« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011/12/30

チャーシュウ

Django111230
今年もおせち用に分けてもらえることになった。
また呑みすぎてしまうことになるだろう。
Django111230b
素面でここんちのラーメン食べるのってもしかしたらはじめてかもしれない。
年に2、3回しか行ってないが行きつけのお店。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/29

御用納め

は、きのうのはずだがまだ出ている。
三日前に発覚した非常用発電設備の故障対応である。
Generator111229
こんなものが動かなければならないほどの停電なんぞあまり考えられないのだが、それでも311災害のこともあるし、とりあえず設備は万全に整えておかなくてはならない。
ほんとはきのうやっておきたかったところだが、古い設備で部品や作業員の確保もむずかしかった。
ガスタービンの燃料コントローラだが、400万近い見積。高いもんだ。

Shimada111229
昼に抜け出して行ってきた。年末は本日まで。あそこのと似た味わいの「黒」。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/28

待合本

Tonbi111227
原作にしたドラマを作ったようで。
その人の主演で昭和の親父といったらまたalwaysかよ、と思って読み進めてみたら、なんだか少し感じがちがう親父のようだった。
原作どおりの話だったら、呑みながら見たらきっと涙腺爆発だろう。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2011/12/27

ドック

Hospital111227
予約のタイミングを誤ったら、こんな日しか空いていない。
あとで考えてみたら、年を改めりゃよかったとも思ったが勢いで頼んでしまっていた。
待合には、ちらほらと見知った顔も。
この歳になりゃ、みんな病自慢な話題。自分も来年は節目のがん検診。
Launch111227
メニュウには食事もついてしまう。
サラダ(orデザート)とドリンクつきなので、そば定食にしたらサラダがだぶってしまった。

肝機能(!)以外は目立った所見なし。
ピロリ菌がいない胃は少し胃酸過多のようだし、視力も落ちているのだけれど。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/26

年末の本屋

レジに列ができている。
年末年始は畠中恵祭り決定である(もったいなくて引っ張るかもしんないけど)。
Hatakenaka111226

夏に出ていたのを知らなかったIWGPも購入。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/25

B級グルメ

地元のは長野ヤキメンと言って、特産の山芋を使って味噌とチーズを合わせる。
今ではどの程度の店が出しているのか。
Aun11225
これは別。
野菜ラーメンに焼いた麺が沈んでる。
一見、がっつり系みたいだが、割と上品。
駅前から移転リニューアルの店。
ほかにも惹かれるメニュウがならぶ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/24

目が飛び出る3D(効果)

Friends111224
眼は、タンタンよりイキイキしてるなあ、と。
でも仕草が、なんかいまいち。
スジ、というかストーリーが通ってない感じ。エピソードなアニメ。キャラクターなアニメ。
ってか、それ狙いか。なので、予告編的ハイライト見るのが一番楽しめるのかも。
…最後泣いたけど。

TVなどで紹介されるコメントで、監督の履歴に「ヤマト」を聞かないのはもはやなかったことにしたい作品だからなのか(^^;。

昼。リニューアルしてちゃんぽん専門店(昼のみ、夜は居酒屋)になった店で。
Toriboya111224
前の店のも悪くはなかったけれど、いいんじゃんコレ。って感じ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/23

焦がしてみる

焦がし醤油のフォンデュ。
醤油みたいな味噌みたいなチーズみたいなタレにブリとかサワラとかつけて食べる。
Tetsu111223
うまいんだが、刺身は刺身で食って、そっちは野菜系の方がいいかも。
本日は内々の忘年会。
Tetsu111223b
デザートは焦がしプリン。
なかなかいいコースだった。

二次会は、いつもの店に顔出すとなんと貸切、なので近くの中華食堂へ流れる。
と、厨房には思いがけない顔が。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/22

極太

んこつ2。
Masakiya111222
マイナーチェンジ後は、魚粉が載る。
なんちゃって家系のくせにずいぶん押しの強い価格設定。

厨房の中にはいつもの雇われ店長ではなく、ネットで見た顔のオーナーがいた。

寒くなりそうなので、ひさしぶりの入浴施設で温まる。ゆずが浮かんでた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/21

Xmas

むかし、フォーライフから出ていたコンピレーションはよく聴いた(季節限定)、ということは以前にも書いたか。陽水や泉谷しげるがホワイトクリスマスや赤鼻を歌ってた。
だいぶ経ってからはフェアチャイルドがクリスマスソングだった。

ひと月くらい世間であふれ続けるこのテの音楽は、今ではもうほとんど耳から中には入ってはいかないみたいだ。

7、8年くらい前に入手したフィル・スペクターのモノ録音ボックスの中に一枚クリスマス・アルバムがあったので掘り出してみた。
Xmas111221
これ、ヒットしたらしい。
もっと気分が新鮮な時代に聴けていればよかったんだろうな。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/16

忘年会

いよいよ雪がきた。
そして今年最後の宴会。ひさびさの和室大広間。
苦手な席だがほどよく酔っぱらう。大勢と話す。

Hirahira111216a
シメの店。たっぷりの九条ねぎをのせてそれをどけると、
Hirahira111216b
一反木綿状のわんたん。

店を出てからホテルまでの記憶がないのだが、スーツがラーメンくさい(^^;。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/11

家系

昨日、外出の折はもう7、8年ぶりかの店で。
うまいんだけど、なかなか機会を作れない。
Yoshiya111210
削り節の店で食べられるメニュウに較べるとライトな気がする。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/10

どえらいもん

インディジョーンズだった。
Tintin111210
パチもんが主人公差し置いて主役に収まっちまった的な違和感はあったが、まずまずの出来。
まあ、このテの映画に難癖つけるのはヤボだろう。
それにしても、なぜか字幕版というかオリジナル音声での上映はこちらではなかったのだった。
スピルバーグ+ピータージャクソンだっていうのに、なんたる扱い。客も入ってないし。
アンディサーキスの吹き替えの人はやはりゴラムの人だった。

ケン1くんやロック、正太郎くんもこれが由来かな。

んで、どうでもいいんだけれど、200kgの財宝って、あんなもんなんだろうか。
コンパクトカーでも1,000kgくらいあるはずだから、あの映像では200以上はあるのでは。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/07

昼の読書

Hellhouse111207
手持ちの時代小説がなくなってしまったので、掘り起こしてきた24年前の文庫本。
最近、世間でリチャード・マシスン再燃のきざしがある。

キングの台頭で古い作品もモダンホラー扱いで売ってた。
映画にもなって、でも文字読むだけでとても映像が浮かんでくる作品。
なんだか性的描写がけっこうキツイ。ってかむかしのホラーにはつきものだったかな。
人間の根源的な意識を描こうとするとこうなるのか、でもキングとかクーンツなんかはそういうのが割と希薄だった気がする。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/04

セルフカバー

Pg111204
なんか最近よく見かける管弦楽をバックに歌うスタイル。
「UP」でずいぶん老けたなあ(風貌が)と思って以来聴いてなかったピーター・ゲイブリエルだが、去年、今年とオーケストラを使ってのライヴにいそしんでいるらしく、同じスタイルで前作は他人楽曲の、そして今回は自作再演のアルバムを発表した。
なんかNHK大河ドラマみたいだなあ、みたいな曲も。
一番よく聴いたPGのはあのキリスト映画のためのサントラだったから、なんかさみしい気もする。

龍馬を歌ったリサ・ジェラルドのデッド・カン・ダンスがまた動き出しているらしい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/02

Dec111201

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/01

冬支度

午後はクルマの点検のためディーラーへ。
オイル交換などといっしょに冬タイヤの交換も点検のパックに入っているのだった。
ウチのクルマは冬タイヤがオリジナルサイズなので、やっぱり夏用よりもバランスがいい。
乗り心地もちがうしたぶん燃費もいいのだ。
Ginka111201
ディーラー近くの店は約一年ぶり。揚げ海老がのった塩にしてみた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »