« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014/02/28

テューバックスという楽器を知った。テューバ+サックス。バリトンサックスよりも低い音域のサックスだって。
もうずいぶん前から国内盤も出ていたらしいフィンランドのバンド。
ヤバいかっこいい。プログレ風味のクレツマって感じか。
Vasarat140228
ALAMAAILMAN VASARAT、アラマーイルマン・ヴァサラット、ちょっと覚えられそうにない名前だ。

今週は久々に時間の流れが速かったと感じる。充実してたんじゃなくてたぶんくたびれただけなんだけど。
週が終わってみれば月も終わり。
あの雪はなんだったんだ。
いろいろ終わってく感が募る。

| コメント (3) | トラックバック (0)

2014/02/27

去年の担当内の忘年会は安い居酒屋での河豚づくしだった。気がする。
でもなんかよくわかんなかったので、年改めてから、いつか別の店で刺身だけ試してみたんだよなあ。
Fuku140125
もちろん、何でもありの居酒屋だったんだけど。やっぱりピンとこなかった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/25

仕事は今がクライマックス。
毎日朝から夜まで現場。
Yuya140225 Yuya140225b
巡航ミサイル(うそ)。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/23

不自然な時間を過ごす週末。
しばらくぶりのTV。
エキシビジョン、戦隊、ライダー。あ、獅子丸が変身した。
獅子丸の役者ってやっぱヨタロウ似だよな。ヨタロウの本名は最近知る。

ながめて、も一度撃沈か。
Take
土鍋シリーズって今回は思いがけなく数いただいてるかも。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/22

きのうのきょうで、心地悪い疲労感を持ちながらホテルからクルマを置いてある職場へ。
しかし、いい天気。本日も大雪からの復旧作業は続いてる。
140222

職場近くの店が朝っぱらから開いてる。
テイクアウトして家呑み。ダウン。よし、週明けまたがんばろ。
Juraku140222

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/21

雪掘りに終始した週だった。もうぼろぼろくたくた。

で、本日も重労働のあと、部局の退職者送別会、某ホテル。
送るみなさんはよくも悪くもほとんど身内の部類。
ご挨拶を聞いていて、うーむ自分語りはむずかしいな、と。
いや、語れる人はいいんだ。
なじみの人たちと話しながら時を過ごす。
でも酔えないよなあ。
Houryu140221
遅くなってしまって目当ての店は既に閉店。
なので新福系のあの店でもうイッパイ。
Houryu140221b
でラーメンもいただいて投宿。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/19

140219

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/18

すっぱからいラーメン。
からだによさげだが、まあウマイけどふつうに「しょっぱかったらせってください」の世界の方が自分には馴染むんだろうなあ。ああ、血圧が。
本日のネタではないが.
Banryu120426

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/17

うちのはヤワなクルマなので、けさのデコボコが激しいと思われる道路は走りたくなかったから、はじめて徒歩で出勤してみた。
歩道の状態も案の定ろくなもんではなく、けっこう難航。40分ほど歩いて職場についたらそれから半日ほど雪どけ作業。
普段の三倍くらい筋力を使ってくたくたになったころ、また歩いて帰る。

さあ今晩の酒はウマイか。
140217
帰ってみたら、思わぬデザートが待っていてうれしかった。
Masamura140217

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/16

Snow140216
明けて本日は春みたいに気温が上がる。
道路の除雪が間に合ってないから、ぐじゃぐじゃの道路は大渋滞。
で、きのうきょうは鉄道も高速も断絶されていたので長野は陸の孤島状態。
Tsuruya140216 Tsuruya140216b
スーパーのぞいてもこんなん。パン類、牛乳、惣菜の棚も空っぽ。これは震災以来か。まあ今回のも災害といえば災害だ。
こんな日はクルマなんか使わずに近所で昼呑み。あしたを憂いながら昼呑み。
Banryu140216 Banryu140216b
無断撮りすいません。
Banryu140216c

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/15

また空が壊れた。
120年ぶりの大雪、ってどういう言いぐさだ。
先週のほどではあるまい、と高をくくっていたらとんでもないことになった。
きのう時点で職場雪かき疲労困憊、自分とこの雪持っていくとこない状態だったもんなあ。
Crz140215
もう自力では朝に駐車場から出ること自体不可能であった。
となりのおじさんの四駆ミニバンで踏みしめてもらってどうにかなったけれど、あした以降はどうなんだ?
って感じ。雪イラネ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/13

北陸旅行の記憶。
Kenrokuen140209z Kenrokuen140209x

Kanazawa140209 Toyama140210

Crz140209 Crz140211

Dai140210x Dai140210v

White140210 Himi140210

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/11

早朝にもう一度エマージェンシー。
もう様子がわかっているからあんまりびっくりしなかったが、それでもそれからはゆっくり眠れない気分。
ホテルを出てから一気に帰路につく。びゅんびゅん飛ばしたら融雪剤で真っ白になるクルマ。
午前にに一度確認のために職場へ顔を出して、本日の目的会場の近くで昼。
Aun140211
あの店の土鍋限定メニュウはタンメン。
あひあひ言いながらすすりこんで、一汗かく。この店もいよいよ自家製麺。
二号店の後釜はきまらないが、なかなか気合いが入っている。

で、市民オーケストラのコンサート。
Fillharmony140211 Fillharmony140211b
プログラムはドボルザークとガーシュイン。
旅行中のいろいろの疲労感の中でしばしまどろむ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

Takaoka140210
なんだかわかんない修学旅行二日め。
富山へ移りました。
Dai140210 Dai140210b
大仏さまに手を合わせたあと、ホテルに入ってから今回の一番の目的の店へ。
刺し盛りは欠かせない。鱈白子に、なんとホネまで食べられる鰤カマ。
過ぎない程度に日本酒をやる。日本酒堪能はほとんどこの時期に限っている。
Dai140210c Dai140210z
日本酒にチェイサーだって。
Dai140210d
カウンターの片隅にいたマスコット。

久々の富山ブラック!とも思ったが、血圧が気になる年頃なので少し控えめなラーメン。
この店も富山に行けばだいたい入る。一年に一回くらい。
Shinagin140210

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/09

週末にいやなこともあったけれど、とりあえず土日はなんともないだろうということで、予定の北陸行きは決行したわけだ。
きのうは空が壊れていたし、そっちの懸念もないではない。好事魔多しとはよくいう。
そんな心配しててもしょうがないんで出かける。
昼は恒例、上越のとん汁定食だ(ごはん少なめ)。
Tachibana140209

で、金沢入り。
Kanazawa140209b Kanazawa140209
駅の一部はまだ工事中。しかし、ほんと都会の駅な感じのにぎわい。
次に行くときは新幹線か。
Kenrokuen140209 Kenrokuen140209b
繁華街のイベントでちょっとイッパイやったあと、足を延ばした兼六園ではライトアップの最終日。
もうちょっと雪があればなあ、なんか思いつつ観光客化する。
Kanazawacastle140209
で、そろそろ本格的に呑むかと思って賑やかな方へ足を向けたら、まさかのエマージェンシーコール。
だけどここから引き返してみるわけにもいかないでしょう、なわけでとりあえず若い人に確認だけしてもらい、あす以降自分抜きで対応してもらうという話になったが、気分的にとてもダウナーになった。
そこから呑み直し、むりむり。
いつものこのテの旅行で行きつけのお店も日曜休みとかだし、全然どこへもたどりつけないまま、ホテル近くのたぶん観光客相手の店に吸い込まれる。
Totoya140209
で、救われたのが、鰤のトロ。高かったけど。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/07

送別会のシーズンがきた。
専門職の先輩を送る会。やばい、つい最近このことについて書いた気がするがもう一年経ったか。
人数がある宴会は苦手で事前はとても憂鬱。
でも始まれば勢いですぐ終わる感じなのは毎度のこと。
顔と名前が一致しない若手が増えているのだが、あらなぜか自分の顔を知ってくれてるらしい若い人がけっこう寄ってくれた。知らないおいらが失礼なだけか。
しかしまあ定年も延びれば、このラッシュも少し先延ばしになるか(でも人員削減の勧奨退職も増えるかな)。
自分の高年齢化による(^^;、周囲の変容が憂鬱なきょうこの頃。
Takesan140207
話していて呑まなかったんだろうか、全然酔えない宴だった。箸も開かなかった。
小腹が空いたので終了間際のこの店、先月いただいた今年初ラーメンリターン。
ビール相手だと丼から手繰る手が遅くなりがちになって、おいしい時期を逃してしまいそうなので、アルコールも出すおいしい店はもっと強い酒もお願い。なんちって。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/04

緩いような実はキツかったりするような毎日。陽気も然り。
起伏があるから変化に富んで退屈しないかというとそんなことはなかったり。自分の周囲は空回りだからなあ。
Fillharmony140212
おっこれは微妙な日程だ…。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/01

Img1301801410001
最近の昼休み本のシリーズ。
作者名は知っていたけれどこういう分野まで広げていたのだなあ、みたいな印象。
…このシリーズ陰気くさい。とてつもなく陰気くさい料理侍(実際ではない)の話。
そしてこの巻に至って展開されるのは"時滑りネタ"だ。
この執筆者、幅広くミステリその他を手がけておられる、けっこうけっこう。
読後、よし。ならOK。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »