« きみの友だち | トップページ | 熱風 »

2009/03/03

TimeCanその後

まだ十年にはならないが開けてみた。
内容表示などは現行品と同じだが、パッケージに黄色い染みが浮いている。油?色素?
干涸らびた具はなんだか現行品よりも心持ち貧弱な印象だが、熱湯入れて三分弱、ちゃんと戻った。
比較して食べているわけではないが、案外ふつうのカップヌードルな感じ。
食べ終わってパッケージをつぶしてみたら、脆くもばらばらになった。
これは明らかに劣化しているのがわかる。
それ見たらなんか微妙な気になったが、まだ数個残ってる。
Timecan090303 Timecan090303b

« きみの友だち | トップページ | 熱風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TimeCanその後:

« きみの友だち | トップページ | 熱風 »