« | トップページ | »

2014/07/08

いろいろ読んでみたが、この作家、意外に作風が広くておどろく。
コメディみたいな話もあったりするが、それぞれのパーツは企業小説に多く使われるだろうものだから、正直、数学弱くてわかんないネタもある。
が、勢いで読んでしまう。ネタが使いまわされていてもつまんなくない。っていうかおもしろい。
Tetsu140708
こないだはじめた昼本は、やばい。官製談合の話だ。

逸れるが「来庁者はみんなお客さん」なんて言う区長の存在がほのめかされる。「お客さまプロジェクト」とか妙な「おもてなし」感を掲げる某市の市長がいるが、なんだか思い起こすぞ。某市じゃないや当市か。それとかそれに絡めるやり方、自分的にはだいぶ違和感がある。みみっちいとこで前市長のやり方を否定というか是正?しようっていう姿勢。選挙前に言われてたような感じじゃあなかったってことだ。

閑話休題、官製談合だ。庁内でしょっちゅう研修会もある。
ここで扱われるのは、建設業界メインストリームの土建屋の世界なので自分の身近とはちょっとちがうが、それでも業務の中で近いものがあるからそういう意味でのおもしろさもある。
それとは別に、メインキャラが長野県にゆかりがある、っていう意味でも興味深い(これと前後して読んでる北林某のもそうなんだけれど)。

気に入ったからとはいえ、未読を片っぱしから読みたくなるっていうのはひさしぶりな気がする。

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »