« | トップページ | »

2013/07/28

土曜は夜にライヴという予定があって、ではその日のスケジュールはどうするかと考えて、その前に映画を見ることにした。
しかし昼過ぎから雲行きが怪しくなって自分的にはいかにも感じがよろしくない。
少し早めに映画館へ向かうと、辿り着く直前にやってきました!のゲリラ豪雨アンド稲妻雷鳴。しかもいつになくゴージャスだ。
ガラス張りのシネコンの中から道路上を迸る水流やときどき光が射す暗い空をながめながらポケットの上からケータイを押さえたりなんかして、しばらくびくびくしてみる。
カミナリも少し収まったころ、まあ、なるものはなるよねみたいな諦念的気分でホールへ入る。結果、なんにもなかったのだけれども(雷害による故障呼出)。

で、映画だ。
Kazetatinu130727
とりあえずの感想は、キャラが涙をこぼすたびに泣かされるのがくやしい、ってことか。昔ながらの背景動画におや?と思ったし気持ち悪く感じた効果音もあったが、些細なことはどうでもいいとして、すごくシンプルにまとめてあった。
ストーリーテリングは見事。破綻していない。
ここでもまた夢の中でささやく悪魔が登場か。

さほど切迫感や緊張感を強調せずに日常を描いた上での残酷な結末へのつながり。
それがよくわかんない気もする。「生きねば」の意味も。
それはそれとして、おとなの映画だ。
トトロポニョだいすきお子ちゃまたちは、この映画を見るのか?
今後、カントクの大人の映画はまだ観ることができるのか。

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »