« | トップページ | »

2014/03/04

Agata140304
アナログで出されてもちょっと買えないなあ、CDでもあるんだろうけど。
ありました。

そうなんだ、あの両面に分けられたレコードの構成、ってのも味があったもんだった。
B面にひっくり返してなんとなく気分がリセットされたりして。
今のメディアだとはじめたら終わるまで止まらないから、半ばのことは印象が薄かったりして(それはそれで聴く態度として問題あり)。
しかしこのアルバムは成り立ち、ある意味本来のアルバムとはちがう、アーカイヴ的なものみたいだ。
というか、連載をまとめた単行本的な?単発作品のアンソロジー的な?

いやそれにしても留まることを知らぬがごとき旺盛なアーティストぶり。
チカラが衰えたリスナーは消化が追いつかない、っていうか(^^;。
また間近で聴いてみたいもんです。

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »