« うなされる夢 | トップページ | 極冷 »

2010/06/26

オーケストラがやってきた

西本智実withリトアニア国立交響楽団&タマラ・ステファノヴィチ
本日のメニュウ。
Program100626_3
気合いを入れて取った席は三列目、目当ての指揮台の前にはグランドピアノがどおんと鎮座している。
さらにピアノ協奏曲になると、でかい蓋が跳ね上げられて、指揮者は手足の先とときどき頭の先がちらちら見えるだけであったorz。
でも第二部ではピアノは引っ込んで、指揮者のかっこいいアクションを堪能できた。
白眉は「展覧会の絵」かなあ、「ビドロ」のテューバソロの部分ではユーフォニウムに持ち替えられて朗々と歌い上げられる。生オーケストラの中でUFO見たのは初めてだ。
後半高音部ではちと辛そうだったけど、しかしすばらしい音。
Hall100626
ロイヤルチェンバーの時みたいなアンコールも期待したのだけれど、なんだかあっけなく終わってしまったが。

« うなされる夢 | トップページ | 極冷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーケストラがやってきた:

« うなされる夢 | トップページ | 極冷 »