« | トップページ | »

2013/10/04

Antediem131004
リサジェラルドと連名のアルバム「DEPARTUM」は、リサのソロっぽい感じやアーリーデドカンな雰囲気でとても好ましく感じられたので、Marcello De Francisciというひとのことを探ってみるのだが、なかなかわからない。
どうもいわゆるサントラ音楽家らしいということしかつかめない。
近作のサントラでもリサといっしょにやってるらしいのだが、それはアマゾンでは品切れ。
なので単独クレジットのアルバムを聴いてみる。
…リサ、ここでも歌ってんじゃん。と酔いボケ頭には響いていたのだけれど、まともな頭になってからもはや老眼鏡必須なCDのクレジットを解読してみるとどうもヴォーカリストは別人のよう。
しかもあのテの歌手を複数使ってるみたいだ(本人使えないのか?)。

オーケストラと電子音のアンサンブルにポップスぽさを除いたパーカッシヴな打音、中学生の頃から音の好みは変わってないな。
ネット翻訳DeadCanDance。「(ダンスすることはできます死んだ)」そうかそうか(^^;。

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »