« | トップページ | »

2013/09/06

も一度ナウシカはきちんと読んでおかねば、と思っていたところだ。
緻密な描き込みと難解な内容で、思うように読み進めず、いやむしろもどかしくなって、ページを手繰る指を早めたこともあった。結局、後半部分は一度しか目をとおしてなかったんじゃなかったか。
あれから十年二十年経って、世界観もようやく馴染んだろう今、通しで臨む。
Dsc07633_2
あの頃に思っていたほどの複雑な物語ではなかった。そして意外にも古典的なSFという印象。
自分的に「もののけ姫」は別語りのナウシカだったのかなあとか思っているのだけれど、もののけ姫でも出なかった結論は、本作でも明確に描き出されずに性急にラストを迎えてしまう。

この原作の後半部分をエヴァンゲリオンの監督が撮る、という話がある。
その意向になぜか容認の姿勢を示す御大は、今時点では引退の意向だけれど、そうなっちゃった場合、案外多大な貢献をしちゃうんだろうな

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »