« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014/11/30

窓からはいる日射しを感ずるに、いい天気のようだ。
でもちょっとひとりで外へ出る気にもなんない、ひきこもりの日曜日。
あしたからも割と忙しいはずだからな、できる範囲でだらだらしよう。
Zakuro141116
もうあとひと月でつぎの年。
夏頃から、世間では水が流れ狂い、風が吹き荒び、山が火を噴いて、近間でも地震が起きた。
実家の近くでも、落石や地割れのための道路寸断とか石積み崩壊や墓石転倒なんかがあった。
天災イヤーな2014年であったことよ。
なんて、総括するにはまだ早いか。まだなんかあるやも知れず。
二郎くんの倒壊程度で勘弁してください。
Shoryu141129c
倒壊するほど高くない。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/29

うなされた眠りが朝の雨音に起こされる。
何かヤな感じも思い起こすが、雨上がりは案外さわやか。
Dsc03640 Crz141129
雨水がたまっている。キレイ。単純にそう思っていられるだけならいいのに。
Shoryu141129
ひさしぶりの外食はひさしぶりの店。ひさしぶりにうまかった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/28

市内の状況は落ち着いてきたが、同じ課の出張所が管理する、いわゆる合併市町村地域の施設は脆く、完全復旧の見通しはまだ立たない。
おいらもきょうはそっちのヘルプだ。
みんな、疲れた色の顔の中には諦念の表情すら窺える。この週末も休みはないのだろう。
天気のよいのが幸いだ。
Kinasa141128
ところで、わたしの上司であられる管理職のみなさんにおかれましては、きちんと現場を訪ねていらっしゃるのかしら。
長い一週間だったと思うが、一週間まるまるどっかいっちゃったね、みたいな気分もある。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/25

ハードなスケジュールのはずの今週は例のアレで軒並み順延になった。
くたびれてるカラダに加えて(イキオイつけてたはずの)気持も萎える。
Moon141127

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/24

今週来週でハードなスケジュールを予定していたのだが、思いがけないリハーサルの連休になった。

いつもよりも一時間早く起きて出勤。
早朝電話の対応ではじまる一日。
成果の見えない仕事で一日歩き回り、夕方帰り着いて早く切り上げられるかと期待させるようなしばしの沈黙あと、また盛大な電話攻勢。
他部署と比べりゃまだ体は楽だけど、とんだ災害騒動だった。
まあこの程度でよかったとして気持ちをおさめよう。
なんだかんだ言ってもあしたからハードなスケジュールの始まりだし(中抜きはするけど)。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/23

などと愚痴って寝ようとしたら、揺れたー!
人生で最大の揺れ。積んでおいたCDやビデオの山が崩落した。
これはヤバい。とりあえずコールがくる前にこちらから職場へ連絡するが、当直のおじさんたち(嘱託)もさまざまな警報が発生して混乱しているようだ。
その中に懸念の緊急遮断弁動作もある。出動か?しかしヨッパだ。
こうなったらヨッパライ運転かっ。
…いやまてまて、タクシー呼んでみるか。
しかし電話してみると、立て込んでてしばらく時間がかかるという。
しょうがないので当直のおじさんに迎えにきてもらうか。ということにした。
出勤してみても、ほかに出てる職員は少なくて当然まだ状況ははっきりしていないわけだが、とりあえずの初動体制で自分ができることをする。
あてになる人がいないので、申しわけないがおじさん(つうか、おじいちゃんなんだけど)に現場まで連れてってもらって緊急遮断弁の復旧だ。
…長い夜がはじまった。
141123
まあできることは限られているし、こういう場面だとフラストレーションはたまるばかり。
夜が明けて、日は高くなり、また暮れていく。
被害の状況の見え方は、時間の経過に伴って拡大していく。
そして事態に対する体制の立ち上がりがよくないため、ともすればむだな動きで終わるような体たらくにもなっている。
今はまだ、長い日は終わる見通しがない。



そんなこんなだったが、一応、いま終わりそうだ。
でも、目覚めれば長い明日がまたはじまる。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2014/11/22

Yamaokaya141122
まだ明けきれぬうちから出かける用があったので、朝ラーしてみた。
朝からホウレンソウたっぷり食って♪ウン、ポパイだぜ!

ところで、つくづく程度の低い世界で過ごしているなあと感じた一週間だった。
今まで見たことないほどテキトーな契約課とか。
頭の悪い総務課とか。
自分勝手な法人としてのJAとか。
あと、バカな上司とか、となりの席のやつとか。
まあ、自分の程度が程度だからしかたないよなあ。
でも常識ある会話のひとつもしてみたいもんだ。
疲れる~。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/21

Hameln141121

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/20

むかし連載は見ていた「団地ともお」だが、TV化されてちびまる子的ポジションにおさまるとは意外だった。まあ、どっちも基本ひねくれたまんがだけど。
Dohatsuten141120
その主題歌が気に入ったので三枚組ベストに手を出してみたが、こいつはイチゲン的にはけっこうハードルが高かった。
いい楽曲揃いってのはわかる。けれどリアルタイムで見知ってたわけでもなくてこれを連続で流すというのは、さすがに飽きる。おなかいっぱい。いや、いい曲だけど。
それにしても、リズム&演歌、ですか。
たいていのハード系和風ロックにはあてはまるんじゃないかとも思うけど。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2014/11/18

Fugetsu141115

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/16

最近の休日は起き出すのが遅い。寒いからね。でも休みだし、遅くまで寝てるのも気持ちいい。
Yoshida1141116
近所の神社のイチョウ、最近は毎年いいところを見損ねている。そろそろかなと思って出かけてみたら、ちょっとまだ早い感じ。
きのうの中野の方が立派だったかな。それにしても晩秋ではある。
Juggling141116
で近くのショッピングモールでイベント眺めたりしながら。
長野では行列のできるラーメン店の先駆けだった店が、最近なぜかこの建物に入った。
で、寄ってみる。
Kunishin141116 Kunishin141116b
意外にイケた丸餃子のあと、店名をつけたラーメンメニュウ、しかしこりゃ同じ店の別店舗でのものよりかなり小盛か。
スーパーのポッポメニュウみたい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/15

この頃はいつも週末の天気がよくないように思う。
昼には雨だったが、現地に着いたら青空が広がった。
Nakano141115b Nakano141115
中野市でお祭り。農協の売店で冬ごもり用の野菜など調達。今年はやはり、葉ものはよくできてるのか、いつもより安い気が。
Fugetsu141115b
中野でのなじみの店の限定。鶏と煮干しのスープ。
うまい。白湯で煮干しってのはもう割とどこでも見たりするし、以前のでかいバラチャーシュウとか注文のたびにちまちま炙ってたエノキなんてトッピングとか、豆乳味噌のメニュウも、も一度食べたい気がするけれど、まあ現在進行形ではうまいうまい。
まあ、いい週末だ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/11

30分前まではだいじょうぶだったのに、電話が使えなくなった。
ってか、まあiPhone3Gのことだ。
電源スイッチを入れると、「iTunesに繋げ」みたいな画像が出て、先に行けない。
こいつぁリカバリモードってやつか。
Iphone141112
そういうことだから、帰ってPCにつないでiTunes立ち上げる。てっきりそこから復旧できるもんだと思っていたら、なんてこったい、の接続エラー。ネット接続はできているのに、なんらかの事情でのiTunesとiPhoneを繋ぐためのサーバとの回線エラーだと。
ググりまくってみるとPC個体のセキュリティが邪魔してそういう現象が起こるらしい。しかも原因は複数。
あれこれ試して、コマンドプロンプト使ってみたりしても全部ダメ。
せっかくPCと同期してバックアップ取ってんのに、いちいちネットに繋がんないとどうにもなんないなんて、詐欺みたいなもんじゃん。
こりゃあもう電話屋行って機種変かあ、と半ばあきらめて、一応ダメ元でiTunes自体を新しくしてみた。といっても更新サーバに繋がらず正常にアップデートできないから、新規ダウンで上書きインストールだ。
コレがまた時間かかったりしてイライラ。
しかし、こいつを使ってみたらなんと!サーバに繋がって、ヘタばっている電話を認識したのである。
Iphone141112b
ってなわけで機種変はしなくてすんだ。
あの頃、目新しいiPhoneに飛びついたようなへそ曲がりは、今さら趨勢誇る新しいiPhoneなんかにゃ近づきたくないのだ。
復元したわが電話は、クリーンインストールしたPCにも似て、心なしかきのうまでのもたつきがなくなった気がする。
ただし、諸事情から失われたデータもけっこう多い。
まあ貴重なiPodデータは残ったからよしとする。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/09

雨の週末。
靴を濡らしながら久しぶりの沖縄料理の店。
沖縄風ピザも始める、とかわけのわかんない幟も出てたりするが、とりあえずビールだ。うすら寒いけど。
Ryukyu141109
なかみの煮込み。いっしょに頼んだ海ぶどうはこれはどうかな、てくらい茎だらけだった。旬ではない?
旬じゃないといえばやっぱりゴーヤもそうなのか。
Ryukyu141109b
やっぱり安心できるのはそばかな。
腹いっぱいになりすぎて晩めしに差支え(^^;。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/07

Resshi140914
飲みシメでいい感じなのだが、その日、誰かといっしょだったか、一品多い。コレはコレでウマイと思うが。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/06

1106
通勤途上。もはや晩秋。人生晩秋(^^;。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/04

のほほんと人情噺もいいが、きりっと緊張感あっての時代小説もいい。
待望の新刊(文庫化だけど)。
Shinonome
しかし前のを読んだのって、もういつだったっけ?みたいな健忘状態でシリーズのディティールがわかんなくなってる。ってかスジ忘れてる。
てなわけで一冊目と三冊目を読み返して復習してみた(二冊目は発掘できなかった)。

これで愉しめる体勢は整った

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/03

芝居を見に行ったときのごはんのことでも。
Wakamatsu141101
昼に松本。
会場近くのお店で。いつもながらラーメン。
今のようなラーメン専門店の台頭がなかった時代の、ラーメンの店、なんだろう。
人なつこく話しかけてくるオヤジさんのことばの中に、そんな雰囲気感じられ(^^;。
「こってり」頼むと、それは今年知ったあの安曇野の店のような、ラードがかかった熱いスープ。
オヤジさんが言う昔ながらの支那そば。
あの会場の近くにはまだ見ぬ老舗がもう一店あるのだが、それはまたいつか。

芝居の昂ぶりを冷まそうと徘徊、あまり騒がしくない、ここは中町通?ここにある蕎麦居酒屋で日本酒。
外呑みではめずらしく。
Menu141101
蕎麦居酒屋みたいな店だけれど、まわりの人たちはみんな飲みもせず食事メニュウを選んでる。
こっちは蕎麦屋っぽい呑み?蕎麦湯豆腐とか鴨蕎麦の抜きなどつつきながら。
Tofu141101 Nuki141101
ほかに、地きのこ、信州サーモン、岩魚、鯉も嗜みながら、長野県蔵元のウイスキーも嘗める。
Maruki141101_2
シメはやっぱり。
割といつもへべれけて訪ねるこの店は、割とメニュウのバリエーションが広いみたい。たのんだ豚骨醤油は家系風だった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/02

三連休なか日、松本にいるけれどはっきりしない曇り空。
帰り道の池田町の寺で名物のイチョウでも眺めていくかと思ったが。
14110200_2
ほとんど盛りは過ぎてしまったようだ。
141102_2 141102a_2
その代わり、地は真っ黄色な絨毯のよう。
141102b_2 141102c
一閃の風、と思うや降ってきた。
盛大なイチョウ吹雪。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/01

Kテンペスト。
Tempest141101
海辺に堆積する砂の遠い記憶という。
Tempest141101a
今回のステージは客席と地続きの場、大きな一室の広間のような空間で繰り広げられる。演劇でも音楽でも、ライヴの魅力は役者やミュージシャンそれぞれの生き生きとしたさまを、目の当たりにして肌で感じること。同じ空間にいられること。
生活の中ではかなわない快適な緊張感を愉しめること。
今回のような舞台作りでは一層引き立つだろう。
役者たちの個人的なエピソードのダイアローグを幕間に置きながら、時に鳴るシンプルな音楽とともにテンポよく紡ぎ出された物語、それははもちろん素晴らしいが、役者たち本人の生々しい息遣いがすぐ近くにあることが感じられた、それがこの芝居の醍醐味だったと思う。
Tempest141101b

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »