« | トップページ | »

2014/09/12

最近は国産アニメの外盤ビデオがけっこう格安に買える。
ルパンの1stシリーズの全話揃い+αが5000円くらいだった。
最後に見たのはもう20年以上前だろうなあ、制作から40年以上経つし。
さすがに見ててつらい部分もあるが、なかなか思い切りよい話が多い。
初志挫折後の数回には、あの映画に出てくる端々の原型がたくさん見られる。
あの人は本当に律儀に再構成したのだなあと感心する。
Lupin140912
で最新のルパンのシリーズも5000円未満で。
SP枠はもう手垢にまみれすぎてる話ばかりでまったく面白くなかったのだが、これは新鮮。やればできるじゃないの。
ここまで立ち戻れる環境が整ったということか。
1stが当初にやりたかった方向性に拘り抜いたスタイル。拘り過ぎたといってもいい。
不特定多数向けだと、やっぱダメなんだろうな。
終盤はちょっとグロくなってきたりして、ちょっとアレかなと思ったのだが、終わってみればなんともさわやか。
劇場一作っぽいネタでもあった。

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »