« | トップページ | »

2014/10/03

アイリッシュ、いやケルティックということでいえば最近までやってたNHKの朝の連ドラは、主題歌は別としてけっこう耳を惹いた。プリンスエドワードにちなんだのかどうか。
家にも「赤毛のアン」はあるが、翻訳はこのテレビの人のではなく旺文社文庫版だった。高畑勲版の底本になったやつ。別にそれと選んだわけではなく学校での斡旋販売かなんかで買いやすかったんだと思う。
アニメはその訳文の文体そのものをナレーションにしていて、妙に感動した覚えがある(もちろん行間はしっかり埋めてある)。
そっちの方の音楽は、主題歌はレヴューの歌曲かなんかを思わせるものだったり、劇伴は室内楽だったりしてかなり贅沢な作りだった。
Anne141003
底本ということでいえば、出﨑「宝島」は岩波文庫版だと勝手に思っている。
今の連ドラもスコッチがテーマだってことで、またケルトっぽい音だ。

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »