« | トップページ | »

2013/06/25

off noteの資料的なもんやいろいろサントラなんかもあるけれど、このごろ聴いてて和めるのがラーベさんの近作二枚だ。
室内楽の中で歌を聴かせるタイプの音楽でパラストオーケストラを前面に出したゴージャスさやへんなユーモアはないが、しみじみと響く。
情弱であるしあえて踏み込みもしなかったのだけれど、どうやらこのシリーズの最初とおぼしき盤を見つけた。
Raabe130625
ここではピアノを伴っていて、このスタイルはラーベさんではたぶん初めて聴くがとても新鮮。
てか歌曲です。

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »