« ニワトリに生まれた方がマシだった | トップページ | 暑気払い »

2009/07/27

DSC-F88

回転型レンズのデジカメ。
Dsc_f88090727
だいぶ愛用していたがちょっと手ぶれや品質が気になり始めたので、昨年タッチパネル式のを購入、最近はほとんどこちらを使用、でも操作性がいいから時々は使っていた。
ところがある日こんな画面に。
F88090727
画像ソフトでノイズをかけているわけではない。

けっこう落っことしたりしていて、外観は見るからにお疲れさんである。
これで回転レンズともお別れかー、思いながら中古屋のぞいたりオークション見たりしていたのだが、品数少なく値段もバラバラでなんだか怪しい。
ダメ元と踏んでSONYの故障窓口をしているお店を探して持ち込んだ。
CCDの交換なら13,600円が標準、別途かかるようなら見積を、という話で工場に送った。
連絡をもらって取りに行くと、なんと無償。どうやらリコール対象だったよう。
発売後、正式にアナウンスされていたものかは怪しい話だが、5年以上経ってから発症というのもなんだか怪しい(2004年6月の発売ですぐにメーカ通販で買っている)。
こんなにぴったりな時間差だと、SONYタイマか!で済ますところだ。
でも画質が気になり始めた時点で、センサがダメんなりかけてたのかもしれない。

« ニワトリに生まれた方がマシだった | トップページ | 暑気払い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DSC-F88:

« ニワトリに生まれた方がマシだった | トップページ | 暑気払い »