水水質の状態もよくなかったことなど起因して、その復旧がうまくいかなかった。
さいわいバックアップが整っていたので事態には及ばなかったし、時間をかけてなんとかなった。土曜の夜までかかった。
役所的に上層部への弁明など、不愉快なことは多々あれど、どうにか収束した。
面目もヘチマもない結果ではあったが、自信はついた。
次に何かあっても、おそらくもっとスマートに対応できるだろう。
疲れた。
Nagaden090315

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/24

案件

いよいよ最後の現場事務所も撤去される。
建物の工事をしてくれたこの会社の代理人さんは、会社の規模縮小により今年度限りで退社だという。
この工事の設計を担当してくれて、今も別件でお世話になってる設計事務所の設計士さんは家庭の事情でやはり四月以降の退社。
みなさん、最後までこの施設のために尽くしてくれた。
さて、その施設では今週は最後のイベントウイーク。山場は25日と27日。
年度末で、職員のモチベーションはだめだめである。
月が変われば関係なくなる人間は、引き継ぎだ、有給だ、とまるで既に外にいるかのような振る舞い。
引き継ぎにそんな時間かけるような高級な仕事かよう?とでも言いたくなる。
残る人間にしても誰も積極的に自体に関わろうとはしない。
こんな公僕はうちの周りだけだと思いたい。
Japan090324
おめでと。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/22

極魂

病室用の本を買いに書店へ。
ふろくに極魂がついた雑誌があったので、つい自分用に買ってしまう。
Hibiki090322
長野県官公庁の職員録なんてのが売られていたので、開いてみる。
なんと自分の名前が。
むかしどっかで見かけたことはあったが、いまだに市販していたのか。
Okazawa090322
蕎麦屋で中華そばを食う。
お店の人も蕎麦ばかりでなく、あいまにラーメンや丼物を作っていた方が仕事のリズムにアクセントがつくのではないか。などと勝手なことを考える。
隣の席の玉子丼のたまごっぷりがトロトロで輝いて見えたので。
中華そばも、最近の「研究してます工夫してます素材にこだわってます」的なところが皆無のシンプルなものである。

| コメント (0) | トラックバック (1)

2009/03/21

スープはタレのお湯割り

このスタイルの本家では麺も乾麺だという。
去年のラー博では、県内店で最長の行列だったのではないか。

レギュラーでもチャーシュウが五枚も入っている。
チャーシュウ以外の要素は、ちょっと印象弱いかな。
Umenoya090321

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/20

三連休

きのうは人事の内示もあった。
所用で休みを取っていたのだが、夕方、職場のNくんにメールで訊いた。
どうせ次の年限りの職場であるから大した動きはないだろうと踏んではいたが、そのとおり。あと一年、修羅場は続く。
いろんな意味できのうは疲れたが、よく眠れないまま朝になり、雨混じりの風が強かったが、雑用雑用で外出。
昼にはまたラーメン。
製麺器を導入してからは初めての店。なるほどこの自家製麺はうまい。
Matoya090320
会計して出ようとすると店の人に、アミッツさんですよね?と声をかけられる。
げ、面割れしてる!?なぜ。
「なんとなく」憶えていただいていたそうですが、そうか、世間はせまいかも。
おいらエイミッツ、といいます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/19

手術

なんか、骨いじるのは痛そうだ。
三時間強の時間。
今回は叔父がいっしょに過ごしてくれた。
終わったあとは、しばらくクリーンルームにいるらしい。
Ope090319 O2090319

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/18

インストゥルメンタル

ジュネオンから出ているウクレレのコンピレーションの中に、ベストヒットUSAをネタにしたものがあって、それは80年代の洋楽カヴァー集なのだが、当時、原曲はよく聴いて知っているはずのものが、一聴しただけではその曲とわからないものがけっこうあって愕然としたことがあった。
このシリーズは原曲について楽器編成以外の大胆なアレンジはされていない(と思う)。

これは、メロディラインやコーラスなどというものよりも、音それ自体で記憶しているということなのか。
つまり、あまり音楽として理解しているとはいえず、単に聞き慣れた音を憶えているだけのバカ頭というわけか。
Enka090318
梅津さんのこの演歌のカヴァーアルバムも、あえてタイトルは見ないようにして聴いてみたら、やっぱりほとんどわからなかった(こっちのスタイルははモダンだったり前衛ぽかったり)。
というよりも、タイトルを見ただけでメロディが浮かぶ曲はそんなになかったから、これは原曲自体に馴染みがないということだな。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/17

雷鳴で目覚める

雨の朝。
雨だけでなく雪も降る。
砂や花粉も降る毎日。
午後には晴れ渡り、春の陽気。
Bud090317

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/16

母が入院した

今度は左の膝に人工関節を入れる。
実家に迎えに行って、送る。
しばらく家を空けなくてはなんないのでごはんとか余っていたのか、おにぎりなど持たせられた(おかず、たまご焼きつき、たまごも余ってたんだろうな、こんなもん食うのは中坊以来じゃないか、あの頃より甘味は上品)。
Omusubi090316
職場もアレコレなので、もうよくわかんない。

精神安定剤のつもりで頭痛薬をウォッカでやる。あと胃腸薬なども。こんなもんでは安定しない。
しばらく眠って過ごしたい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/15

眼と鼻がヤバイ

胃腸もヤバイ。
きのう、うどん屋でも胃腸の調子が悪そうですね?などと言われて、いや悪いのは別な場所で、なんかおちゃらけていたのだが、実のところ一週間ほど芳しくない。
その上、きのうもバカ食いしてしまったもんだから、ちょっと腹が重苦しい。
でも春の日差しに誘い出されて、しかもまたラーメン屋にはいっちまうバカ者である。
Zozanya090315
溜まり醤油。見た目ほどにしょっぱくなく、むしろ甘味が前面に出ているスープ。
松代の店。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/14

饂飩

一年以上前からの年度をまたいだ工事は、浄水場の消毒設備を塩素ガス使用のものからあまり危険性のない次亜塩素酸ナトリウム使用のものにするという内容だったが、その二本立て工事のうちの一本がきのう漸く竣工検査を迎えた。
もうあの慇懃無礼な現場代理人の顔を見なくてすむ、と帰ってひとり打ち上げをしていたらやっぱり呑み過ごした。
遅い昼に、市役所近くのうどん屋へはいる。
店じまい間際の主人は気さくにいろんなことを話してくる。
出てきた釜揚げは決して大盛りを頼んだわけではないが、すごい量だった。
Yamazaki090314
食べきれない場合は早めにギブしてもらったら水で締めてお持ち帰りに、とか手をつける前に言われたのだが、日頃の鍛錬の成果か(^^;なんなく食えた。
さらに、冷たいのもよさそうですねえ、冷たいかき揚げうどんてどんなかなあ、なんか話していたら、じゃ、お試しってことで、と出てきてしまった。
Yamazaki090314b
言うんじゃなかったと思いつつも汁まで飲み干した。
飲み物も、食前に熱いお茶、食事中に冷たい麦茶、食後にコーヒーと三段階で出てきた。
これで600円、もうラーメンなんか食ってらんないなあ、などと、しかし二郎系食べたときよりもダメージは大きく、夜遅くまでおなかいっぱい状態。


さて、来週二本立てのうちのもう一本が終われば一仕事済むので、もう、しばらく療養にでもはいりたい気持ち。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/11

送別三回目

対象も周りもほぼ同じ顔ぶれ、というか微妙にちがう顔ぶれ。
セレモニーはそれとして、みんな日常の不満が放出し放題だったり。
不健全な職場だなあと思いつつ飲みながら聞く。
ハイペースで酔っぱらってヤケクソな盛り上がり、で終宴。
自分的にはまるで酔えない感じだったのでまたラーメン屋で焼酎。
Torimaru090311

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/09

携帯を買う

母が再手術することになった。
今度の手術の後は障害者必至。
それはそれとして母に携帯を持たせることにした。
実家のあたりは電波の状態がよくないし、普通に体を動かせる生活ならば固定電話があれば十分なのだが、入院すれば公衆電話だと不便だし(病院内では、基本携帯は×だが黙認されることは多いようだ)自分では積極的には持とうとはしないだろうけど、思い立って、病院の後、すぐ店に行った。
電波のよくない地域だから、選択肢は少ない。
自分の持ってるキャリアは一番あてにならないし、必然的にアレになってしまうのであった。
で、年寄り向けのモデルを即購入した。
Keitai090310

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/08

息吹

つけ麺がうまい店の最近の限定は二郎系。
にしては妙にキレイな盛り(ニンニクぬき)。
が丼が朝顔型で底が深く思いのほかのボリューム。
野菜と麺がスープに浸されていい感じ。
Ibuki090309 Ibuki090309b
ヴィジュアル的に豆腐に見えたりするのはさいころカットのチャーシュウ。
こぎれいなルックスながら食後の感想はヘヴィである。
この頃、たぶんコレは自虐である。でもそれが満足でもあるアンビバレンツちがうか意味が。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/07

このよき日に

となりの兄ちゃんの結婚式に出席した。
Marriage090307
しばらく体調がよくなく今朝もヨレヨレ(宿酔いではない)だったので懸念があったのだけれど、案の定終宴後にはたいへんなことになった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/06

DARK WAS THE NIGHT

ダークナイト、惹かれるがまだ見られていない。
Darkwasthenight090306
これは、わけもわからなくなった夜につい押してしまったAmazonのボタンの成果。
たぶん4ADとかクロノスカルテットなんかの文字列につられてしまったのだろう。
HIV撲滅キャンペーンのコンピレーションであった。
デイヴィッドバーンの声を久しぶりに聴いた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/04

熱風

Neppu090304
K-20の監督がここに寄稿している。やはり意識的なものであったようだ。ま、いいけど。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/03

TimeCanその後

まだ十年にはならないが開けてみた。
内容表示などは現行品と同じだが、パッケージに黄色い染みが浮いている。油?色素?
干涸らびた具はなんだか現行品よりも心持ち貧弱な印象だが、熱湯入れて三分弱、ちゃんと戻った。
比較して食べているわけではないが、案外ふつうのカップヌードルな感じ。
食べ終わってパッケージをつぶしてみたら、脆くもばらばらになった。
これは明らかに劣化しているのがわかる。
それ見たらなんか微妙な気になったが、まだ数個残ってる。
Timecan090303 Timecan090303b

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/02

きみの友だち

長く押入に入れたままの文庫、こないだの上京で手をつけてから、とびとび昼休み本。
重松清の泣ける小説。映画にもなってたんだ。
廣木隆一監督はMIDORIが抜けてるバイオグラフィもあるなぁ。
Kimi_no_todachi090302

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »