« | トップページ | »

2012/06/19

うっかりしていたが、動乱に到る時代が背景にある作品なのだった。
Sagi
ちょっとわかりづらい上流階級の生活の中での日常的なミステリの話。
教養小説っぽい部分もあって、読み飛ばそうとすると理解できない。
じっくり読み込んで読書を楽しむタイプの作品、何回も再読に耐えるだろうシリーズ。

簡素な表現の中でいきなりの劇的な幕切れ。
これはこれで完結としても、キャラクターたちがこの時代の前後を生きる話というのをぜひ読んでみたい。
しばらくまた北村薫に耽溺するか。

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »