« 昼の読書 | トップページ | 家系 »

2011/12/10

どえらいもん

インディジョーンズだった。
Tintin111210
パチもんが主人公差し置いて主役に収まっちまった的な違和感はあったが、まずまずの出来。
まあ、このテの映画に難癖つけるのはヤボだろう。
それにしても、なぜか字幕版というかオリジナル音声での上映はこちらではなかったのだった。
スピルバーグ+ピータージャクソンだっていうのに、なんたる扱い。客も入ってないし。
アンディサーキスの吹き替えの人はやはりゴラムの人だった。

ケン1くんやロック、正太郎くんもこれが由来かな。

んで、どうでもいいんだけれど、200kgの財宝って、あんなもんなんだろうか。
コンパクトカーでも1,000kgくらいあるはずだから、あの映像では200以上はあるのでは。

« 昼の読書 | トップページ | 家系 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どえらいもん:

« 昼の読書 | トップページ | 家系 »