« 六年が終わる | トップページ | 三寒四温 »

2012/03/27

昼休みの読書

最近また海外物も読んでるが、どうも人物の名前がおぼえられない。
Scarpetta120327
はじめの頃のディティールは全然覚えてないと思うが、なぜか惰性で読めてしまう。
最新技術の描写がいろいろあるから、wiki引きしながら読んでたり。
けっこう凄惨な話だけど、でも結局メロドラマか、なんて思ったり。
そういえば少し前にはブラックベリーを使ってた主人公だが、今はiPhoneなのだな。

« 六年が終わる | トップページ | 三寒四温 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昼休みの読書:

« 六年が終わる | トップページ | 三寒四温 »