« ペルト | トップページ | »

2011/07/23

中村とうようは一番あてになる評論家

雑誌でのおなじみのクロスレビュー、この人が満点に近い評価をしているものもしくは0点に近い評価をしているものは必ず聴く価値があると思ってた。というよりまさに自分向けのものと判断していたような気がする。
ほとんど紙媒体から情報をもらっていた時代、ふしぎに音を聞かなくても自分好みのものだという嗅覚が利いたものだ。
若い頃にやたらいろんな音楽を漁っていたのはこの人のせい…いやおかげだった。
今、自分の周りにそのような指針を示してくれるものが見つからないということが、つまり自分がリスナーとして音楽から遠ざかっている、また散財しないですんでいる(^^;最大の理由ということか。
というか、関心が薄れているというたいへんな問題か、これは。人生への関心。
自分も最近、いつ高いところから落ちてしまうかわかんなくなるような気持ちになることが多い気がする。
Sky110613

« ペルト | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中村とうようは一番あてになる評論家:

« ペルト | トップページ | »