« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010/11/29

椋鳥飯

昼の読書は料理人季蔵捕物控の第二集。
なんでも信州人が好んで食べるというものだというがはじめて目にする名称。
椋鳥とはいわば渡り鳥、地方から都への出稼ぎ職人、そういった人たちに故郷を思わせる郷土食ということで「おやき」のことであった(作者の創作であろうか)。
Oyakiya101129

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/28

龍馬伝

ヨッパながら毎週見てきました。
ケルティックな音楽が素敵でした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/27

こないだ移転オープンした店、また間が空かないが再訪。
あの時よりは客足も落ち着いてきているようだが、それでも待ちが並ぶ。
以前なかったメニュウのカレーラーメンを注文する声がけっこうあるが、つけ麺で。
酸味と醤油が効いたひさびさの味。
Syouryu101127
以前のアットホームな体制だったときには会計のあと必ず「お気をつけて」と声をかけてくれて、割とこの店に行くときの自分の体調は宿酔い気味のことが多かったから、恐縮だったり妙にうれしかったりもしたもんだったけれど。
Syouryu080308
在りし日のもの。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/24

懇親

機械電気職員の集まり。高齢化が進んでいるがようやく最近若い人も採用されるようになってきた。
時期外れのこの12月に若干名採用という話を聞いたが、では中途退職者がいる、とか?

適当に飲んで帰りはきのうの店へ帽子を取りに行く。
また黒霧なめながら、おまかせおつまみと煮干醤油、きょうのは背脂なしのノーマルver.。
Masato101124a Masato101124b

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/23

冬の花火

今年もそんな季節、きのうから続いていた雨も夕刻には上がり、風も案外おだやか。
商工会議所創立110周年とかで昨年比1.3倍の10000発も上がる。
Ebisuko101123 Ebisuko101123b
そんなに凍えもせず空の煙も流れず、なかなかいいコンディションだった。
Masato101123
帰り道、ちょっと飲んでの締めラーメンは、黒霧なめながら煮干醤油(燕ver.)。
あとで気づいたのだが、この店に帽子を忘れてきた(汗。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/22

飯山市

選択肢も広がったが、定番の店はいつも激混み相席たびたび。
醤油のラーメンは煮干しが効いたものと生姜が効いたものがメニュウにあるが、煮干しで。
Inari101123
ちょっと甘めのスープ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/21

紅葉の中を歩く

もはや晩秋。
Kaiko101121a Kaiko101121b
長野市内のつけ麺が有名な店の暖簾分け店が専門店として上田にできた。
しかも店主は、自分的「上田といえばココ!」の店主の従姉妹で、そこで打った麺を使っているらしい。
温盛を大盛りで食ってみる。暖簾をもらった店よりはマイルドな仕上がり。
Menmen101121_2
しかしこの店、まわりはラーメン店ばかり何軒あるんだ?な立地。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/20

硫黄のにおい

うちの浄水場の、原水を取り入れる導水トンネルには鉱泉水が入り込んでいる。
というか、もともと地下水の多い場所に敷設したトンネルの保護のために集水管が併設されていて、湧き出た水を原水といっしょに取り入れている。
その湧水(鉱泉水)は硫化水素を含んでいるから、原水そのものもほんのりとにおう。
処理されてしまえばにおいも消えるから、今まではそれ含めて流れてくる水を丸ごと受け入れていたのだが、それを排出しようという話になった。
トンネルの中に排水管を新設して、併設されている集水管と接続しようというわけだ。
Tunnel1011191
現在、その工事は突貫的に進行中だが、結果として湧き出ている鉱泉水は排出しきれないだろうことがわかっている。
工事に到る経過自体がいいかげんで、きちんと検証されないまま始まってしまっているのだが、どうやら来年度も区分を拡大して行うようだ。
工事そのものは別に突貫でもなんでもかまわないのだが、工事できる状況に段取りつけるのがなかなかたいへんで、それが自分らの仕事なわけだ。
が、まあそれを当然として主役を気取るというのはいかがなものか(これは余談)。
まあ、成功して100%除去できるとしてどうなるのか。
原水のアルカリ分が変化するから凝集剤の多少の削減にはなるかもしれないが、現在日常的には使用していないアルカリ剤が必要になるかもしれないし。
なんだかやったところで大した結果は出ないんじゃないかなあ、というのが正直なところ。
別にそれが原因で困っているわけじゃあないんだし(とはいえ工事の理由にはもっと複合的なこともあるわけだが)。
Tunnel1011191b
湯花

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/19

ロシアの唄

これもまた自分的に深酒の歌曲集。
Tanko101119
ホーカシャンやメトローマンスの旋律が思い浮かぶ。
向島ゆり子のプロデュース、むかし聴きあさった音楽が往った先を見つけたという感じ。
楽曲クレジットが不親切。原曲名や歌詞、もっと言えば解説などのライナーがほしいところ(歌詞など載ってたところでロシヤ語なんか読めやしないんだが)。
そんな部分も含めてクールな作品、とは言えるかもしれない。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/17

フクロウ

きのうは旅館を出て観光地へ入る前に、メンバーである日本野鳥の会所属Tさんの希望により県立図書館へ寄っていた。
この施設の敷地内には野生の梟が棲み着いているのである。

…いた。
Fukurou101116 Fukurou101116b

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/16

波の音

聞きながら寒風に頭嬲られつつ熱い湯に身を沈める。朝風呂。
Taikanso101116
朝食は大食堂でバイキング、宿酔いのばか頭揺すりながら巡回してくるとトレイは山盛り、これではこのあと昼なんかは食えたもんではなかったりする。
Momiji101116
一応観光地てなことで、菊祭り開催中の寺や公園の紅葉など眺めたりして、それからカレー入りのパンダ焼きなるパンダの形した鯛焼きを囓ってクルマを走らせる。
Panda101116
天候が残念だったが、久しぶりの修学旅行、満喫した。
Momiji101116b

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/15

OBの会、課外活動

メンバーの予定に合わせて村上市へ一泊の温泉旅行、相乗り二台に6人。
あいにくの天候に祟られつつも高速降りて国道沿いの店物色、そこ併設の食堂で昼になりそうになったので少々異議申し立て、さりとてきちんと下調べができてるわけでもないし機動力もないのでiPhoneアプリで探してみたへぎ蕎麦の名店はでかいショッピングモールに入った支店。足掻いたところでこんなもんである。
夕方には投宿先に到着、これまたでかい温泉旅館であった。
Taikanso101115
男女三人ずつの6人なのだが部屋は大部屋一室の団体生活、少々の息苦しさはあれど、まあヨッパラってしまえばどうってことなく夜は更ける。
食事は部屋食、村上と言えばの和牛と鮭など堪能しつつ、持込の焼酎で潰れる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/14

B級

ご当地グルメは長野ヤキメン。国道沿いの中華定食屋で。
Fukufuku101114
この店の工夫点はニラと長芋と卵黄とのこと。
なんのことはない、味噌味の餡かけ焼きそばであったが。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/13

6か月点検

もう半年経つ。
最近、振動があると後方からカタカタ異音が聞こえるので併せて点検してもらう。
待ってる間用の文庫本も持ってったけど、タイプRがあったのでちょっとシートに座ってみる。
Type_r101113 Euro101113
さすがカチッとした感じ。吹け上がるんだろうなあ、エンジン。

後方のカタりは、リアハッチのゴムクッションを調整してもらって治まったよう。様子見。

ディーラーの道路はさんで向こう側には、久しぶりのラーメン店があるのだが、あいにく臨休。
ちょっと職場に用があったので、途上にある店に入る。県庁の至近。
Buju101113
目当てのベジポタはどういうわけだか品切れというので、醤油にしてみた。これは鶏か。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/10

玉響

この本の中に出てくる。
Miotsukushi101110
女の子ががんばる根性ものの時代小説だが、巻を進めてみて、とてもキレイなことばで綴られているのに気づく。植物や風俗の描写などが豊かな表現で語られる。
その上でキャラクターが活き活きと動いている。
久々に読み終えるのがもったいなく感じるシリーズ。
ここ十何年以上ほとんどなかったことだが、たぶん読み返すことになるだろう。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2010/11/09

バリチュー

こないだのファンファーレロマンギャルド公演で物販に出ていたCD、ユーフォニウムとテューバだけのデュオ。
Tubaman101109
思えば意外だが、ユーフォでコンテンポラリーな音楽とはあまり考えたことがなかった。
探してみたらジャズやポピュラー音楽のスタンダードの録音もけっこうあるらしい。
TubamanShowはルックスだけ見てればイロモノっぽかったりするのだが、なかなか愉しい。
リスナーには中高生もいるようだけれど、ホントに中学生の時に聴いてみたかったなあ、と思う。
栗コーダーとかここ数年気に入ってる音楽はどれも子どもの頃の自分に聴かせてみたかったと思うものばかりだが、しかし、きっとあの頃のナマイキな自分はこんな(一聴)わかりやすい音楽には見向きもしなかったろうなあとも思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/06

秋たけなわ

気分リセットのつもりで起床。
安曇野近くの光景、見に出かける。
Choufukuji_temple101106 Oomine101106
なんだか観光スポットらしく熟年カメラ小僧がすごい勢い。
いい感じの小春日和。

昼、近辺の店に並ぶ。
けっこう評判のこのへんの店、初訪。
Kimahachi101106
帰りに別の店、餃子テイクアウト店で何品か買って、夕食に酔う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/05

神事

今年もこんな季節になってしまう。
いくつかの施設の片隅に置かれた祠に参り、午前は終わる。
夕方からはエライ人たちも招いて直会。
どうにも歪な組織であるな、と感じる。組織なんてこんなもんかとも思う。
ような話を若い人たちから聞く。
結局、統率する者次第であるなあと思う。
うちの課は三か所に施設が分散しているが、ウチが一番まともなのではないかな。
唯一、管理職が駐在しない、しかしリーダーがきちんとしてるとは、まあ言えないだろうが>自分。
Ruon101105
ツライ宴会は飲むだけ飲んで、ラーメン店で二次会が定番になっている。
この店では生と餃子と限定の鶏塩。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/03

外気温低下注意

既に着雪している高原へ行ったらクルマのインフォメーションディスプレイにそう表示された。車体の温度計の指示は3℃(車内ではない)。
しかしこんなもんが表示したとしてどうすりゃいいのか。冬は使えないってわけじゃないだろし。
Tree101103
今週は国勢調査の業務も終了、遅れに遅れた懸案事業もスタートした。
昨夜は一息ついての泥酔就寝。
昼は最近移転オープンした、以前よく行ってた店。
Shoryu101103
あの頃は見たことがなかったが、きょうの昼どきは列を作ってた。
以前は中華そばとつけめん、あとはトッピによるバリエーションくらいしかなかったメニュウが増えている。ヘルプさんもいる。なかなか盛況な様子。
ただ器が変わったせいかなんとなく量も変わったか?
混んでいるとはいえ、こないだの店とはちがって客あしらいは悪くない。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/01

Togakushi101001

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »