« セルフカバー | トップページ | どえらいもん »

2011/12/07

昼の読書

Hellhouse111207
手持ちの時代小説がなくなってしまったので、掘り起こしてきた24年前の文庫本。
最近、世間でリチャード・マシスン再燃のきざしがある。

キングの台頭で古い作品もモダンホラー扱いで売ってた。
映画にもなって、でも文字読むだけでとても映像が浮かんでくる作品。
なんだか性的描写がけっこうキツイ。ってかむかしのホラーにはつきものだったかな。
人間の根源的な意識を描こうとするとこうなるのか、でもキングとかクーンツなんかはそういうのが割と希薄だった気がする。

« セルフカバー | トップページ | どえらいもん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昼の読書:

« セルフカバー | トップページ | どえらいもん »