« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012/07/31

最近夕方になると雷がくる。
雷鳴と稲光はけっこうハンパない気がするが、まだ実害はない。
むしろ短期集中のゲリラ豪雨というのがけっこうヤバげ。
きのうなんか水源上流で土砂崩落でもあったのか、一年間にあんまりないような濁度が続く。
運転が委託になってるからいいものの、直営時代であればもうどきどきもんで職場張付状態だったろうと思う。たぶん夜中に呼び出されてたろうし。

Buson120730
きのうは、でもラーメンにはたどり着いた。
駅前の鶏白湯+魚介のラーメン、ほかの店もそうだけどコレ系ってどんどん魚介(っていうか魚粉)がきつくなってってる気がする。
高機能カメラでラーメン撮るのはむずかしい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/30

夕方、カミナリが鳴っていくらか雨もぱらついたが、そそくさと駅ビルの屋上に出かける。
おびの会の暑気払い。
もう何回ときを重ねてるだろう、今回は14人、ほとんどおじいちゃんの集まりだ。
身内の不幸話、不健康話に他人の悪口で盛り上がる。
雨で多少気温は下がったが、蒸し暑いのでビールは進む。
料理はビッフェ。
Midori120730 Midori120730b
で、見ていると屋台料理みたいな定番の焼き物揚げ物は割と豊富に補充されたりするが、目玉のイベリコ豚なんかは出るたびにさーーっと売れていってなかなか出てこない。
定時を越えてさらにもう一軒、さすがにこの日は焼酎まで行き着けない。
Kinuichi120730
週明け一日目であしたも仕事なのに、終電になってしまうのだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/29

Syouryu120728 Syouryu120728b

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/28

なんとなく目を開けて開会式の風景を眺める。
…長い。途中でまた目を閉じる。
こういうのってエスカレートする一方で、縮小する方にはいかないんだろな。
ポールマッカートニーの歌。これかよ、って感じもしなくない。


汗もたらたらかいてたら不快なだけだが、だーっと流すと爽快だっていうことをときどき思い出す。
こんなとき。カレーラーメンを食べる。
Syoryu120727
ふつかよいも流れ出す。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/27

毎日暑い。暑いのになぜかあんまりセミがうるさくない。
ばててんのかセミも。

夕方は職場の暑気払い。でかい寿司屋。
飲み放題のメニュウに芋焼酎なんかもあったので、ぐびぐびやってたら寿司までたどりつけない。
しかも〆ラーメンまでたどりつけない。
Tomato120728

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/24

Tennichibo120714

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/22

きのう、災害現場の片付けなんかをやったため、からだの節々が痛む。
日頃からあまり動いていないのでこういうことになる。

午後に公園で昼寝しながら本を読んでいたら、昨年まで同じ課にいたひとから電話。
きのうのことを今さら知ったらしい。だからといってすんだことでいちいち連絡してこなくてもいいのに。

Fugetsu120722
きのうの予定だった中野市の冷たいラーメン。
カリスマが東京の店で使ってる塩だれを使ったコラボだそうだが、この店もコラボばっか。
うまいからいいけど。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/21

きのうはなんだか局所的な豪雨。
TVで見たような、冠水であふれる道路を走らせたのって初めてだ。
夜中の雨音も強烈だった。
でも電話に気づかなかったのは雨音のせいではなく、マナーモードになっていたからだった(^^;。
緊急配備が発令されたようであった。

で、朝になって別な話で職場から電話。
昨年度に場内でやった土工事の跡があの雨でやられて崩落したらしい。
120721_2
一応、緊急対応。その他外部施設の点検などしていて一日出てしまった。

Masakiya120721_2
昼。
涼しかったので熱いのを食べる(ほんとは、上田か中野へ冷たいのを食べに出かけようと思っていた)。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/19

前シリーズのときから、どうもRPGっぽいもんがあるなとは思っていたんだけれど、終盤に向かってそれらしさがばりばり出てきた。
わけのわかんない列車とか走り出したし。
騎士だの法師だのやたら数が出てきたのもそれっぽい。
Garo120719
ずーっと見てると、CGはちょっとうるさいかな。
いや、まあおもしろいんだけど。

あと、そう今回のシリーズも半ばからオープニングに歌が入るようになったけど、どうもことば使いがうまくない。
この人たちのって三曲くらいしか知らないけど、アレンジにインパクトがあるようなないような、メロディがキャッチーであるようなないような、でも歌詩はだめだめだなー。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/18

Ghibli120718

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/17

災害対応訓練があった。
といっても形式的なやりとりのシミュレーション、昨年の失敗を踏まえて一言一句整えたシナリオはちょっと笑える。悪い意味で。
一応やってみました。的な感じが見え見えです。

で、夕方はそれとはあまり関係ないのだけれど、日程の都合で部局の懇親会。
ホテルの宴会場で、九割161名の参加だという。
来賓で市長なんかきちゃって、酌回りの成り行きで話をするはめになった。
水源のダムの話になったから、浅川ダムを持ち出してみたら話を逸らされた。
Torimaru120717
いつもの店で芋を嘗めつつ新しいメニュウの鶏醤油をすする。
なんか最近こぢんまりまとまりすぎじゃないか、この店。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/16

週末ラーメン日記。
Aun120714
冷たい鯵醤油拉麺。夏野菜を使ったスープが多い冷やし中華って感じか。
今年は冷たいラーメン系のメニュウを出す店が増えてるようだ。
Yukiriya120714
潮つけ麺。
もはやヨッパな口ではあったが、岩海苔たんまりでうまかった。
Hiduki120715
葱塩冷やし中華。
葱たんまりに、柑橘が効いたスープが多い冷やし中華。
Aun120716
極濃つけ麺。
鶏白湯に鯖出汁を合わせてある。
コレ系は最近よく見かけるが、ここのが一番よさ気なバランス。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/15

狙ってたわけではなかったが、この日は役者さんたちが人力車に乗っての登城行列がある。しかも出発地点は自分が泊まったホテルだった(役者さんたちはもっとお高いところだろう)。
Parade120715
しかし、松本ってよくパレードする。

雨が上がり、町中は大賑わい。
城前では役者さんたちのあいさつや地元書道ガールズのパフォーマンス、テーマ音楽の演奏などが。
Tennichibo120715

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/14

Tennichibo120714
コクーン歌舞伎の番外編というか地方巡業版みたいな扱いなんだろうね。

台詞回しがほとんど現代口語というか、ドラマや映画見ている感じで歌舞伎口調があまりない、もっともそれを期待して行ってるわけでもないし、歌舞伎本来のものかどうかはわかんないんだけど、すごくおもしろかった。
Tennichibo120714b
座椅子にもたれて楽に座っている桟敷席だと、場面によってはすぐ近くまで役者さんが練り回ってきたり、生声がよく聞こえたりしと、かなりの臨場感だったし、やっぱライヴはいい。
筋書き上、これもどうしたってハッピーエンドになるわけはないのだけれど、大立ち回りや音楽の圧倒的な演出ぶりで見てる方には十分なカタルシス。
桟敷席の片隅にバンドピットがあったり、ラストでは20人もの黒子さんがトランペットを吹奏する(東京では7人固定だったらしい)、音楽も現代劇の舞台のような感じだったのだろう。


Yokocho120714b
会場の入口には縁日横丁が設営され、売店が並んでたり大道芸が演じられてたりした。
Yokocho120714_3


| コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/13

Darthvader120713
アレが聴こえてくるようだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/12

母がまた入院した。
例の左膝人工関節からの感染症。
人工関節と骨の接合部に細菌が入ってしまったという話。

いろいろあったので、このへんでちょっと経過をまとめておくことにする。

むかしからの膝の痛みで東長野病院にかかったのが2008年。で、

1 関節鏡による手術(2008/3/19)
2 上記、効果がないため人工膝関節取付手術(2009/3/19)
3 その後、転倒して人工関節と骨の接続部分(下側)を骨折、人工関節と骨をプレートで固定する手術(2010/3/12)
4 上記でプレートのサイズが合わなかったということで再度手術(2010/3/23)
これはプレートの交換を予定していたものだが、所見により交換はせずにビスみたいな固定具の数を増やして固定の強度を高めるという内容になった。

と、まあ二件で二回ずつ、都合四回に亘って手術を受けた。

その後、担当医師が3/31で定年退職、そのため東長野病院では整形外科がなくなるということで、術後の抜糸も済まない、リハビリもろくに進まないというのに、3/31で強制退院。

新しい年度になって4/7、退職したその医師が東長野病院の処置室で抜糸。

そしてリハビリのために別な病院を紹介される(今回入院しているところ)。

まあ、事情がわかっていたのなら3を受ける前の時点で止めてもらえばよかったんだけど、プレートのサイズなんたらの説明を受けたのは術後のことだったし。

5/28には経過説明のために院長に会ったが、専門ではないとかなんとかの言い逃れに終始してきちんとした話は聞けなかった。
骨折して救急車で運ばれた夜はこの院長が当直で、そのときも専門ではないから保証しかねるみたいな逃げ口上だった。
(まったくの余談だが、4月に北野文芸座のライヴに行ったとき、この人を見かけた。)


感染症の方はとりあえず抗生物質投与でしのぐことになるが、対症療法に過ぎないから再発はまちがいないとのことで、完治のためには人工関節を抜去して完全に細菌を根絶する必要がある、という。
その上で、再度膝の関節を固定する手術をしなければならない。
それは人工関節をつけ替えるということではではなく、足の上部と下部を完全に固定する器具を使うということで、これはもう関節はなくなるということだ。
既に取りつけている人工関節はもはや関節としては機能していないので、現状にもどるためだけならば新しい人工関節は必要ないし、むしろ新しい人工関節をつけることの方がリスクになり得る、ということのようだ。
しかしそのような状態を求めるとするならば、今後、二回の手術(抜去と固定)をすることになる。

これは本人にとってたいへん悩ましいことみたいだ。

選択肢としては、手術をせずに症状が出るごとに治療を受けるというのもあるが、しかし回数を重ねるたびに確実に細菌は耐性を増すから、それは終わりのない次の治療の危険性をどんどん高めてしまうといえる。

どうするかまだ返事はしていない。
ちなみに同じ医師の同様手術を受けて、その後感染症になってこの病院にかかっている人が母のほかにもいるそうだ。
120712

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/10

ちょいと買い物があったので、昼に抜ける。
用事すませて近くの店で400円ラーメン。
Maharo120710
熱い。暑い。
汗を吹き出しながら職場に戻ると、…なんか揺れてる。地震?
地震!
気づかなかったが電話の「ゆれくる」コールもきてる。
結局のところ、ここいらは震度3てな感じだったらしい。
午後は外部施設のパトロールでまた汗をかく。
忘れたころにやってくるが、なんかやな感じ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/09

Gourmet120709
当然、この怖面ぶりな感じはゴローちゃんじゃないよなあ、とか思っていたわけだ。
だいたい、竜ちゃんだし。
それからモノローグ。文字で読むには全然抵抗などなかったはずが、実際に喋るのを聞くと、なんかちがう。何腹ってなんだよ欲しがってんのは口じゃないのか。
それから、だるい劇伴と3ショットで超ロングになる、あの微妙な演出…。
と、まあとほほ感漂うドラマだったのだけれど、なじんでしまえば案外いい。
ほとんど原作「孤独のグルメ」とは別もんということで、なかなかいい。
初期こそエピソードがかみ合わなくてアレレ?みたいなところもあったが、終盤はけっこうまとまっていたのではないか。
でも一番コレは!だったのは特典映像の「ネ申セリフ集」。スピード感がすばらしい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/08

Marucho120708

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/07

あ、なんて憂鬱なマーチだ。
マーチでも音階の選び方でこんなんなりますね。
って、まあ初めて聴いたときからそう思ってましたが。

むかしのCD聴きながら、最近はことばを扱うひとの中では文学的な表現ができる人っていないんだなあ、と思ってみたり。
その、むかしのCDのことを言ってます。もう15年くらい前の作品か。
じゃあ最近じゃないじゃん。
今の音楽がどんなんかわかんないけれど、ことば、歌詞にこだわってるって、今はどうなんだろう。
あの頃、ついサウンド重視で聴いてましたけれど、これはちょっとって感じかな。
ホントは当時から思ってたんだけど。
Dsc00419 Dsc00431

Dsc00432

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »