« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013/12/31

年の瀬か。
毎年積もり募る寂寥感。
なんちゃって、ホントはお祭り気分で過ごせればな、なんか思ってクレツマなんか流してみても、祭祀の音は厳粛に鳴る。
逝っちゃった歳への追悼ってことなんだよな。
Longvacation131231

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/30

今年最後の呑みのあと、帰ってみればいつぞやの「あまちゃん」ライヴがTVでやってる。
うつらうつら見しながら寝て起きてみれば一日中のあまちゃん騒ぎ。NHKやり過ぎ。
と思うが夕方までダラ見。
CD、何枚も買ってしまい、おいらも乗せられ過ぎだよなあ。
でもこのテの音楽の世間拡散はいいことだ。いい世になるにちがいない。
Django131229
きのうの〆はつけ麺にしてみた。んで正月恒例の持ち帰りチャーシュウに今年は煮卵もつけてもらう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/29

Bushi131229
料理ネタの時代物、やっぱウケてんだろなあ。
案外、席は埋まってる。
時代物ってのは、日本人にとって身近なファンタジーなんだろうな。
音楽、意外にケルトな雰囲気だったりして自分的に好感度。
加賀料理は、そうこの二三年、身近に感じてたりするから、こんなの観てたりするとまた呑み過ぎる。
いや。うまい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/28

最後の週はなんだかばたばたしてしまったが、とりあえず終了。御用納め。
明けて本日は葉もの野菜を求めて郊外へ。例年の五割増しくらいか。
ひさしぶりの店で鶏白湯。
Fugetsu131228
夕方になってちょっと職場に顔を出したら、呼び出されたらしい職員が何人か。
まだばたばたしてるらしかった(人ごと)。
入浴施設に寄って汗を流す。入口に救急車が。年の瀬か。
けっこう混んでいる。直肌を亀の子タワシでこすってる人がいてびっくり。
休憩所で寝転がって「ボックス」の下巻。
ところどころ、ことば遣いに違和感があったりするけれど感動的に読了。一過性の青春って感じ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/24

131224
merryXmas。
少し前に朝のバロック番組で聴いた。
探してみたらすでに廃盤だったがAmazon中古で500円。
アレンジは青島先生。
最近カバーづいてる栗コーダーが次のクリスマスアルバムを作るとしたらこのスタイルか(邪推)。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/23

連休のラーメン四題。
Yamaokaya131221
24時間営業の店、限定は豚すき風こってり。イキオイで食ってしまう。まあこういうのはこういうのでOK。
Homare131222
このところ休みのたびに入り浸ってしまってる店。本日はメンも食う。
新商品、大人の中華、醤油。鶏節の花削りが載っている。バカ鼻にはどれほど利いているのかわかんない。
ダシにはけっこう利いてんのかな?バカ舌でもあるし。
ウマいことは確かだが、でもこれがために超絶的にウマくなってるとは思えない。
ノーマルでも十分すぎるほどウマいから。
Rurumo131222
呑み〆めは、もう十年以上ぶりに入ったこの店、既に代替わりしている。
むかしも食べた定番の背脂醤油。
Aun131223
やっぱり行ってしまった豊野の店、最終日。
通常の三種類のとはちがう、もうひとつの豚そば。
はじめて開店前に列ぶ。豚も利いてるが鰹も立っている。
…たぶん気合いも入ってる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/22

今年の零戦もう一機。
O131222
原作は、とてもよく練られていて感心した。プロットも構成もキャラクター造形も完璧に感じた。
奥から浮かび上がる主人公は、どこかホラー向けな設定かなあとも思いながら涙腺決壊の上、読み終えた。

映画はどうか。
文章を細かく吟味しながら理解する展開とはちがって映像があるので、もしかしたらけっこう流し見になってしまったのかもしれない。それこそなめ回すように見ていれば相当な情報量があったはずだろうし。
まあそれはそれとして、話もうまくまとめてあって(原作は何回も行きつ戻りつ読み進めていたこともあり、実は案外シンプルなストーリーだったのかと思った)、今ではもうふつうに劇的に描かれてしまう映像と相俟って、もうこっちも涙腺決壊で見終えた。
同じシーンの別な使い方というのもうまかった。
ラストの超常的な飛行シーンを見たあとで、ちょっと見、恐怖は喚起しないけれどやっぱりこれはホラーだと思う。
Beer131222

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/21

Snow131221
年末も押し迫って先週もいろいろ。きのうも帰りそびれて遅くなる。
明けて本日降ったー。

豊野の店は明後日で終了。最終日には限定も出るかもという話もあるが、とりあえず食べ納めのつもりで。
Aun131221
ウマイ。
でもなんだかんだで今日はトータル三杯近くも食べて、おなかいっぱい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/20

Box131212
まあ旬の作家の作品ではあるし。
表現はうまいしスジもうまい。まんがなどではこのテの話も見ないではなかったけれど、文学で正直この分野ははじめてか(ん、野球のでなんかあったか?)。
読んでもアクションがイマイチわかんなかったりするけれど(運チなもんで)、むかしはジョー見習ってワンツーとかしたもんだ(うそ)。
上下巻の上が終わってしまった。早く仕入れないと欲求不満だ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/16

Gachiya131216
この店は開店当時、チャーシュウのサイズがデカくて、半分で十分だと思っていた。
今の厚みは1/3くらいかな。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/15

同じ職場ののやつが所属する吹奏楽団の演奏会の日。
諸事情で行かれなくなり。
来年の管弦楽のには行くからねごめんね、
Katsuo131215
かつおの味噌漬け。焼酎のツマだな。
年末は昔の音源にひたって過ごすことが多いのだ。
本日、去年のメトロとかね、ガレシャンも聴く。音楽だけにひたって生きたい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/14

ひさびさに泊まったホテル、ヨッパライには勝手がわかんなくて電気は夜中に使えるようになった(^^;。
朝はエスニックレストランでお粥と飲み物。
Breakfast131214
職場に戻って雑用。
そのあとは近くの食堂で持ち帰りの焼きそばを買う。
ここは職場の近くながら時間が合わなくてたまにしか買えないのだが、気に入ってる。
店では食べきれないし、呑めないからテイクアウト専門。
ふつうにやるとして、持って帰って三回分はもつ…。
Juraku131214

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/13

Gohonjin131213
課の忘年会は、夏頃に婚礼に呼ばれたレストラン、テーブルに置かれたメニュウ、まさに披露宴のコース料理っぽい。
こんなので飲み放題なんか、死ぬほど呑んでしまう。
しかし次から次へと皿が替わるからちびちびやってるわけにもいかない。
重いやつなんかは同じテーブルの若いのに食べてもらったりしつつ、でも盛大に呑んだ。
宴会料理をこんなに食べたのはひさしぶり。

でも二次会ではラーメン食う。
この頃気に入ってる店、閉店しないうちに急ぐ。
Shouki131213
しびそばはマグロ出汁の塩ラーメン。あまり記憶がないのが残念。っていうかまた次が楽しみ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/12

1311212
時計のある生活。時計があるだけで生活にメリハリがある…かもしんない。
でも見える場所に時計があるのはうれしい。それって一般的にふつう?

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/10

ぼーっとしてるといつの間にか時間は過ぎていく。
朝出かけて帰ってきてヨッパらって寝るともう出かけるはめになる。はめになるってこともないか。
何か生活にアクセントをつけないとまずいなあ、なんか思いつつ時代小説読んでホビットの特典ビデオなんか見てる。
Fukuya131210
記憶にに染み込んだ味にはときどき引き寄せられる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/08

Kaguya131207
タイトルロールからして、かつての東映動画の長編みたいなおもむき。
伝統的に見えるが実は前衛だろう画のスタイル。
なのにキャラクターは、しりあがり寿っぽくてなんかイマイチのれない。

彼女のいきいきとした仕草にはハイジも思い出してしまったけれど。
木訥とした描写が終盤の宮﨑駿っぽいファンタジーに突入するあの場面ではいきなりハイテックになる。

ことばの端々にうかがえるのは、なんだかわかんないような無常観。

監督が想定するプロローグが見えない。
月の人たちが帰っていく背後に青い星。でもその行く先にはクレーター?
ちょっと自分的には実感できなかったりするわけで。
宮﨑作品だと納得できないなりに一応すっきりはするんだけれど。
Kaguya131207b
セロ弾きのゴーシュを見たくなった。ああいう絵柄だったらもっとよくわかったかも。

cobaのライヴの前に見た。こういうスケジュールにしないと多分見ないだろうと思った。
で、cobaの会場で開演前や休憩中に終始流れていたのが、かつての高畑作品でも使われたブルガリアコーラス。誰とも共有できない個人的シンクロニシティ。
Homare131207 Homare131207b
で、その前にはイッパイひっかけてたりする。
先週のあの店で、ラーメン屋ならではの三品盛りほか水餃子で呑む。水餃子ウマイ。
時間が圧してるからメンは食べられず。結局この日は夜も〆ラーはなし。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/07

Coba131207
アコーディオンのソロでアルバムを出したcobaがそのスタイルでツアーをしている。
長野の公演は前回同様北野文芸座、寄席なんかによく使われる会場。
Coba131207b
あんまり大きくない会場だから、PAなんかは要らないんじゃないかと思ったほどデカい音。
長野のお客さんは大半がお年寄りなんだし。
鍵盤を叩く音(鍵盤にさわる音)も鮮明、一瞬これはパイプオルガンか、みたいな音も鳴り響いた。
we are the championsなんか正直CDで聴いたときは聞き流してたわけです、ああコレって感じ。
でもライヴだとかっこいい。ライヴの隠し球にしときゃいいのに。
二回目のリベルタンゴの時、その演奏の真っ盛りの時に一部のお客さんからしのび笑い。
ちょっと不審だったが、一瞬「♪信濃の国」だったらしい。
…気づけなかった(^^;。松本も行くか。
Ryugu131207 Maguro131207
終わったあとのイッパイ。
今年は秋に入っていろいろカマ焼きをつつく。お得だしなによりウマイ。
カンパチ、ブリときて本日はマグロ。比較対象がない写真だが、実はけっこうデカい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/06

Kobaa131207

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/04

ドック。
Doc131204
前回は血圧が高くて「胃カメラはダメです」と言われた。
今回は前回よりもまた血圧が高い。では今年もまた胃カメラはしなくてすむのか?
と思いきや、するすると検査室に案内されてしまう。
ちょっと心配になって訊いてみたら「担当医」の判断、とのこと。
どうしても心配なら、とりやめも可、とのこと。なのでやってもらった。やっぱキモチいいもんではなかった。

今回の結果。血圧ヤバめ。そろそろ薬治療を考えた方が?
血液検査、去年と似たり寄ったり。腹回り、1センチ減った。
視力、メガネとか?
血圧は今までまったく放置だったので、クスリはともかく食生活で考えてみよう。
Doc131204b
本日のスペシャルランチ。油淋鶏と中華風カニ茶碗蒸し。

終わったあと、入浴施設でサウナ。
がーんと血圧が満開になった感触。こうして気持ちよくなっちゃうとイヤだなあ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/01

店舗移転記念感謝祭で原価100%千円ラーメンを限定50食出すという店へ列ぼうと思ったが、開店前の9:00過ぎですでに30人いるというので断念して、こないだのうまかった店にした。
しかしここの店主はその千円ラーメンのヘルプに行ってて留守、替わりに姉妹店の店員さんが厨房にいた。
ヘルプのヘルプか、どういうことになっちゃってるのかこの業界、みんなおともだちかい。
なんて、イヤミなことも頭の片隅をよぎったりしてみたが、まあどうでもいいや、前回の「濃厚」に対局する「端麗」つけそば。
Homare131201
煮干しに柚子が利いたすっきりスープ。
食べていたら、どやどやと四人組が来店、いきなり店員さんと馴れ馴れしくしゃべりはじめる。
千円ラーメンの店からのハシゴのようだ。
四人とも限定と、そのほかに10食限定で出ていたやつを二ちょ食いしてきたらしい。
んでここで中華そば、しかもふたつは大盛?
…うらやましす。いくらでも食えそうな腹。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »