« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010/10/30

風の朝

国政調査票の整理を職場の会議室でこっそりと。
午前で片づけ、最近オープンした国道沿いの店へ。
Shoma101030
しかしあんまりひどいんでいやんなる。
チキラーの方がなんぼかマシだ。三分だし。
Chicken101026

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/27

年々極端化が進む気候。山は雪だったらしい。
本日は休みを取って国勢調査票の回収。
今回から郵送での提出ができるようになったので、もう半数以上が郵送。
なので、検査の負荷は下がるか?
Suzuki101026b
直販で買ったらまた定価でボーナスCDがついてきた。
Suzuki101026

| コメント (1) | トラックバック (0)

2010/10/26

スペリオールのマンガ

谷垣が塩で管が砂糖。
アマイ、塩カライなんか、なんとなく思っていたけれど、そう表現されてるとあらためて笑える。
酢、とかの存在はどうなのか。コショーとか七味とか。
Bushi101009b
某店ぶしもり。亜流店(支店?)ができるほどよく出てるらしいが、当初よりかなり貧弱になった感じ(まあここ自体も亜流つっちゃ亜流か)。
Bushi101009_2
温盛。
ここはコレだけど、某店は温盛が湯溜になっちゃってるもんなあ(前はそうではなかった)、売れるとどこも品質落ちるってことかなあ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/23

野菜高騰

去年、いろんな収穫祭で買った葉物野菜が今年はなかなか出回らない。
ようやくここ数日でスーパーなどでも手頃になってきた。
冬は鍋、鍋には白菜。
買い出しに出て蕎麦を食う、いい天気。
Kobiki101023

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/22

肉まん

最近また店舗が減って今では市内に一店。
Yoshinoya101022
コンビニに身売りしたってわけもないだろが、ふつうの肉まん。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/21

ppt

まだ自分では使う機会に恵まれないプレゼンソフト。
Ppt101021
最近、会議や研修などではこれを使い、資料として画面の紙焼きが配られることが多い。で、印刷されたものはもとより、スクリーンに映されるものも案外見づらいことがある。
…なんでそんなにたくさんの色を使うの?
文字やグラフもそうだが、それらが乗っかる地にまで色が着いている。
セピアとかグレイとか微妙な色、モノクロで印刷すると絶対ツブレるような色。
もう白地で文字なんかせいぜい赤と青ぐらいでいいじゃんか。
と思うんだけどなあ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/20

secret of the beehive

今でも涼しくなる頃、頭の中で流れる「9月」。
Sylvian101020
以前から寡作ではある。
そんなシルヴィアンのコンピレーションアルバム。
多彩なコラボ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/18

昭和55年

安中の店のメニュー。
この年に何があったか。てかその年の記憶なのか。
店長は軽井沢にあったビートたけしの店の経験者らしい。それが伝説のカレー、として今のメニュウに残ってるらしい。
それ終了後に開店したラーメンの店も悪くなかったのだが。その後各地で転々と。で今は安中に落ち着いたと。
55nen100718

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/16

サボテグロン

手前のふたりは商店街のおとっつぁんたちとかではなくて、ショッカーの科学スタッフである(笑)。
Sabotegron101016

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/14

昼の時代小説

チャンバラではない。
コミック界から転身する作家って案外多いのか。
そして女性作家の時代劇も多く感じる。
なんとなく手を出してハマる。
筋はよくありそうな人情、根性ものの話だがぐいぐい読ませる。
ふだんヒネクレたやつだがカゲでは人情話が大すきで、そういうつもりでなく手に取ったものがそういうものだったりするとうれしくなるらしい。
ネットで続刊購入のボタンを押したのは言うまでもなく。
Hassaku101014

| コメント (1) | トラックバック (0)

2010/10/13

Kawamoto101016

| コメント (1) | トラックバック (0)

2010/10/12

茅野往き

二日前、茅野ならココでしょ!というわけでもないけれどココにした。
味噌蔵を改装した店、ウリはもちろん味噌。
小鍋でぐつぐつ煮立てられるスープを使うつけ麺。折しも当日は暑い日であった(汗。
あんまりヘヴィでない、よく練られたメニュウではある。
Kraudo101010

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/11

そば祭り

茅野の日は松本泊まり。
この連休で行われている「そば祭り」をのぞく。また蕎麦かいって感じもあるが。
きのうのきょうで体調がよくなく、あまり食べられなかった。
Matsumoto101011
葉山葵がのった冷たいかけそば。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/10

ベリー

腹踊り。生ベリーダンス見るのも一回や二回じゃあないのだが、もしかしたらそれに思い当たったのははじめてかもしれない、ベリーダンス、濃厚な腹踊り。
Roman_garde101010a
ファンファーレロマンギャルドin茅野市民館。
ファンファーレ…は大阪を拠点とするクレズマバンド、フレイレフジャンボリーの発展ユニットでまだパッケージ作品はない。固定メンバーにユーフォニウムがいることがすごく気になっている。
今回のコンサートは、地元中学の吹奏楽部と合同演奏でクレズマを演るというのが目玉になっており、学校の先生か役所なんかからまずその企画が出て、バンドが選定されたのだと勝手に推測する。
前の栗コーダーの時にも感じたが役所主導的な雰囲気で、観客はほとんどが学校の身内的な感じだった。
学校対象のコンサートのようにプログラムは印刷されたものが用意され、二部構成で一曲ずつバンマスの丁寧な解説つきで進行する(演奏自体はアドリブも交えられるし、前述のとおり濃厚なベリーダンスも繰り広げられる)。
一部はスタンダード、二部はオリジナルで最後二曲が合同演奏。40人ほどの中学生たちがステージに上る。
用意された曲は「Nani Aliemtia Bure」「NIPPON KLEZMER」。
Nippon_klezmer101010
自分も中学の時にこんなん演ってみたかった。
終演後も興奮冷めやらず、ロビーで観客巻き込んでもう一度「ニッポンクレズマー」(巻き込まれた)。
Roman_garde101010b
(こういう楽団の演奏はゆったり座って聴くよりも、もっとせまい空間でスタンディングがいい。コンサートタイトルの「騒げ!踊れ!」みたいに)

| コメント (1) | トラックバック (0)

2010/10/09

Inase101009 Inase101009b
バラ生姜焼きの山をかき分ける。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/08

カリ城

ヨッパらってTV眺めていたら放映してました。
もう30年も昔の映画ですね。高校生のおいらは、冬のバイト代はたいて何度見たことか。
何回通っても劇場はがらがら。世間的な評判はほとんどなかった。
ルパンの最初のやつは満員の立ち見だったんだけど。
しかし今ともなれば監督はもはや国民的な作家としてもてはやされてたりして。
…いやなんでもない。
あした、も一度ポールグリモーの映画見直してみよ。
…えーとなんでもない。
そういえば、フィルム1/24だっけアニドウの会誌、やっぱ当時の商業誌より…
なんでもない。ってか、でもあの。。
その頃のクリエータが今でも健在なのは、自分的には(自分本位に)あたりまえに思えても現実的に考えればけっこうすごいことなのだよなあ。
何かムダに時を過ごしてしまったなあ感なきょうこの頃。
Cagliostro101008
あしたもムダに贅沢に過ごしてやろう。
あの頃の自分の価値観で判断すれば、あの頃以降の自分の時間はすべてムダなんだろう。
そこに価値を見つけるのがむずかしい。見つからなければ空しい。て、どうしよ?

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/07

バルド

Kouryu101007
編成はちがうが、まごうことないメロディ。
濃い酒を味わいつつ聴きたい音楽がまだある。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/06

青い鳥

阿部寛で映画になっていたのか、の病院時間つぶし本。
映像にするなら小日向文世かなあ、とか思っていたけれど、阿部寛ならちょっと意外でこれはスゴイかも。
Blue_bird
原作は人の心の暗部に陽を差し込むような佳品。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/05

Roman_101010 Roman_101010b

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/04

ドック

採血→身体測定→視力→レントゲン→超音波→心電図→肺活量→胃カメラ→聴力→眼底というコース。
Hospital101004a
センターの一室から時折甲高い叫び声のようなものが聞こえる。
ヤバそうな子が騒いでいるんだろうか。
とか思いながらメニュウをこなして次はその部屋だ。
「ハイ吸って吸って吸って吸ってぇぇ、、吐くっ、ぷうーーーーー!!
肺活量検査の先生の声だったのか…。
食事つき、昨年は検査患者専用の定食が三種類くらいだったが、今回は院内のレストランで、一般客と同じものが選べる(+サラダorデザート、ドリンクつき)。
患者用のメニューには金額が書いてないし、30以上もの中から何を選ぶか?
メンドくさくなったのでラーメンにしといた。
Hospital101004
多分会費負けだなとか思いつつ(会費じゃないけど)。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/02

ディストネーションキャンペーン

秋の食イベント、行ってみる。
いろいろ試食、品評会のキノコ(帰って鍋で食ったら絶品!スーパーのやつとは全然ちがう、しかも、まあキノコだから高が知れてるが多分割安)や紀州梅干しなどに散財、しかし最大の散財はコレか(値段で言えは梅だけど)。
Pon101002
限定200とか言ってましたが、中には袋麺とカップ麺が入ってて1,000円。
最後の一個、おまけのお菓子つき。
このラーメンはふつうだと長野でしか買えないから、まだネットなんかしてないニフティサーヴの頃、東京のお友だちに袋麺を箱で送りつけたことがあったなあ。
彼らなら理解してくれるだろうか。
売るぞ?美品。      (うそ)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/01

大盤振舞

本日18:30から20:30まで、それ用のそば猪口を持っていけば加盟蕎麦店20店どこでもざる蕎麦一枚食べられる、入り直せば同じ店で何枚でも食える、という戸隠でのイベント。
以前、規模が小さくなってややハードルが高いか?みたいなことを書いたが、なんのなんの。
PRが足りなかったのだろう、人出は往年の比ではない。
日程のせいもあったんだろうか。中社はともかく宝光社付近は待ちがそんなにない。
全体でひとり平均三枚食べられる量しかない計算だったのだが、同じ店で二枚食べたのも入れて二時間足らずで六枚も食ってしまった。
やはり時間が早い方が美味く、あとの方になるほど茹で置き感を感じた。
食い過ぎて単に口が不味くなってしまったのかもしれないが。
当分蕎麦はいいや、てな罰当たりな気分。しかし大盤振舞感、満喫した。
Sennari101001 Momiji101001
Takaraya101001 Yotsukado101001
Sennari101001b Tonkururin101001

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »