« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013/07/31

暑い。
せっかくライヴで活性化した気持ちも実は現実逃避でしかなく、日常ははてしなくダルい。
もう惰性で毎日毎日を埋めてるような感じ。いつまでつづくのか、なんて先のことも考えたくない余裕のなさ。
一度環境を覆してみないと、この甘えただらだら感は終わらないのだろう。
なんてなどうでもいいこと考えながらきょうも現実逃避に走る。
Naples130731
イタリアの楽団。
男女の歌手を表に出したこじんまりとしたバンドは、マンドリンとギターのトリオにアコーディオン、最小限の弦楽と管、打楽器といったあんまり見たことない編成。
演奏されるのはナポリタンな歌曲、朗々とクラシックっぽく歌われる。
それに交えて花や浜辺の歌なんて日本の歌も、アンコールにはふるさとも歌っちゃう。
日本ツアーも何回かやってるらしいし、かなりおなじみなのか。
だいたい客層が「何この敬老会?」てな感じにじいちゃんばあちゃんばっかりなのであった。
Naples130731b

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/28

土曜は夜にライヴという予定があって、ではその日のスケジュールはどうするかと考えて、その前に映画を見ることにした。
しかし昼過ぎから雲行きが怪しくなって自分的にはいかにも感じがよろしくない。
少し早めに映画館へ向かうと、辿り着く直前にやってきました!のゲリラ豪雨アンド稲妻雷鳴。しかもいつになくゴージャスだ。
ガラス張りのシネコンの中から道路上を迸る水流やときどき光が射す暗い空をながめながらポケットの上からケータイを押さえたりなんかして、しばらくびくびくしてみる。
カミナリも少し収まったころ、まあ、なるものはなるよねみたいな諦念的気分でホールへ入る。結果、なんにもなかったのだけれども(雷害による故障呼出)。

で、映画だ。
Kazetatinu130727
とりあえずの感想は、キャラが涙をこぼすたびに泣かされるのがくやしい、ってことか。昔ながらの背景動画におや?と思ったし気持ち悪く感じた効果音もあったが、些細なことはどうでもいいとして、すごくシンプルにまとめてあった。
ストーリーテリングは見事。破綻していない。
ここでもまた夢の中でささやく悪魔が登場か。

さほど切迫感や緊張感を強調せずに日常を描いた上での残酷な結末へのつながり。
それがよくわかんない気もする。「生きねば」の意味も。
それはそれとして、おとなの映画だ。
トトロポニョだいすきお子ちゃまたちは、この映画を見るのか?
今後、カントクの大人の映画はまだ観ることができるのか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/27

Garagechanson
こまっちゃクレズマのライヴのあと、フライヤーをもらった。
ガレシャン?。でも…。
いやそれが再開ツアーが始まるんだという。
Garage130727
メトロファルスやニーノトリンカみたいな芸風なので、あのころの自分だから嗅ぎつけるのはまちがいなかったろうが、今思えば何がきっかけだったのか。
ともあれ、バンドのアルバムはもちろんシンガーやアコーディオンの参加CDは何枚も部屋のそのへんにある。アコーディオンはジブリの映画やあまちゃんでも弾いていることだって知ってる。
Garage130727b
で、このせまい小屋での初ライヴ。今回は地元オープニングアクト二組のあとだったので時間的にはそんなに長くない、というより短かったのだけれど、充分に濃密な時間が流れた。
フルボリュームだともっと構成も変わってくるのだと思うが、これはやっぱりスタンディングで、できればちょっと強い酒など嗜みながらながめたい部類だな。
次回はワンマンでぜひ。
しかしながら、今回のオープニングアクトはふたつともなかなかなもんで、特に二組目「大福」、コントラバス、アコーディオン、サックスてな編成で、コントラバスがセンターでリード楽器っぽいというなかなかアヴァンギャルドなひとたちだった(後半、メンバーにはアコーディオンのお子ちゃまとおぼしきパーカッションが加わった!)。
で、こまっちゃライヴのあとでフライヤーを配ってたにいちゃんがコントラバスのひとだったのだった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/26

Katsuramazurka130725
きのうの物販に出ていた、メンバー別バンドのCD。お、すり傷BOYが入ってる。
このひとたちは、つまりメトローマンスホテルでもある。
で、ラストナンバー「?」はあのクマ?のテーマだった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/25

こまっちゃ+おおたかさんがツアーをしてたのは、もう6年前のことだ。
あのときは松本と小諸で見た。今回は長野市。
Komacha130725b Komacha130725
やたら就学前児童が多い客席、そのちっちゃいお子ちゃまのおっきなお友だちって感じの若い子たちも。
それからなんだかお年寄りも。
むかし通った、長野市では唯一のマニアックだったレコード店のひとたちがきていた。
店主夫妻も、それからあのころはつんつんに髪を立ててたひともすっかりおかあさん、といった風情で。
会場はあちこちにみんな誰かの知り合いが散ってるような感じ。自分も顔見知りが何人か。
ひさしぶりに聴けた月下の一群もかっこよかったが、メニュウにはこどものためのナンバーも数曲。
ホームコンサートみたいなおだやかな時間だった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/22

最後の1000円マックの土曜は松本だからだめかなあ、と考えていたのだがやっぱり寄ってしまう。
Mac130720
前二回は予約をして取りに行ったのだが、いろいろ見聞きしたが整理券は出す店はあれど予約できる店というのはほかにあったのかどうかわからない。
松本のこの店でもふつうに店頭販売だけのようだった。
販売開始一時間後くらいで、ひとりで二つ三つ持っていくテイクアウトもいるし、店内でもほとんどのテーブルでこいつの包みが開かれていた。
結局、目論見は成功ということなんだろうな。
今回だけは叶わなかったわけだが、これはやっぱりビールだよなあ、辛いソーセージだし。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/21

日曜の店、二店。
Shouki130721
これはひさびさに王道。
店がせまくてそんなに座れないので、これは県民文化会館近くのあの店みたいにいつの間にか大行列のハヤリ店に化けちまうのではないか。
店主はひとりでメニュウごとにもたもた作ってるし(ま、ていねいってことだが)。
Hirahira130721
長いワンタンを食べさせる店、コレをいただくのは三回目くらいだが今までで一番量が多い感じ。
夜だと終わっていたり、それ以前に開店直後に行っても「仕入れてません」な幻のメニュウ。

そんでレジ横には、店長家庭の事情で閉店という張り紙。
ここはちがう人が店長だったよなあ、だいたいこの人はじめて見る顔だし、そもそも個人経営の店じゃあなかったんじゃあないの。
そうか、何回目かの形態変更なんだねきっと。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/20

再演。
Cabaret130720 Cabaret130720b
音楽監督ながら前回のときには自身のツアーと重なる日程ということもあってか控えめに感じられたcobaの存在感(公演後半は欠席だったし)も、今回は出し惜しみなく全開な勢い。
バンドの面々にほとんど変更はないようだが、バンマス的にユーフォニウム/トロンボーンが入っていてパワーアップした感じ(この人もバチカンブラザース)。
サーカスや大道芸パフォーマンスは以前にはなかった演し物も増えた。
芝居の演目には変更はないが、一部配役を替えたりヒネリが加わったりとこちらもブラッシュアップ。
さらに休憩時にマルシェの中で披露される小舞台はこぢんまりしながらも完全新作。


天幕の中で音楽といっしょに流れる空中ブランコを下から見上げて、跳ぶ爽快感を追体験する。
くさくさした日常が続く中、ようやくリフレッシュできた。
も一度見たい。いかん、現実逃避のタネだ。
Cabaret130720c
「思い出を売る男」は四季のオリジナルがあって、しかも今回演った石丸幹二の持役だったとのこと。ふうん。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/19

Cabaret130719

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/18

いそがしかったり暇だったりしている毎日、実際のところ今のところあんまりすることがない、ってかあんまり居場所がない感じもするし。
きのうはむかしの仲間との呑みで、翌日は休んでぐたーっとする予定だったがなんだかダメで欠席。
なんか気持ち的にちょっとやばいかなあ、でも暑いし出勤してもしょうがないから休んでラーメン食いに行くことにする。
癒しになるかどうかは別として。。
水道料金値上げするってのに申しわけないことだ(おいらのせいじゃないけど)。
Kenken130718
さすがに平日の朝は街中がそれなりに渋滞で行き着くのに時間がかかる。24時間営業の店。
Sakura130718
昼は味噌ラーメンの店でつけ麺。

夜は呑むから食えないな。
しかし今さら五月病かよ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/15

ゆるゆる朝寝していたら、今朝はなんだか過ごしやすかったのだった。
でも昼に勝負に負けて
Tenshin120715
せっかくの過ごしやすそうだった一日は台なしになった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/14

River130714
暑いので涼んでみた。
Kosugi130713

| コメント (2) | トラックバック (0)

2013/07/13

Genbu130713
新しい店なのに混み混み。けれどキャパがあるしメニュウがシンプルなのでするする回転している感じ。

そして夜は千円のきのこバーガー。
Mac130713

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/12

新しい職場になってはじめての部局懇親会。まあ部局自体は変わってないんだが。
すでにキコメしていてべろべろの市長の乾杯発声からはじまる。いやなひとときのはじまり。

って、もう勢いで時間は過ぎ去る。
次の店で落ち着こう。
Takesan130712

大量に呑んでるはずだが、弱い酒で終始してたのでなんだかハンパで眠れない…。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/11

Cloud130711
本日も暑かった…。
体力もなくなってるだろうが、きっと根性はもっとなくなってるんだ。

| コメント (1) | トラックバック (0)

2013/07/10

むかし、知り合いに自分のコレクションをダビングしてムリヤリ聴かせたり、なんかしたもんだ。

で、関係ないけれど、こないだないしょで知り合い(何十年も経つので当然むかしの知り合いではなし)のコレクションを聴かせてもらったのだった。
むかしはカセットテープ。今はCD。
曲目をながめながら聴いてみる。おや、なんだか表記より一曲多い。ボートラ?
しかし、どれが。
電話にインストールして一度も起動してなかった「Shazam」を使ってみる。曲名検索アプリ。
14曲目が二曲分にカウントされてる。途中でインデックスがはいったか。
むGOD ONLY NOSE?…Milord?…懐メロはクレジットが微妙にずれてたりする?
…はじめて使うがなかなか賢いアプリではないか。
Shazm130710_2

ないしょのダビングCD、終盤の日本語で歌われる曲がすばらしい。
「かまってちゃん」とか「それは苦しい」とか名前からではとてもはいっていけないが、音を聴いてみるとほんとすばらしい。
最近のだれだれな生活ではとても気づけない音。いいもん聴かせてもらった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/09

などと梅雨批判したところ、翌日からものすごく暑くなる。
これではもうじめじめとかいってる場合ではない。
Tofu130709
去年のザク豆腐の新シリーズはゴージャスに出た。
でもこれってどうなの、やりすぎじゃないの。だいたい消費期限どのくらいなのかしんないけど、まだ一週間残して半額近く引きにもなってるってどういう生産体制だろう。ふつう一週くらいで売り切りじゃないのか豆腐なんて。
暑いから八つ当たりしてみた。保管場所に困るしごはん用の空っぽ容器つきってどういうつもり?
200円引き298円。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/07

梅雨明け宣言翌日のこのじめじめした雨模様って何?
梅雨入り宣言翌日は快晴だったしなあ。
前線の位置とかいろいろ決めごとはあろうが、時候の定義ってそんなもんではかり知れるんかよう?っていうのはあろうかと思う。前線なんかわかんなかった頃から梅雨って時季はあったんだから。
Cherry130707_2
農協の売店で買ってきた。
アメリカンチェリーぽいが、かけあわせの地物。品種名忘れた。さくらんぼってひさしぶり。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/06

Ago139706_2
この週末も上越の店。
先週のコメントはちょっと言い過ぎかな。なんだかここって観光名所って感じみたいだ。
地方のラーメン者が探訪する都内の行列店てなイメージか。
だからそういう感じの店が長野にはない。

新しい限定つけ麺がはじまっていて目論んでた「塩豚骨」が選べなかったので、標準の「豚骨」つけ麺。
昼に食べるには少しヘヴィかな。

Mac139706
1000円もするバーガー、近所の店では限定百個。しっかり売り切れ。
やたら包装が過剰だがこの売れ行きだと実績を残して、コレ路線は続くのかも。
中身が豪華だとそれぞれセパレートでつまんでみるかみたいな感じだけど、がぶりとまるごとひと囓りした印象は、ベーコンうまいパインいい仕事ソース香りキツイ、てな感じだがトータルではイケる。

どっちにしても昼と夜でこれだけ食えば完全に食い疲れ。
しかし、十年前まではファストフードって食べる頻度はもっと少なかった。そういえばラーメンだって。
酒は…。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/05

Mio130705
「次の出すまで一年かかりますから宣言」から、インターバルは余裕で一年越え。
満を持して出てきました。って感じ。
読み終えるのがもったいない感ばっちり。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/02

Hibiki130702_2
オリジナルライターによるノベライズ、ってか二次創作。
まぁうまくやったもんだと思わないでもないが。
Corelli130702
大江戸バロック。
とはまたイロモノ的な。と思っていたら全然そんなことはない。
きちんとしたヴァイオリンソナタ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »