« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013/09/29

日本酒でにごった頭がしゃっきりしたのが昼過ぎ。
歩いて行かれる店でラーメンでも食うかと出かける。
ここの店はむかし黒姫にビアレストランを持っていて、そこにはジブリのあの監督の色紙がばしばし貼り出されていた。
今はそのレストランとは切れてるらしいが、そのときの色紙が飾られていた。
Dsc07887
見えてないけど。

Dsc07894

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/28

今年も蕎麦をたらふく食った翌日は須坂で呑んだくれた。酒蔵のお祭り。
ムダに好天で、日本酒なんかやってる場合じゃないとか思いながら試飲会場で何種類もある銘柄をぐびぐび。
ふだんは長野市内で店を出してる人が屋台で焼き鳥炙ってたりなんかして、これが店で食べるのより妙にウマイ。
Dsc07820
樽酒つるし酒なんかも大き目の猪口でお代わり100円飲み放題。
そんなことしてたら、シメのラーメンも食えなくなった。どころか、どうやって帰ったかも記憶にない。
醒めてみると思いがけないところがズキズキしてたり。
Dsc07844

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/27

Takaraya130927
戸隠蕎麦祭り、大盤振舞。今年で終了宣言。
以前にもやってまた再開した経過があるが、あれ以降やっぱり盛り上がっていないのだろう、今年も昨年に較べてお客さんは少ない。
なもんで短い間にどんどんお店を回ってしまう。
昨年は体調のこともあって四枚(四店)がいっぱいいっぱいだったけれど、今年は五枚行ってしまう。
来年はまた別なイベントを考えるというが、さて。
Sennari130927
戸隠の蕎麦は水切りがあまい、というかかなり水っぽい。
その中であっても店ごとの味わいはきちんと立ち上っている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/26

Dsc07775

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/25

Pokey130925
もういろんなCDを買い込んでひたすら音楽と酒にひたる毎夜毎夜。
Amachan2130925

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/24

DeadCanDanceのライヴを見て、そのだいぶあとにライヴ盤を買ったあと、グダグダな生活の中で見つけたCD(今もグダグダ)。
Departum130924
デドカンというよりはThisMortalCoilって雰囲気。
MarcelloDeFrancisciって人は、よくわかんないがホラーのサントラとかやってる人みたい。
ほかにも共作アルバムがありそう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/23

Yamaoka130923
特製味噌。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/22

Dsc07768
東御の巨峰祭りに行く。
…まあ、葡萄に特化した農協祭りだったけど。
葡萄といえばやっぱ須坂、中野あたりかなあ。シャインマスカットとピオーネ。
今年は極端な気候だったので甘いという。
ナガノパープルにはいつありつけるか。
Hibariya130923
朝早かった。で上田へ寄って早くから開いてる店で食事。
こんな店が校門の前にある高校や、ほとんど敷地内のお役所がうらやまし。
カツオラーメンにはワカメがのってる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/21

Yama130921
塩にしてみた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/20

そろそろサントラが耳に馴染んだというか、もう耳についてしょうがない感じになったので見に行ってみた。
Superman130920
かんじんなところがダイジェストぽかったり説明ですませたりしているけれど、見せ場はオッケー、もう、その言葉どおり文字通りの肉弾戦が見られればそれでよし。
目まぐるしくて終盤は画面で何が起こってるのかわかんなくなっちゃったりもするが、ゴージャス、サービス満点な画作りだ。
アメリカでビルをこんなに倒しちゃっていいのかよう、なんて心配になりながら、あの過酷な状況でもスーパーマンのお約束は通してしまうあたり、さすがと思う。
でもここまでやっちゃうと今後はこのテの描写はできなくなっちゃうのかな。
アクション前提にしたらもうバットマンとか相手にしてらんないだろうからな。

音楽については、太鼓はやたらドコドコ鳴ってるけれど、ペダルスティールはほとんど聞こえなかったのが残念。

時間の制約があったので「3D吹替」にした(なぜ3D字幕の選択肢がないのか)。
今まで洋画の字幕には翻訳のことであれこれ言われてきてるし、吹替にしてもキャスティング、ニュアンスなどでもまたしかり。
ひとつ言えるだろうことは、このままだと洋画においては「素敵な台詞」というのはあり得ないのだろうなあ(役者の肉声を聞いて脳内通訳がうまくいった場合はあり得るかも)。
しかしどっちにしたって単なる「翻訳」ではないダイアローグライターって、要るんじゃないか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/18

130918
こどものころはSFずきを気取ってみたが、いまはすっかり時代物。
どちらも現実離れしてることにちがいはないが、身の回りの進展が早すぎて、SFのネタはすぐに陳腐化しちまうのだよなあ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/16

Dsc07717
朝から不穏な台風情報。
確かに未明からデカめな雨音が響いてた。
エリアメールで危険な報せ。でもおれんとこにはこないわけだ。

昼過ぎにはなんとか落ち着いた。
雨が退いたので文庫持ってふらふらしてみたが、その後、小雨や風がきたので帰る。

呑みながらTVは、ローカルで松本の串田和美取材番組。
あしたには忘れてるかもしんないけれど。いや次回の公演、楽しみです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/15

アマチュアのホルンアンサンブルを聴きに出る。
六重奏八重奏などのもともとホルン向けの曲はけっこうかっこよかったりするんだが、19人でホルストってのはちょっとムリがある気がする。
この編成からつづくウルトラセブンの歌は慣れてるらしく、決まっていたけれど。
Horn130915


焼き鳥ビールとラーメン。
Yakitori130915 Kohrakuen130915

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/14

TVであまちゃんのライヴを見てたらなんだか寝そびれちゃって、でも朝になると悲しいことに目が覚めてしまう。
ひさしぶりの朝ラーに出かける。
Xo130914
葱たんまり。繊維に沿って平行にカットしてあるらしく麺みたいに長い。
オプションでほうれんそうもつけたので固め濃いめで頼んだら、初めて見るこの日の店員さんは思いっきり濃くしてくれた。つけ麺のスープみたい。
朝から血圧を上げる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/12

Img9170816310001

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/11

Shortpeace130911
仕事帰りに見てみる。SHORT PEACE。
民話みたいなのが2編と、ドラマ性は感じるがあんまりスジは感じない、いかにも大友なのが2編のオムニバス(あとOPもいれると全部で5編か)。
絵面はいかにもゴージャス。ショートショートで見どころがうまく切り取られた作りになっているから気を抜かずに見られる。
なので、疲れない程度にいい時間枠に収まっている。
4作とも作風がちがって、それぞれいい感じ。

最近の劇場アニメって、やたらとあるTVアニメのエクステンドバージョンみたいなのは、たまに予告で見るが全然見る気になんないもんなあ、というより見たくない。絵的に。

しかし、なんかすごく地味な扱い。ジブリのあれと同じ公開日というのに。
長野じゃ9月になってからシネコンじゃない館でひっそりとやってる。
火要鎮は聞いてたとおりおもしろい絵作りがされている。
こいつの前半の屋敷の描写みたいなレイアウトでもうちょっと長い時代物をやったらおもしろいかもしれない。
ところで、だいぶ前から話に出ている少年誌連載はまだなのか。ジャンプではじまった鳥山明はたまに立ち読みしている(もうすぐ終わる)。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/07

Dsc07662
雨模様なんでアーケードの中に押し込められちゃった大道芸フェスティバルや、未だ進退を明確にしない現職市長の態度に業を煮やした市議が自ら立候補表明しちゃう街頭演説など冷やかしに町へ出る。
限定、日の高いうちは100円、の生ビールをあおって罰当たりな気分でだらだら呑んで、んで日が落ちた頃、シメの店でもまた瓶ビール。
Syoki130907
いやしかし、駅前への外出はこのためのつもり。
ていねいな仕事。このチャーシュウ見て呑まないわけにはいかないでしょ。
今のこのへんだと一番気に入ってる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/06

も一度ナウシカはきちんと読んでおかねば、と思っていたところだ。
緻密な描き込みと難解な内容で、思うように読み進めず、いやむしろもどかしくなって、ページを手繰る指を早めたこともあった。結局、後半部分は一度しか目をとおしてなかったんじゃなかったか。
あれから十年二十年経って、世界観もようやく馴染んだろう今、通しで臨む。
Dsc07633_2
あの頃に思っていたほどの複雑な物語ではなかった。そして意外にも古典的なSFという印象。
自分的に「もののけ姫」は別語りのナウシカだったのかなあとか思っているのだけれど、もののけ姫でも出なかった結論は、本作でも明確に描き出されずに性急にラストを迎えてしまう。

この原作の後半部分をエヴァンゲリオンの監督が撮る、という話がある。
その意向になぜか容認の姿勢を示す御大は、今時点では引退の意向だけれど、そうなっちゃった場合、案外多大な貢献をしちゃうんだろうな

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/04

ハンス・ジマー。
最初に意識したのはもう30年も前か、ポルナレフのアルバムでプログラミングのクレジット。
同じ頃、ZTTから出てたマリリンモンローとアインシュタインが出てくるへんてこな映画のスコアを聴いた(映画は見てないけど)。
もともとトレヴァ・ホーンのバンドにいたらしい。
今では有無を言わさぬハリウッド映画音楽の大家。リサ・ジェラルドとも共演していた。
今年にはいってからも、盛り上がりすぎてどっか行っちゃうウィリアムテル序曲を使ったローン・レンジャーがあった。
で、スーパーマンの音楽。
Superman130904
これは気合がちょっとちがうか。
ドラムス10人の「ドラム・オーケストラ」とか、ペダールスティールも8人並べて「ペダルスティール・オーケストラ」なんてユニットを組み込んでいる。
よく見えないクレジットを目を凝らして見てみるとアルバムプロデュースはスティーヴ・リプソンとある。
なんだかZTTとはまだ切れてないようだ。
ボーナストラックみたいなのが一曲はいった二枚目がついた二枚組もあるが、ほんとのボーナストラックつきは二枚目が七曲入りだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/02

Togakushi130902

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/01

こないだ大江戸バロックで聴いたコレッリ。むかしむかしの音楽の時間でセットで覚えていたらしいのがタイスの瞑想曲。
テレビなんかでも耳に入るがちゃんと聴いてみたくなったので調べてみたら、これってオペラの中の間奏曲だった。
それで、なかなか完全な音源もないらしい。
家で届いていた外国からの郵便物を見て、しばし狼狽。
「Thais」何コレこんなの注文した覚えない。開封もためらったが、思い出した。
そうでした、悪かった。
Thais130901
くだんの曲は間奏曲なのでなかなか出てこないし、それっぽいメロディもないなあと思いつつ夜更けのボケ頭で聴いていたら、ちゃんと出てくるし、フィナーレでは歌つきでリプライズされていた。

Ichibun130824b

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »