« 冬支度 | トップページ | 悲愴 »

2010/12/05

戦国ヒロイックファンタジー

TVでやってた昨年公開の映画。山田風太郎風の話をちょっとどぎつい映像表現でやってみましたてな感じ。
自分的には全然オッケーな世界観のはずだが、いまいちノリきれないのは「やりすぎ感」に満ちているからだな。もう一歩手前でやめときゃよかったのに、みたいな。
前作の作風ばりばりで、これは同じ世界史に属するものなのか。
次回はもうちょっとすっきりした形で見られればいいなと思うのだ。
しかしこんな疑似世界史的な話の映画もいくつか見たけれど、自分の中に残るものは少ない(二十面相くらいか)。
Goemon101205

« 冬支度 | トップページ | 悲愴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦国ヒロイックファンタジー:

« 冬支度 | トップページ | 悲愴 »