« | トップページ | »

2014/06/02

ライヴの日、あんまり暑いので時間まですずしい場所で過ごすことにする。
Frozen140601
シンプルなわかりやすいストーリーとゴージャスな画でまとめ上げてる。
意外にもぐんぐん引き込まれる、一流のエンタメぶり。
一見、昔ながらの展開に見せながら現代的な解釈も提示するとこなんかもなかなか感心。
しかし初盤でこれでもかってばかりに見せつけたミュージカル要素を、クライマックス以降ではほとんど使わないっていうのは意図的だったのか。
あのヒット曲の有名なシークエンス、あそこだけ浮いてて話の前後をつないでる感じがしないってのも。
…でもまあちょっとサントラがほしくなる(そういえばナマ松たか子は三月にしっかり聴いてるぞ!関係ないが)。
あと、やっぱり原語で見たいじゃないか。

併映の短編は、むかし手塚治虫が作った実験作の今日的表現。
御大、見たら悔しがるだろう。

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »