« | トップページ | »

2013/12/22

今年の零戦もう一機。
O131222
原作は、とてもよく練られていて感心した。プロットも構成もキャラクター造形も完璧に感じた。
奥から浮かび上がる主人公は、どこかホラー向けな設定かなあとも思いながら涙腺決壊の上、読み終えた。

映画はどうか。
文章を細かく吟味しながら理解する展開とはちがって映像があるので、もしかしたらけっこう流し見になってしまったのかもしれない。それこそなめ回すように見ていれば相当な情報量があったはずだろうし。
まあそれはそれとして、話もうまくまとめてあって(原作は何回も行きつ戻りつ読み進めていたこともあり、実は案外シンプルなストーリーだったのかと思った)、今ではもうふつうに劇的に描かれてしまう映像と相俟って、もうこっちも涙腺決壊で見終えた。
同じシーンの別な使い方というのもうまかった。
ラストの超常的な飛行シーンを見たあとで、ちょっと見、恐怖は喚起しないけれどやっぱりこれはホラーだと思う。
Beer131222

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »