« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009/07/29

暑気払い

ってか誰もこんな辛気くさい飲み会なんぞ出たくないよなあ。
不満噴出。

のあと、若い人たちといっしょにラーメン屋へ。

…スイマセン、大騒ぎしてご迷惑をおかけしました。
さまざまなお酒や料理、ヤツらはわかってくれたか(^^;?

今度はゆっくりお邪魔したいと思います。
油そば、こいつで、もちっと焼酎を堪能したかった。
生卵リクエストしたがる気持ち、ありました。可能ですか?
でもシメにはいつものおいしいスープが欲しかったり。
…ごちそうさま。
Django090729

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/27

DSC-F88

回転型レンズのデジカメ。
Dsc_f88090727
だいぶ愛用していたがちょっと手ぶれや品質が気になり始めたので、昨年タッチパネル式のを購入、最近はほとんどこちらを使用、でも操作性がいいから時々は使っていた。
ところがある日こんな画面に。
F88090727
画像ソフトでノイズをかけているわけではない。

けっこう落っことしたりしていて、外観は見るからにお疲れさんである。
これで回転レンズともお別れかー、思いながら中古屋のぞいたりオークション見たりしていたのだが、品数少なく値段もバラバラでなんだか怪しい。
ダメ元と踏んでSONYの故障窓口をしているお店を探して持ち込んだ。
CCDの交換なら13,600円が標準、別途かかるようなら見積を、という話で工場に送った。
連絡をもらって取りに行くと、なんと無償。どうやらリコール対象だったよう。
発売後、正式にアナウンスされていたものかは怪しい話だが、5年以上経ってから発症というのもなんだか怪しい(2004年6月の発売ですぐにメーカ通販で買っている)。
こんなにぴったりな時間差だと、SONYタイマか!で済ますところだ。
でも画質が気になり始めた時点で、センサがダメんなりかけてたのかもしれない。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/26

ニワトリに生まれた方がマシだった

Uさんにチケットを取っていただいたパラストオーケストラの公演。
東京駅の地下にできたつけめんの店の行列ぶりを観察していたら、遅刻してしまった(ほんとは道に迷ってた)。
Rokurinsha090726
遅刻したら、本来の席はどこかの誰かに渡されていて、自分が座れた席は本来の席よりもステージに至近で正面に面した場所になった(ここを予約してた人が来られなかったのだね、実はそういう扱いの最前列の席も勧められたけれど遠慮しました)。

演奏だけでなく、構成なども考えられてショーとしてのひとつの公演が完結している。
というのはふつうのことか。ここまでカッチリ構成しているのは、海外のアーティスト以外ではあまり経験がない。
通常はフルバンドっぽい管楽器主体の編成ながら、ある楽曲では全員がストリングスになったりする。
そして、伸びやかな、美しいとしか表現できないようなバンマスのバリトン。
すばらしく完成された演奏、至宝の時間を過ごさせてもらった。
Max_raabe090726 Raabe090726

道に迷って将門の首塚に出くわしたり、日銀の古い建物など横目に見たり、時間があればもっとこの付近も堪能できただろう。

Uさんはじめ、みなさん、ありがとうございました。
今度、ゆっくりまたお願いします。

| コメント (1) | トラックバック (0)

2009/07/25

戸隠そば祭り

今年はないらしい。
大盤振舞など、廃止の検討があるとは二三年前から聞いていたが。
ETC効果で客足も増えたことだろうに。いや、そういう問題ではないか。
Sougen090725
夏麺、二種類のつけだれ。胡麻胡桃と夏野菜。
夏野菜で仕立てられたコレは北信郷土料理の「やたら」を模している。
麺が終わったあとはコレをごはんにかけて食べる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/24

夜の町に

気になっていた「白昼の残月」。
最近のマジンガーも暴走するが、鉄人も暴走する。
Dai_tetsujin090724
そういえば今川監督を初めて意識したエルガイムでも、さらにミスター味っ子もあれは暴走か。ていうか作風なのだろうか。
オープニングの高見沢さんの描写になんとなく、こうの史代を思う。
白昼の残月もまさしく戦後の話、こないだの浦沢直樹もまた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/22

空を、見る

ここいらではたかが部分のはず。だが、なぜか高まる緊張感。曇っている。
しかし確かにその時間帯、暗くなった気がする。
クリアファイルの色濃いやつを二つ折りにして眺めてみると、確かに三日月状の太陽。
…土鍋の蓋の穴を通した光も確かに円形が欠けている。
iPhoneでは中継?ならばつないでみましょう。しかし映像は滞りがち。

ライヴではちょっと感じられなかった今回のコレ。

結局、夜のTVで追体験。…ていうのか?
Moon090722
友人が色ガラス越しに撮った。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/21

忘れる夢

イベントで写真を撮ろうと思ったが、デジカメがない、携帯もない。
どこにあるのかもわからない。
…トイレに行きたくて目が覚める。
だいじょうぶ、あるある。
用事で本庁に出かけ帰ろうとするが、公用車を置いた場所がわからない。
何か所も駐車場を捜す。
…トイレに行きたくて目が覚める。
Mou090721

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/20

海の日

とはいうものの近間に海はなく。
暑いのでさわやか冷たいものでもと思い、しかしラーメン屋に出向いてしまう。
最近は冷やし中華以外でも冷たいメニューがある。
県内の主に北信の店に麺を出している製麺会社の主導で、そこの麺を使ってるいくつかの店の夏の企画メニュー。麺自体は共通のものらしい。
Ruon090720
ここのは、冷たいスープを張った、まさに冷たい中華そば。
別皿で刻み葱と山葵がついてくるあたり蕎麦のよう。山葵を麺にのせて食べてみる。
ちょっとスープが脂っこいが、冷たいかけ蕎麦みたい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/19

タワー

なんだかまだ梅雨が居座っているかのようなジメジメした日。
肌がべとべとしている。頭の中も胸の中もべとべとした感じの中、観光客にまぎれて蕎麦を手繰る。
手繰るなんて風流なもんではないなコレは。
Asahiya090719
なんて盛りだ。ずいぶん待たされたが、小上がりに座って待ちながら観察していると、食いきれずに残したまま席を立つ観光客もけっこういる。
ちょっと延びぎみではあったけれど、風味がそれなりに芳しく喉越しもよく、なんとなく山はなくなっていくのだった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/17

なまがんもどき

日曜朝九時(だっけか?フジのポワトリンとか)のこども番組が大人向けの深夜番組になった、感じ。
ゲストキャラもなんとなくあの頃の感じだし、これは疲れる一週間の息抜きになるな。
笑った笑った。
Tenshi090717

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/15

眼が痛い

逆さまつげ。朝からじたばたして、夜帰って風呂場で漸く抜く。
右手が二本欲しかった。
Marucho090503
梅雨明け、暑さきりきりする中で大汗をかく。あしたはまた筋肉痛だ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/11

信濃美術館

久しぶりに。

男鹿和雄展。
Oga090711
東映の長編時代に確立しているジブリの画のスタイルの中にありながら、どこか東京ムービー時代の荒々しいタッチを感じるのは気のせいか。
大量に陳列されるジブリ作品の展示の先魁として、その頃の「ガンバ」「宝島」「侍ジャイアンツ」などの画も飾られている。
「あしたのジョー2」も。
初めてこの人の名前意識したのは「ジョー2」。これの美術監督だった。

展示されたほとんどの作品は知っているが、見てないものもいくつか。
ジブリの最近の作品にしても、なんだか複雑な気分があったりして、割とあり(^^;。
ソフトは押し入れの中に押し込んであるんだが。
そういえば、たくさん展示してあった「ぽんぽこ」とか「おもひでぽろぽろ」なんかむかしLDで一回くらいしか見てないんじゃないか。
Oga090711b

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/10

麻生探偵事務所

イブキくんとアキラちゃんが出ている最近のドラマ発見。
ライターは浦沢義雄だった。
位置づけ的には以前のドラマの続編らしく、小野寺昭は同じ役で出演。
浦沢的にバカバカしい展開が期待できそう。
エンディングはおなじみショーグンリメイクだけど、オープニングはミッチー及川起用というなにやら贅沢な作り。ミッチー、出るのか?
Angel090710 Angel090710e2
Angel090717_2 Angel090721

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/09

Oga090709

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/08

紫陽花

Ajisai090708

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/07

BillyBat

コンビニでナニゲに買った浦沢新作。
日本戦後の話もなぞるが、コレってもしかして「アンブレイカブル」?
Biilybat090707

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/06

会計後キャッシュバック

ひどく疲れた今日夕方、コンビニでそんなシールが貼られた総菜類が。
そういえば、以前の職場、スポーツ施設だったけれど、近所のコンビニのオヤジは時々やってきて情報収集がてら消費期限切れの総菜類を差し入れてくれた(^^;。
そのスポーツ施設のイベントあるなしが、弁当類の仕入れの参考になったらしい。
711090706

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/04

特濃

きのうのつけ麺のインパクトがあまりにも寂しかったので、同じ系列店の特濃つけ麺と特濃ぶりが似ているという、飯山にできた店に行く。
Yoshitsugu090704
つけダレに載った海苔の上に魚粉、という、もはや見慣れたルックスではあるが、コレは濃い。とても濃い。
しかもウエイヴが効いた太めの平打ち麺とは、最強の組み合わせか。絡む絡む。
Yoshitsugu090704b
つけダレの中に潜むチャーシュウと味玉もなかなかに濃い。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/03

総会

恒例の部局総会。200人弱。
毎年感じること、年齢を重ねるのは確実だけれど、最近はそれを意識させられるのが顕著。なつかしい人たちといろいろ話す。相変わらずヤなヤツもいる。

二次会は、駅前の濃厚味噌専門の店。
醤油のつけ麺が始まったというので行ってみると、煮干し醤油の中華そばなんてものもある。味噌は不評なのか?しかし、醤油つけ麺はイマいちインパクトがない。
Yuiga090703

しゃべり過ぎた夜は眠りが浅い。いつもより酒が少ないせいもあるか。
夜中に目覚めたボケ頭の中で、なぜだかさねよしいさ子の「手足」がぐるぐる響いていた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/01

豆腐屋の話

Akanegumo090701
時代小説。人情もの、うーん家族ものか。
ずいぶんあっさりした語り口でぽんぽんと話が進む。
中盤を越えての第二部は、それまでの話のポイントになる部分がカットバックも交えて細やかに描写される。
内容的には、最初からじっくり語っても佳品になりそうな話だが、これはスマートなスタイル。
キャラもいちいち立っているし、あとで調べてみたら著者のキャラもなかなかだった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »